« 春の京都世界遺産めぐり5~東寺・その3~ | トップページ | 北海道レトロ建築の旅2~旧日本郵船小樽支店~ »

2015年4月26日 (日)

北海道レトロ建築の旅1~小樽駅~

2泊3日の行程で出かけた北海道の旅。

4月の半ば過ぎ、まだ桜には少し早い季節で
観光シーズンとしてはオフシーズンの様相ですが
目的は、自然よりも建築と工場。

小樽・余市・札幌をめぐった旅の記録です。

新千歳空港でさんざん食べ歩き&買い出しをした後
快速エアポートで小樽へ向かいました。

今回はレンタカーを使うことなく道内は列車で移動。
千歳~小樽の間は快速で1時間。
広い道内にしてはアクセスもよく、列車の便も多いです。

静岡はすっかり桜も散っているというのに、
北海道はまだまだ冬景色。

P1020706s

おまけに空の色が危うい・・・

小樽駅に到着

小樽は、1880(明治13)年と、国内でもかなり早い時期に
鉄道が開通した町で
昭和9年に建てられた「三代目」の駅舎は有形文化財。

P1020712s

どこかで見たような建物ですが、上野駅を模しているのだそうです。

内部は、近年改装されたそうで、
構内には小樽らしいランプが装飾されています。

P1020719s

P1020716s

天井は東京駅っぽい?

P1020718s

ランプのある駅舎も素晴らしいのですが、
ここには、もうひとつ隠れた名所が・・・

昭和を駆け抜けたヒーロー 石原裕次郎さんが4番線ホームに

P1020899s

ある年代以上の方は大喜びなスポットですが
例にもれず、一緒に行った母はハイテンションになっておりました

観光の中心になる運河へは、徒歩でも10分ほどですが
今回の旅では、どうしても訪ねたい場所があり、バスに乗車。

10分弱でバスを降りると・・・

P1020723s

なんともノスタルジックな廃線跡
1985(昭和60)年に廃線となった手宮線です。
建物の雰囲気といい、ここにもかなり昭和な匂いがプンプンです

そして、青空も見え始めていたのです

私の目指す最大の目的地に到着~

P1020729s

旧 日本郵船小樽支店

重厚な石造りの建物。
これがお役所でも邸宅でもなく、企業の建物というのにも驚きます。

つづく

« 春の京都世界遺産めぐり5~東寺・その3~ | トップページ | 北海道レトロ建築の旅2~旧日本郵船小樽支店~ »

◆ レトロ建築・文化財(明治以降~)」カテゴリの記事

├ レトロ建築(北海道)」カテゴリの記事

◆列車の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道レトロ建築の旅1~小樽駅~:

« 春の京都世界遺産めぐり5~東寺・その3~ | トップページ | 北海道レトロ建築の旅2~旧日本郵船小樽支店~ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから