« 飯田線秘境駅ツアーに行ってきました その3 | トップページ | 飯田線秘境駅ツアーに行ってきました その5 »

2017年2月19日 (日)

飯田線秘境駅ツアーに行ってきました その4

------------------------------------------------------
<<<お断り>>>
この記事は、管理人の別ブログ『ももよろず日記』より
過去記事を加筆修正の上、移転掲載しています。

2010年5月に参加した
飯田線秘境駅ツアーの記事です。

近年、ツアー会社の貸切での催行も増えており
これから参加される方のご参考になれば幸いです。
------------------------------------------------------

秘境駅ツアー つづきです。

長野県南部(南信)の飯田線沿いは、
まさに 秘境駅銀座 といわれるだけあって、
数分ごとに電車が停車します。

田本(たもと)駅

Simg_5572

(2009年当時ランキング4位→2016年は4位)

小和田駅に次ぐランキング上位の駅です。

この駅の特徴は、「ホーム」というには心もとない
断崖絶壁のコンクリートの通路。

ホーム脇の急な階段を上ってトンネルの上へ行きま~す

Simg_5568_2

上から見下ろすとこんな景色

P1030905s

階段は、一般の駅のラッシュ時のよう

山側はコンクリートで固められた崖、
川側(左)は天竜川が真下に迫ります。

この駅も、数キロ先まで山道を歩かなくては
車道も集落もありません。

実は、5年ほど前はじめて飯田線に乗って
天竜峡近くの温泉へ行ったのですが、
「秘境駅」という言葉を知らなかった私でも、
川沿いすれすれの絶壁を走る電車のインパクトとともに
この駅の立地に驚いたのを思い出しました。

ここに(昭和10年頃)駅を作ったことに
プロジェクトX的な感動が・・・

あの黒部峡谷とダム建設を彷彿とさせます。

黒部ルート見学会

団体100名以上が同時に降りるとなると、
ちっぽけなホーム上は 人がすれ違うのも大変です

Simg_5571

こんな「秘境駅」の風景もレアですね~(笑)

続いては、

金野(きんの)駅

Simg_5585

(2009年当時ランキング13位→2016年は7位)

駅名としては縁起の良さそうな感じですが
最寄の集落までは数キロという秘境駅。

他の駅同様に、民家もなく普段はひっそり。

すぐ近くに渓流が流れ、断崖絶壁の岩も見上げられます。

P1030911s

Simg_5577

停車時間は10分でしたが、長時間の列車の旅で
体を動かしたくなった方も増えてきたようで、
渓流の流れる橋まで足を伸ばし、
記念撮影する人たちもたくさんいました。

新緑の季節で、空も青く、しばし散策を楽しみました

駅のそばに自転車が数台おいてありましたが、放置自転車?

Simg_5582

この一角だけ、ちょっぴり生活の跡が・・・

いよいよ秘境駅ツアーも終盤を迎えます。

その5へ続きます

« 飯田線秘境駅ツアーに行ってきました その3 | トップページ | 飯田線秘境駅ツアーに行ってきました その5 »

◆列車の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯田線秘境駅ツアーに行ってきました その4:

« 飯田線秘境駅ツアーに行ってきました その3 | トップページ | 飯田線秘境駅ツアーに行ってきました その5 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから