« 遷宮後のお伊勢まいり~内宮~ | トップページ | 可睡斎 その1 »

2014年2月 3日 (月)

伊勢『月立梅酒』

今年のお伊勢まいりで購入した梅酒。

『月立梅酒』
(ついたちうめしゅ)

P1000407

おはらい町のお酒屋さんで買いました。

P1140253

製造元は、津市の寒紅梅酒造

日本酒ベースの梅酒です。

吟醸酒と三重県産の南高梅をふんだんに使っています。

「にごり」なのもうれしいところ。

日本酒ベースは、さらりとしたものが多いのですが
これは、香りも濃厚。甘味もたっぷりです。

さらりとしたタイプも好きなのですが
濃厚な梅酒をいただくと、贅沢な気分になれます。

梅酒も極めようとすると奥が深いですね。


ところで、この商品名の「ついたち」と伊勢神宮の関係を
以前耳にしたことがあったので、調べてみたところ

 伊勢には、毎月一日に普段より早く起きて、神宮へお参りする
 「朔日(ついたち)参り」というならわしが残っています。
 無事に過ごせた一ヶ月を感謝し、また新しい月の無事を
 願ってお祈りします。(赤福ホームページより)

赤福では、これを由来として、毎月朔日(1月を除く)に
月替わりの朔日餅を販売しているそうです。

梅酒は「ついたち」でなくても買えてしまいましたけど(笑)

知れば知るほどまた行きたくなるお伊勢まいり。
次は、朔日餅も味わってみたいと思います。


寒紅梅酒造
http://www.kankoubai.com/index.html
伊勢神宮
http://www.isejingu.or.jp/

【ももよろず日記関連記事】
伊勢『おかげさま・にごり梅』(2013.1)  こちら

« 遷宮後のお伊勢まいり~内宮~ | トップページ | 可睡斎 その1 »

◆おみやげ」カテゴリの記事

コメント

伊勢には「七つ餅」という名物が残っているようです。 

① へんば餅、 ② 二軒茶屋餅、 ③ 赤福、 ④ 太閤出世餅、 ⑤ 利休饅頭、 ⑥ 空也餅、 
⑦ 御福餅 

どれも江戸時代から続く餅屋さんです。 一度は、ゆっくりそれぞれを味わってみたい…と思いながら果たせずにいます。

> サヌ・ヒロ さま

貴重な情報ありがとうございます。
また、伊勢にいく楽しみが増えてしまいます(^_^.)

伊勢に限らず三重県内は餅文化が発達しているようで
他の地域のお餅もいろいろありますよ。

そうそう、私も実際に歩いたことが無いのですが、それぞれのお餅を紹介しているHPがあります。

「伊勢の餅街道」という名前で、http://www.geocities.jp/sitejm2004/mochi.html がそのURLです。

いつかゆっくり行ってみたいと思いながら、その希望を果たせていません。

> サヌ・ヒロ さま

情報ありがとうございます。

桑名の安永餅はよくいただくので知っていましたが
こんなにも種類があるんですね~
お魚あり、お餅ありの三重県、極めたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢『月立梅酒』:

« 遷宮後のお伊勢まいり~内宮~ | トップページ | 可睡斎 その1 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから