カテゴリー「◆寺社めぐり・御朱印」の115件の記事

2018年3月24日 (土)

東京寺社めぐり2018 その5~赤坂氷川神社~

日枝神社から歩いて向かったのは

赤坂氷川神社

3fbae084a09c4d13b46b9b92fc53f5fb

地図上では、楽勝と思ったのですが
歩いてみると、坂道もあるしそこそこの距離でした

徒歩で40分近くかかりました~

でも、赤坂の飲食街?を歩いたり、TBSの社屋を眺めたりと
遠回りしていたのかも・・・

96de024318b74c25ba1d8bda41f1d3bd

氷川神社は、創祀は10世紀頃
1000年近い歴史がある神社です

手水舎

P1000711s

鳥居の扁額

P1000710s

ご祭神は、
 素戔嗚尊(スサノオノミコト)
 奇稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)
 大己貴命(オオナムチノミコト 別名・大国主命)

厄除け、良縁、家内安全、商売繁盛にご利益があるそうです

1716年 徳川8代将軍・吉宗が将軍職を継ぐ際に
老中の岡崎城主 水野忠之に命じ、現在地に社殿が建立されました

P1000712s

社殿は、地震や天災を逃れて現存する重要文化財

権現造りかと思ったのですが、彫刻などはほとんどなく
一間社流造という様式だそうです

徳川時代の建物にしては地味にも感じますが
倹約を唱えた吉宗らしい質素な建物です

しかし、総欅づくりの建物は、地味な中にも風格が感じられます

吉宗といえば「暴れん坊将軍」
日本神話でも、スサノオノミコトは暴れん坊でした
(その後、ヤマタノオロチを退治して英雄に・・・)

不思議なつながりに勝手に関心する私

側面にまわって流造を見ようとしましたが、よくわかりません

P1000714s

絵馬も独特な形で奉納されています

P1000715s

境内には、築地塀(ついじべい)が見られました

P1000716s

その奥には、神輿庫もあります

P1000718s

9月に行われる赤坂氷川祭でお神輿が担がれるそうです

境内の一部は、公園のようになっていました

P1000724s

手前には、樹齢400年という天然記念物の大銀杏 奥にはご神木

ここに来る前に歩いた永田町や赤坂の雰囲気とは打って変わって
東京にいることを忘れてしまう静かな空間です

歴史を重ねてたたずむ社殿や木々からもパワーがもらえました

平日の昼下がり、平和すぎる鳩たちにしばらく癒されていたい気分でした

P1000721s

ご朱印はこちら

Dadf3655075c472992e3bf64cea9e582

日枝神社から赤坂氷川神社、そして六本木駅へと歩き
運動不足もちょっぴり解消できたかな?

すっかり都心散歩を楽しんで東京を後にしました

赤坂氷川神社






ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2018年3月23日 (金)

東京寺社めぐり2018 その4~日枝神社~

浅草から向かったのは、

日枝神社(ひえじんじゃ)

東京の名だたる神社のひとつとして名前を知っていた程度ですが
調べるうちにパワースポットとしても人気があるとか・・・

場所が「永田町」にあり「国会議事堂」の近くという
予備知識はありましたが、地下鉄・溜池山王駅を出てビックリ

テレビで見たことがあるような建物

A936519e83bd44f1ae7d7d228853b73d

首相官邸です!

2月だったので比較的静かでしたが
今頃(3月入ってから)は、このあたりもなにかと騒がしいようですね

高層の建物は議員会館? 立派ですよね~ (大きなため息

E33862f2edd14901a49918ad466aedaf

なんだか、すごいとろに来てしまったようだと気を引き締めつつ
路地を曲がってさらにビックリ

神社らしい緑地と鳥居より、黒い高級車たちに目が留まってしまいます

P1000703s

国会議員など「先生」を待機しているのかな?

心を落ち着けて神社に向かいたいのに・・・なぜかザワザワ、イライラ!?

目的地に到着です

日枝神社の山王鳥居(表参道)

P1000678s

特徴的な鳥居ですね

私が住む地域ではあまり見る機会のないこの鳥居は
数年前に日吉大社でお目にかかって以来です

創祀は、15世紀末に江戸城を築く際に、
太田道灌が川越山王社を江戸の地に勧請したのがはじまりです

比叡山の麓にある日吉大社を本宮とする山王信仰が基になっています

江戸城内を含め何度かの移転を繰り返し、現在の地に落ち着いたのは
4代将軍・家綱の時代

山王男坂の石段を登りきると

神門

P1000682s

石段を登り、朱色の美しい門を見たら心も落ち着きました~

お祀りしているのは

大山咋神(おおやまくひのかみ)

江戸時代には、
「徳川歴朝の産神」、また「江戸郷の総氏神」として崇敬されました

江戸城の守り神でもあり、皇城の鎮といわれる所以です

江戸城の鬼門を守るお寺として
上野の寛永寺と芝の増上寺が創建されたことは知っていますが
さらに鬼門封じとして、日枝神社をここに移したことは初耳でした

風水に基づいていたとすれば、パワースポットにも納得です

縁結びや安産祈願の他、出世運や商売繁盛にもご利益があるそうです

神門の扁額

P1000683s

額の下には菊の御紋もあります

反対側の扁額には、「皇城の鎮」の文字

P1000690s

社殿

P1000686s

東京大空襲により、それまで国宝に指定されていた建物は焼失し
現在の建物は、戦後再建されたものです

社殿の両脇には、狛犬ではなく・・・お猿さんの像があります

日吉(日枝・山王)神社では、
神様のお遣いはお猿さんなのです
(滋賀の日吉大社には、ホンモノのお猿さんがいました)

こちらは向かって左側にいる子どもを抱いた雌猿

P1000698s

その脇には、梅が紅白揃って咲いていました

お賽銭箱には、神紋の二葉葵が装飾されています

P1000688s

徳川家の三つ葉葵のルーツにもなっている紋です・・・多分

ご朱印はこちら

C973ff77f3fc4101880ec70781c3d85a

ご朱印と一緒に
お猿さんをモチーフにしたしおりと根付けもいただきました

Cbefee5cafe54159b131dbf9602a4752

ご朱印をいただいて社殿を振り返ると
平日のお昼休みの時間ということもあり、スーツ姿の方が次々に参拝に・・・

P1000699s

周辺の環境がなんとも緊張を強いられますが(苦笑)
日本国の最高機関が集まる場所にあるパワースポットでもありました

ちなみに私が歩いたルートとは別に
地下鉄出口から神社に向かうエスカレーターがあるそうですよ

もうちょっとぐるりと探検すればよかったかも・・・です

この後は、徒歩で赤坂氷川神社へ向かいます

日枝神社





ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2018年3月15日 (木)

東京寺社めぐり2018 その3~浅草神社~

浅草は昔から知っていましたが、
実は、浅草神社を知ったのはつい最近のこと

さらに・・・下町では有名な「三社祭り」というのが
この浅草神社のお祭りだということも知ったばかりです(>_<)

神社仏閣は大好きな私ですが なにせ人混みが嫌いなので、
お祭りにはめっぽう疎いですね・・・

というわけで、今回は浅草寺へ行きがてらメインはこちら

浅草神社

P1000663s

お寺は「せんそうじ」ですが、こちらはそのまま「あさくさじんじゃ」と読みます

別名 三社様

浅草寺の本堂(観音堂)から歩くこと1分弱

P1000664s

写真左奥の建物が浅草寺の本堂(観音堂)

今まで何度か来ているのに、全然気づいていなかったです

狛犬がなんとも残念なお姿に

P1000665s

反対側は時節柄「確定申告」のPRでした

浅草神社のご祭神は

檜前浜成命(ひのくまのはまなりのみこと)
檜前竹成命(ひのくまのたけなりのみこと)
土師真中知命(はじのまつちのみこと)

よく耳にする神様の名前ではないようですが
歴史は古く、7世紀前半のこと

漁師をしていた檜前兄弟が、ある日、漁を行っても魚が1匹も獲れず
何度海に戻しても網にかかるのは一体の人形(像)ばかり

これは何かあるかもしれないと持ち帰ったところ
郷土の文化人の土師真中知がこの話を聞いて
これが仏像であることを二人に伝えます

その後、土師真中知は僧となりこの像を祀りました

この像が現在の浅草寺のご本尊 聖観世音菩薩です

そして、聖観世音菩薩を発見し、祀った功労者として
この3名が祀られました

これが三社様(三社権現)といわれる所以です

その後の明治時代の神仏分離で
三社様は三社明神となり、さらにその後、浅草神社と改名しました

拝殿

P1000666s

戦後再建された大きな建物が並ぶ浅草寺に比べると
こちらはずいぶんとこじんまりして、歴史を感じる社殿です
特に瓦は、最先端のチタン瓦を使う浅草寺とは対照的

重要文化財に指定されている建物は、
家康ゆかりの権現造りの気配がすると思ったら
やはり・・・

徳川家康も祀られているということです
また、大黒さまと恵比須さま祀られています

建立は1649年
徳川家三代将軍・家光の造営でした

朱塗りといい鮮やかな彩色の彫刻といい、ちょっとおとなしい東照宮

P1000668s

装飾には、龍や麒麟のような
想像上の勇猛な動物の彫刻が多いようです

P1000673s

権現造りと聞くと、幣殿やその奥の本殿もなども見たくなるのですが・・・

P1000672s

透塀からちらりと見えるのみでした~

ところで、国宝や重要文化財の建物付近で見かけるこの看板

P1000669s

いつも日立がスポンサーです
ふと、ヒタチ→ ひ たち → 火 断ち という火除けの
ダジャレも合わせているのかと思ってしまいました

御神木は、(えんじゅ)

P1000675s

落葉してしまっていますが・・・説明文によると

中国原産のマメ科の樹木で、高貴な木として珍重されましたが
この境内に自生する槐は、枯れては生え・・・を繰り返しているそうです

P1000674s


こちらでは、ご朱印と一緒にご朱印帳も購入

Dcd8f3e54cb94c2ca52cb864b0e256fes

社紋(三網紋)が刺しゅうされており、色違いで3色(藍色・緑・ピンク)

ご朱印はこちら

5e9786240b204432a820fd4bb4255c47

限定御朱印も多種あるようですが、これは通常版

大きな建造物の立ち並ぶ浅草寺の一角にある
小さな神社ですが
戦災などを免れて江戸時代からたたずむ社殿は
歴史の重みと風格が感じられました


浅草神社






ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2018年3月14日 (水)

東京寺社めぐり2018 その2~浅草寺~

久しぶりに浅草へ

銀座線を降りて出口へ向かう途中の様子。駅も随分きれいになっています。

P1000623s

漆塗り風の赤と黒を基調にした高級感あるたたずまいです

浅草といえば、東京でも屈指の観光スポットなので
外国人が多いのではないかと心配していきましたが・・・

雷門

P1000624s

人々の様子は加工させていただきますが
立ち止まり撮影する人の8割近くは外国人という感じ

春節が終わったばかりの平日というのに・・・多すぎるゾ

実は、屋根の工事中で、面白い幕が張られていると聞いていたのですが
すっかり修復終わってました~ トホホ (工事中が見たかった・・・)

意外と知られていないのかな? この大提灯は、松下幸之助氏が寄贈

P1000625s

余談ですが、松下電器(Panasonic)は今年で創業100周年

仲見世も朝からすごい人出で、まるで海外にいる気分

P1000628s

食べ歩きや日本らしいおみやげを売るお店が並び、
お詣りよりもこれが楽しみで来ている方も多いと思います

P1000629s

まあ、私も海外に行けば、民芸品の屋台でテンション上がりますけど、ね

進入禁止の標識が侵略されている~~

P1000632s

宝蔵門(仁王門)

P1000636s

このあたりで若干人混みは解消されましたが、日本人比率は少なめ(苦笑)

宝蔵門をくぐると、左手には五重塔

P1000640s

前回、ここを訪れたのは忘れもしない2011年3月

その1週間後に東日本大震災が発生し、
五重塔の上部にある相輪という(金色の)装飾部分が損壊したことを
ニュースで知りました

昨年、やっと修復されたそうです

右手にスカイツリー 伝統建築と近代建築の競演です

P1000642s

余談ですが、芝の増上寺では東京タワーとの競演が見られます

お水舎(手水舎)には、高村光雲 作の沙竭羅(さから)龍王像

P1000646s


浅草寺は、正式には金龍山浅草寺

かつては天台宗に属していたそうですが
現在は聖観音宗の本山となっています

本堂(観音堂)

P1000644s

本堂が大きすぎて写真に収まりません

なので、2009年に撮影した工事中のレアな1枚をどうぞ

P1000694

この時、瓦の葺き替えが行われ、軽量のチタン瓦になっているそうです

境内の主な建物は第二次世界大戦に焼失し、戦後再建されたものです

観音堂にてお詣り

P1000650s

ご本尊は、秘仏の聖観世音菩薩
キラキラとした祭壇が見える程度で、仏像は見えません

脇に愛染明王と不動明王が安置されていますが、これもよく見えませんでした

本堂の檀上から振り返ってみました

P1000652s

本堂を出て左側に歩いていくと、大きな阿弥陀如来像があります

P1000655s

仏像がじっくり見られて、なんだかホッとしました~

ご朱印をいただくために影向堂へ向かいます

P1000656s

きれいな庭園の池には錦鯉たちが泳いでいます

P1000657s

影向堂(ようごうどう)

P1000658s

この中でご朱印がいただけます

この建物では、生まれ年のご本尊を祀っており
(ご本尊が重複する干支があるため)8体のご本尊が並んでいます

ご朱印を待つ間に、私の守り神 大日如来さまにもしっかりお詣りしました

出口に向かう際、
ご朱印を待つ列に外国人の方が多く並んでいたのが印象的でした

ご朱印はこちら

48786a46e91045de850c65cee09f8755

この後は、浅草神社に向かいます

つづく


浅草寺






ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2018年3月 9日 (金)

東京寺社めぐり2018 その1~東京大神宮~

東京大神宮に行ってきました

中部地方に住む私にとっては
あまり耳にしたことがない神社でしたが
東京のお伊勢さまとして
また、縁結びのパワースポットとしても注目されている神社です

飯田橋駅から路地を何本か曲がりながら
ゆるやかな坂道を登って5分ほどで到着

4fe54be670fd4e30b1e402393ebee103

車道に面して鳥居が立っています

Ea0768b8366b4a1d85ad7ec2075282b4

伊勢神宮と同じ形式の鳥居です

鳥居をくぐった右側にある手水舎には行列です

周囲を見渡すとほぼ女子、それも若い子ばかりで
オバサンは少々肩身が狭くなってしまいます

境内は広くはなく、すぐに拝殿です

P1000604s

が、ここも行列・・・

もともとは、伊勢まで行かれない人たちのためにと
明治時代に伊勢神宮の遥拝所(ようはいじょ)として
日比谷に造られたのがはじまりだそうですが
関東大震災により社殿消失後、この地に再建されました

お祀りしているのは伊勢神宮と同じく

天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
豊受大神(とようけのおおかみ)

さらに造化の三神(ぞうかのさんしん)が祀られています
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
神産巣日神(かみむすびのかみ)

この造化の三神は、天地万物の生成化育を
司る神であることから「縁結び」にご利益があるそうです

また、日本で最初に神前結婚式が行われた神社であることも
良縁を求める女子たちに人気なのでしょうね

いや~、ホンモノの伊勢神宮(内宮)より並んだかも、私

P1000567s

(2018.1撮影 今年は雨天ということもあり例年よりすいていましたが)

待っている間に拝殿に向かって右側の
ご神木らしき木をバチリとおさめました

P1000605s

後で知りましたが、この写真をスマホなどの待ち受けにすると
ご利益があるそうで・・・ 

8dcf7a9e6b20494c810e96f5d199dbe7

というわけで、商売繁盛につながるご縁を祈願してまいりましたよ~

拝殿横の梅がきれいでした

P1000615s

ご朱印を待つ間にぐるりと見渡すと・・・

P1000610s

女子たちのお目当てはどうやらここらしいです

かわいい御札や御守りももたくさんあるようですが
オバサンは、ご朱印だけいただいて境内を後にしました

01db7f1a3f124531a6a99161792c58d6

お伊勢さんのように朱印と日付のみかと予想していましたが
こちらは、神社名が筆書きされていました

出口付近には
赤福がいただける出店もありましたよ

P1000616s

境内は広くはありませんが、
良縁を求めてたくさんの人が集まる東京のお伊勢さまでした

中部在住の私は、地の利を最大限に活かして
毎年日帰りでお伊勢詣りに行けることを
改めて感謝するべきだと思い直した次第です


東京大神宮






ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2018年3月 6日 (火)

大谷寺と平和観音

栃木県宇都宮市の大谷寺に行ってきました

大谷(おおや)石の採石場のある地域にあり、
地下採石場を見学できる大谷資料館からは車で5分ほど

P1140139s

正式には、天開山 大谷寺

こちらでは、日本最古といわれる石仏 大谷観音があります

P1140125s

岩山に飲みこまれるようにお堂が建てられています

建物内は撮影禁止なので写真はありませんが
お堂の中には岩壁に直接彫られた千頭観音がありました

高さ4メートルほどで、実際には手は42本ほど・・・とか

かつては着色されていたようですが
経年とともにその色は褪せ、自然の岩の色に近くなっています

9世紀頃に弘法大師によって彫られたという伝説がありますが
近年の研究で、実際には、アフガニスタンの僧侶によって
彫られたのではないかといわれています

お堂の入口に気になる「三つ葉葵」の幕がありますが・・・

これは、江戸と日光を結ぶ中継地として
徳川家による庇護があったことを象徴しています

隣には脇堂があり、千頭観音よりはひとまわり小さい
釈迦三尊、薬師三尊、阿弥陀三尊が彫られています

立体感や丸みもきれいに再現されていて
大谷石の特徴もよくわかります

石仏はすべて重要文化財に指定されています

境内の外へ出ると、雪と氷に包まれた池

P1140132s

右隅に見える白蛇は
この池に伝わる毒蛇伝説の蛇が、今は心を入れ替えて
弁天様にお仕えしていることをあらわしているそうです

P1140133s

大谷寺は、背後に御止山(おとめやま)と呼ばれる山があります

P1140136s

奇岩と赤松の織りなす風光明媚な山だそうですが
すでに閉山時間になっていて登ることはできませんでした(T_T)

P1140137s

さらに、大谷寺の境内から歩いて2~3分のところにある

平和観音

P1140140s

こちらは戦後に戦没者慰霊と平和を願ってつくられた
高さ27メートルの巨大な観音さまの石像

P1140150s

地元の大工さんが大谷石の山を削り作りはじめた
そうですが、道半ばでギブアップ

その後、東京芸術大学の教授の指揮のもと
6年の歳月をかけて完成したそうです

石をそのまま掘り下げて作られているそうです

周囲は、採石現場の跡も残しています

P1140143s

現在は整備されて公園になっていますが
かつては鉄道も敷設されていて
採掘された大谷石がこの付近から積み込まれ、東京などに運ばれていったそうです

強硬日帰りツアーでしたが
大谷石ワールドを堪能して帰途につきました

大谷寺のご朱印はこちら

5e58294b91124c91865bccf39ab233af


大谷寺




ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


2017年9月22日 (金)

「直虎」ゆかりの地めぐり16~静岡・龍雲寺~

先日、静岡県立美術館での
「戦国 井伊直虎から直政へ」展への帰り道

静岡市内の直虎ゆかりの地 (今川家関連)を
訪ねて来ました

龍雲寺 (りゅううんじ)

P1000236s

曹洞宗の寺院で、正式名称は洞谷山 龍雲寺

このお寺の名前を聞いて、
大河ドラマに出てくる「龍雲丸」(架空の人物ではありますが)を
ついつい連想してしまいました(笑)

本堂

P1000235s

住宅街の中にある地域のお寺さんという風情ですが
今川家の寿桂尼(じゅけいに)の菩提寺でもあります

寿桂尼は、駿河国を治めていた今川氏親の正室

氏親の死後は尼となり
子の氏輝、義元、孫の氏真の代に渡り
今川家の政務を補佐してきたことから
女戦国大名 とも言われてきました

大河ドラマの中では、
浅丘ルリ子さんの不気味さを感じる演技が印象的でした

出生年は不明ですが 推定年齢70~80代のご長寿

本堂の前にある説明看板

P1000238s

このお寺の位置する場所は、
今川館(後の駿府城)の鬼門にあたる場所で
遺言によりここに葬られたそうです

石碑

P1000239s

石碑の上部にある角印のようなものは、
寿桂尼が朱印状に使用していた印をかたどったものです

本堂の裏手にまわると墓地があります

P1000241s

普通の墓地ですが、看板に沿って進むと・・・

ちょっと不安に・・・

P1000242s_2

先日の「竜宮小僧」は、イノシシの出そうな道でしたが
今度はヘビにでも出くわしそう

私が訪ねたときは、草を刈っていましたので今頃は大丈夫

先客がいらっしゃったので進んでみることにしました

P1000244s

石塔

P1000245s

2つありますが、いずれが寿桂尼のものか定かではないそうです

特に説明書きがあるわけでもなく、
一時は、女戦国大名とも恐れられた寿桂尼が
今川家の菩提寺と離れ、一人ひっそりと眠る場所でした

駐車場は本堂の裏手(墓地の脇)

P1000247s

静岡県立美術館と静岡駅のちょうど中間くらいにあります

年に2回ほど一般公開される今川家の菩提寺 臨済寺も近いので
あわせて訪ねてみるのもオススメです

P1010334



【ももよろず日記関連記事】

徳川家康が幼少を過ごした臨済寺へ(2015.10)





ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2017年7月29日 (土)

高岡・瑞龍寺 後編

富山県高岡市の瑞龍寺 つづきです。

国宝級の建物(山門、仏殿、法堂)を見た後は
境内奥にある 石廟

P1100318s

2代・利長の他、前田家初代・利家、
さらには織田信長と正室、その嫡男・信忠の廟 計5基あります。
(利長の正室は、織田信長の四女・永姫)

石廟が宝塔を囲んでいる形は雪国ならでは。

さらに利長の石廟の外側には仏さまの像が掘られています

P1100322ss

瑞龍寺では、前半は伽藍の建物を中心に木造芸術を堪能し、
この石廟を機に、後半は石造芸術を堪能することになります。

再び総門を出て墓所へ向かいます

参道を歩くだけでも良い運動になりそう

P1100342s

途中、利長殿にご挨拶

P1100253s

墓所と瑞龍寺の間をまっすぐに参道がつないでいます

P1100343s

近代的な住宅が立ち並びますが
この町を興した利長を称えるようにしっかり維持、整備されています。

八丁(約870m)の距離からこの名称になっているそうです。

P1100376s

ふと、八丁という名称や、景観維持というところから
徳川家康の生まれ故郷・岡崎のまちを思い出しました。

参道にある歴史感たっぷりの灯籠

P1100348s

石川県で産出される赤戸室石(あかとむろいし)を使用。

今回初めて知りましたが、
金沢城の石垣も豊富に産出された戸室石を使っているそうです

墓所の入口

P1100372s

といっても燈籠がずらりと並んでいるだけ!? 

と思いながら奥まで進んで左に曲がると・・・

巨大な燈籠と鳥居のコラボレーション
(鳥居は、神仏分離の明治以降に建てられたそうです)

P1100353s

鳥居の奥には、堀がめぐらされ、さらに柵に囲まれた墓がありますが
残念ながら立入りは不可

P1100356s

ということで、木格子の間からパチリ

P1100357s

立派です。 全高は約12m 土台部分を見ても石造美術品です。

武将の墓の規模としては日本一を誇るという看板がありましたが、
かつては、墓所の敷地が現存の約3倍ほどあったそうです。

(現在は一部は、学校やテニスコートなどになっています)

墓守(灯火係や掃除係など)を仕事にする人も
数名いたというから驚きます。

墓所内には面白い形の石塔があちこちにありました。

ふと、高野山奥の院で見た「お墓のテーマパーク」を思い出しましたよ。

P1100362s_2


墓所に隣接して建つ繁久寺(はんきゅうじ)

P1100363s

まさに墓守りのために創建されたという曹洞宗の寺院

P1100366s

建物内部には入れませんでしたが、
回廊にはカラフルに彩色された五百羅漢が並んでいて見学可能。

P1100369s

ついつい自分に似た顔をさがしてしまいますが、
「衣装」もカラフルなので、見ていてなんだか楽しくなります

現地ガイドさんに案内していただいて
瑞龍寺と墓所をじっくり見学して、所要は約2時間ほどでした。

なかなか未知の場所が多い北陸ですが、
高岡が城下町としてこのような歴史を持っていたことを
初めて知り、城址なども改めて訪ねてみたいところです。

そして、加賀藩前田家の財力に脱帽な1日なのでした

【ももよろず日記関連記事】

家康公生誕の地めぐり~大樹寺~ (2015.7)





ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2017年7月24日 (月)

高岡・瑞龍寺 前編

富山県高岡市にある 瑞龍寺(ずいりゅうじ)を訪ねました。

正式名称は、高岡山瑞龍寺

P1100254s

曹洞宗の寺院で、
加賀前田家の二代目・利長の菩提寺

ふと、加賀藩って石川県じゃないの?と思うのですが
かつての加賀藩の領域は、現在の富山県の一部を含んでおり、
富山藩=現在の富山県ではないそうです。

このお寺の開祖は、高岡の町を興した利長ですが
現在の伽藍を造営したのは、三代目・利常です。

20年の歳月をかけて建造したという力作の建物揃い。

総門

P1100257s

訪ねたのは4月。
富山県を象徴するチューリップがちょっぴり山門に彩りを添えていました。

総門横の案内板

P1100340s

「人体表相図」は、笑っちゃいそうなインパクトでございます。

建物(伽藍)の配置は、主要な建物を一直線上に並べ、
庫裏(くり)と禅堂を対称に配置
それらを回廊で囲む禅宗様式の代表的な配置となっています。

総門をくぐった先には、国宝が次々に登場します。

ちなみに富山県では国宝を有するのはこの瑞龍寺のみ

山門 (国宝)

P1100266s

真下から見上げるとその迫力に圧倒されます。

P1100267s

この山門、GW期間中にはライトアップイベントが行われるそうです。

門の両脇では仁王様が睨みを利かせています

P1100270s

山門をくぐると正面には仏殿が見え、回廊がぐるりと伽藍を囲みます

まずは右手側の回廊へ向かいます

P1100276s

雪解けを待っていたかのように、工事中だらけの境内。
また、写真で見たのは青々とした芝生だったのですが、
それには少し早いシーズンでした

伽藍の構成の中に、木が1本もないことで、
建物やその特徴的な配置がより際立って見えます。

まずは回廊へ入ります

P1100278s_2

回廊といえば法隆寺や春日大社などで見るような
片側に丸い柱が続く風景が思い浮かびますが・・・

両壁面が構造物で覆われているのは雪国ならではのつくり。

P1100281s_2

陽射しの入り方も計算し尽くされているかのようです。

回廊でつながる大庫裏内へ

台所

P1100288s

今でも年に一度はこちら炊事(行事として)が行われるそうです。

こちらの木管は、さすがに現在は使われていませんが
かつては水道管として活躍していたもの

P1100290s

回廊を出て、仏殿へ

仏殿 (国宝)

P1100274s

鉛瓦葺きの屋根がどっしりとした印象を与えます。
形状も含め、積雪に対応したつくりになっているそうです。

建物は総欅(けやき)づくりで、天井を見上げると
細部にまでこだわった美しい木組みを見ることができます。

P1100296s

中央に釈迦如来、そのわきに文殊菩薩、普賢菩薩が
並んでいます。

職人・山上善右衛門嘉広の力作の建物は、
内部の梁や木組みを見るとそのこだわりが感じられます。

それ以上に加賀藩の財力を見せつけられる建物です。

金箔を使うような派手さが抑えられているのは
徳川幕府から目をつけられないように・・・とも。

確かに、ここに祀られている利長の時代には
前田家は徳川家との一触即発の危機もありましたから。

法堂(国宝)

P1100301s

前田利長を祀る建物です。

規模的には、伽藍の中で最大なのですが
山門の高さ、仏殿の瓦屋根を見てしまうと若干小ぶりに見えます。

こちらは、総檜(ひのき)造りという豪華さ(でも見た目は質素)

P1100304s

この廊下、なんと1枚板なんです

扁額のある部屋の奥には、前田利長の位牌が祀られています。

P1100314s

廊下の板の厚みにもご注目

法堂に続く建物 大茶堂(重要文化財)

P1100309s

こちらは、僧侶の応接や行事の打ち合わせに使われる空間ですが
住居(書院)と台所をつなぐ場所にあるため
強固な防火対応になっています。(城や土蔵の壁と同じつくり)

P1100307s

あまり聞いたことのない建物の名称ですが
このような役割を持つ建物は全国でも唯一だそうです。

僧堂(重要文化財)

P1100331s

国内で重要文化財に指定されている3つの禅堂(僧堂)のうちのひとつ。

座禅だけでなく修行僧の寝食もあわせて行うのが僧堂だそうです。

P1100334s

ご朱印です

D1b3a494d1494d6091246119b584386d

みどころ満載の瑞龍寺は、境内のみどころもまだありますが
少し離れた場所にある墓地がすごい!
ということなので、そちらへ向かいます。

つづく





ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2017年6月14日 (水)

摂津国一宮 住吉大社・後編

2017年4月に訪ねた住吉大社 つづきです。

国宝の本殿以外にも、境内には多くの摂社、末社があります。

第一本宮の左手にある門

P1100471s

この先には、

初辰まいりのお社・楠珺社(なんくんさん)があります。

 初辰(はったつ)まいりとは、
 毎月初めの辰の日に4つのお社を巡ると
 一層ご利益が得られるというもの。

 4年を一区切りとして48回で満願成就

 ”始終(しじゅう)発達(はったつ)”です。

この日は境内も静かなものでしたが
辰の日はとてもにぎわうようです。

お社を撮影し忘れてしまいました

というのも、この周辺のベンチに座ってパワーを得ているような
方たちを見たので、それが気になって気になって・・・

P1100476s

かなり良いパワーがありそうな雰囲気でした~

ちなみにこちらが初辰まいりのスタート

種貸社

P1100473s

正式な初辰まいりでは、
こちらで「お種銭」といわれるものを授かり
それを元手に商売繁盛するように願うのだそうです。

正式な初辰まいりはできませんでしたが、
遠方はるばる訪ねたので、お社は「制覇」してきました~

初辰まいりの残り2つのお社は
いったん境内を出て、少し住宅街を進んで行きます。

P1100482s

浅澤社

P1100483s

美容や芸能にご利益のある神様なので女性に人気

カキツバタもちょうど見ごろでした。

大歳社

P1100487s

稲の収穫の神様だそうですが、
大阪では集金の守護神として信仰されているそうです。

私がお詣りした直後に
賽銭箱を開けて集金する係の人に遭遇しましたが・・・

ご利益持っていかれました(爆)

また、その奥には「おもかる石」もあります。

再び境内に戻ります。

南門(重要文化財)

P1100489s

海運や商売繁盛の神様として崇敬されていたことを象徴する
このような巨大な石灯籠がたくさんありました。

石舞台(重要文化財)

P1100480s

豊臣秀頼の寄進といわれる舞楽を奏でる舞台
今でも年に1度、舞楽奉納の神事があるそうです。

正直、ここまで見ごたえのある建造物に驚き&感動でした。

また機会があれば、初辰まいりもしてみたいものです。

ご朱印はこちら

P_20170520_232143

この後、もちろん路面電車に乗りましたよ

P1100505s

天王寺行きの電車ですが・・・

せっかくなので、あべのハルカスの手前で下車し、
お買い物タイム~

P1100510s

近代的な高層ビル&レトロな路面電車の風景撮れました~



ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


より以前の記事一覧

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから