« 山口から門司の旅6~角島大橋と関門トンネル~ | トップページ | 山口から門司の旅8~下関散策~ »

2015年12月25日 (金)

山口から門司の旅7~関門トンネルを歩いて渡る~

山口から門司の旅 つづきです。

旅の3日目は、門司港からスタート。

ホテルを出てすぐの門司港駅
レトロな建物が売りの駅舎が・・・なんと工事中

P1050009s

これについては、後日別記事にて・・・

この日のメイン観光は、関門海峡横断!

実は前日、すでに関門トンネルを越えてしまった私たちは
九州にいたのでした。ということで、向かうのは本州。

車で行く予定をしていたところ
観光案内所にて、休日限定のトロッコ列車が出ることを知り
門司港駅のすぐ隣にある九州鉄道記念館駅へ。

P1050014s

門司港レトロ観光列車 潮騒号

P1050011s

門司港駅と関門海峡の入口となるめかり地区を結ぶ
2.1Kmの路線。300円で乗車できます。

貨物線として使われていた鉄道が廃止になった後
平成21年に観光用のトロッコ列車の線路に生まれ変わったそうです。

P1050016s

2両編成で、ガイドさんが沿線案内をしてくれます。

トコトコとゆっくり走る沿線からは、
門司港のレトロ建築や海の風景が楽しめます。

P1050019s


終点のめかり駅で降りると、そこはめかり(和布刈)公園

P1050024s

列車の車両展示や、懐かしい「タコの滑り台」があります。

そのめかり公園から先、
関門海峡を眺めながら歩ける歩道が整備されています。

P1050028s_2

のどかな景色にも見えますが、
狭い海峡をひっきりなしに大型のタンカーなどが往来します。

P1050039s

本州と九州を隔てているとはいいながらその距離は1kmもないのです。
この地を訪れて、その狭さに驚くばかり。

この狭さゆえなのか、壇ノ浦の合戦や幕末の下関戦争など
数々の歴史的な戦いが行われた「激戦地」なのです。

10分ほど歩いて到着です。

関門トンネル人道入口

P1050043s

歩いて渡れる関門トンネルです。
昨日、車で通り抜けた車道の下が人道(歩行者・自転車用)になっています。

通行料は人は無料ですが、
自転車などを持ち込むとちょっぴり有料になります。
(乗り物は、引いて歩きます)

P1050061s

(写真は下関側入口にて撮影)

エレベーターにのって、いざトンネル内へ

P1050045s

トンネル内は、若干高低差があり(タモリさんが喜びそう!?)
中心となるあたりに向かって下り、再び上っていきます。

P1050051s

休日なので、観光客が多いようですが、
地元の方と思しき方々も、散歩や買い物の通路として利用しています。

「THE 県境」です!

P1050054s

トンネル内の歩行距離780m。所要は、15分ほどでした。

この関門トンネルは、昭和33年に完成。(東京タワーと同い年です)
しかし、その建設の歴史は長く、
完成するまでに21年の歳月がかかっています。

このご時世、ここに限らず県境を歩いて越えるという経験は珍しく、
その上、海底トンネルで県境を越えるなんて、貴重な体験でした。

さらにその歴史をふりかえると、巨大建造物好きな私は、
ますます感動してしまうのでした~

でも、下関側に到着して、これを忘れていたことに気づきました~

P1050060s

門司側と下関側の両方でスタンプを押すと記念証と引き換えできるのですが
それをすっかり忘れていました。

帰りは、船に乗ってしまったのでもらえずじまい・・・残念

気を取り直して、下関の地上に出ました。

P1050063s

下関側は、みもすそ川公園が整備されています。

この公園も、なかなかみどころの多いスポットです。

つづく

« 山口から門司の旅6~角島大橋と関門トンネル~ | トップページ | 山口から門司の旅8~下関散策~ »

┖ レトロ建築(九州)」カテゴリの記事

◆ダム・橋・港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口から門司の旅7~関門トンネルを歩いて渡る~:

« 山口から門司の旅6~角島大橋と関門トンネル~ | トップページ | 山口から門司の旅8~下関散策~ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから