« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月24日 (火)

日本土鈴館

岐阜県にあるミュージアム。

日本土鈴館

P1020186s


場所は東海北陸自動車道の白鳥インター近く。
スキーへの道中よく利用した懐かしいインター。
看板は目にしたことがありましたが、はじめての訪問です。

土鈴は、各地の民芸品であったり、神社の授与品であったり
干支の置物であったり・・・とどこかで目にしたことがあります。

P1020148s

フロアには、地域や種類ごとにきれいに分類された
土鈴がずらりと並んでいます。
その数、16000点だそうで、ギネスにも認定されています。

P1020185s_2

えっ?これも土鈴というものも(笑)

P1020183s

P1020179s

P1020181s

これらをひとりで全国を旅しながら集めたという
館長さん直々のご挨拶と案内がありました。
御年、85~86歳ですが、当然シャキッとしたお方です。

P1020146s

このフロアだけでも「へぇ~」と驚くのですが・・・

このミュージアムは複数の建物が通路でつながっています。
(エコのため、冬場は少し冷えますが・・・
通路となる部分にも展示がぎっしり。

P1020157s

館長さんイチオシの河童コーナー
「河童コレクター」って案外いますね。神秘的だからでしょうか?

こけし、お面などありとあらゆる民芸品がきれいに陳列されています。

P1020176s

次の建物では、土人形を中心に民芸品がずらり。

愛嬌たっぷりの土雛

P1020164s


これでもか、とさらに続きます。

国内だけでなく世界の民芸品あり
私も見慣れたグリコのおまけやペコちゃん、ウルトラマンetc

P1020168s

P1020173s

私も持っているペコちゃんグッズ発見!

テーマは土鈴から、民芸品、懐かしい玩具と多岐にわたっています。

コレクターは世の中たくさんいますが
これだけの敷地&収納スペースを用意し、展示公開までしていることに
あっぱれというしかありません。

館長さんが展示品の説明を嬉しそうにお話する姿が
とても印象的でした。
これからもお元気で収集の旅に飛び回っていただきたいものです。

まだ雪の残る岐阜県郡上は、
レアな展示&体験施設が揃った楽しいところでした~

2015年3月 3日 (火)

ブリヂストンTODAY

ブリヂストンTODAY

東京・小平市にある
日本最大のタイヤメーカー・ブリヂストンの企業博物館です。
(2015年12月に訪問しました)

P1010711s

ここには博物館の他、技術研究棟などが入っています。

ブリヂストンの社名は、
創業者の石橋氏の姓(英語でStone Bridge を逆にした)が由来というのは
有名なお話。

創業者のパネルとカラフルな「夢の車」が迎えてくれました。

P1010686s

会社の歴史を紹介するパネル

P1010710s

団体での訪問でしたので、
館内は、初老のガイドさんたちが案内してくださいました。

最初に向ったのは、なんと地下。

そこにあるのは「タイヤ」ではなく・・・免震ゴム の見学です。

P1010690s

ビルの耐震のための免震装置については、
テレビで見たりしたことはありましたが、実際に見るのははじめて。

P1010692s

これは展示品ではなく、このビルを支える実物なのです。

ここにゴムの技術が使われていたのです。
耐用年数は60年近くと聞いてさらに驚きました。

今回、工場見学ではなかったのですが、
これだけで「舞台の裏側」的気分が味わえご満悦な私

続いてメインフロアに向います。
普通の人々はこの先で感激すると思うのですが・・・(笑)

F1のテストカー

P1010701s

F1のことはほとんど知らない私ですが
レーシングカーにブリヂストンのロゴがあったのは記憶しています

2010年に最後にスポンサーからは撤退したそうですが、
現在も一部協力という形で参加しているのだそうです。

近くで見ると表面に溝のないタイヤに驚きます。
そんなタイヤで、超スピードで走るなんて危険すぎやしませんか

しかし、さらに驚いたのはこれ。
左上と右下のタイヤはレース後のタイヤ

P1010703s

過酷な環境にゴムがドロドロに融けてしまった状態です

タイヤの基礎知識コーナーでは
タイヤの原材料や構造、そしてさまざまな乗り物のタイヤが見られます。

P1010705s

ここで、製造上一番大きいタイヤというのを紹介していましたが
大きすぎて実物の一部の展示となっていました。

多分、原寸展示はこれだと思います。

P1070484s

チリの鉱山で使われていた300トンダンプ (石川県小松市 こまつの杜にて) 

たしか、「ブリヂストン製」と説明を伺いました。1本500万円だとか


そして、こちらも私のライブラリーにありました

Img_6000s

(全日空羽田整備工場にて)
飛行機のタイヤは思ったほど大きくなく、溝も案外シンプルです。

2階フロアは、
タイヤ開発の道のりや、開発についての展示です。

P1010695s

そして、もうひとつ
タイヤではありませんが、ブリヂストンが開発に貢献したのがこちら。

P1010696s

イルカの「ふじ」の人工尾びれです。

病気で尾びれが壊死してしまったふじが、
伊豆から沖縄に移送され、人工尾びれプロジェクトが立ち上がるという
ドキュメントが10年ほど前にテレビ放映されました。

その直後くらいに沖縄の美ら海水族館に行った私は
人工尾びれをつけてデビュー直前のふじを見て感動したのを覚えています。

人工尾びれのおかげで
10年近くも水族館で現役生活を送り、多くの人々を楽しませてくれたふじですが
残念ながら、つい最近その生涯を閉じました。


タイヤだけでなく、建物そして人類・生物にいたるまで
素晴らしい技術が研究・応用されているのですね。

私も毎日乗る車には、最大限の安全を求めて
ブリヂストンのタイヤをご愛用中です。

いろいろな企業博物館や工場を見てきましたが
見れば見るほど日本の技術力の高さを誇りに思うのです。
だから工場&企業見学はやめられないのです。


【ももよろず日記関連記事】
こまつの杜 (2011.10) 記事はこちら
ANA機体工場見学(2010.8) 記事はこちら

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから