« 小布施おいしい旅 その1 | トップページ | 群馬・長野の旅1~富岡製糸場~ »

2013年10月31日 (木)

小布施おいしい旅 その2

小布施の旅 おみやげ編です。

食べ歩きに時間がかけられなかったため
これは、と思うものを買い込んできた中で美味しかったものを
ご紹介します。


どら焼山(竹風堂)

P1000065

このどら焼きは小豆餡ではなく、栗餡なので
甘さがしつこくないのが私のイチオシ

正直なところ、
小豆の粒あんたっぷりなどら焼きは得意ではないのですが
このどら焼きだけは別格。1個丸ごとペロリといけます。

予想外だったのは、栗がまるごとではなかったこと。
粒々感を残しながら食べやすいサイズに切ったものが
中心に入っていますが、歯ごたえはしっかりです。


生栗らくがん『くりは奈』 (小布施堂)

P1000058

落雁大好きな私
もちろん、小布施でもいろいろ落雁は買いました。

あのポリポリっとした食感が「落雁らしさ」なのですが
これは異色のしっとり感なのです。
噛まずに口の中でほろっと溶ける感覚がGood

小布施の落雁の多くは
赤えんどうを原料にして作られているのですが、
これは栗を使っているので、栗の風味がしっかりでした。

栗という文字をかたどっているのもオシャレです。



洋菓子 『小布施浪漫』 『メロウクッキー』
(桜井甘精堂)

羊羹がずらりと並ぶショーケースの隅で見つけた洋菓子たち。
(店頭ではバラ売りもあります)

P1000066

P1000070_2

マロンダックワーズの『小布施浪漫』は
卵白を使ったフワッとした生地の中に
バタークリームのような感じのマロンクリームが入っています。
マカロンのホロッとした感覚を連想させるお菓子です。

『メロウクッキー』は
カントリーマアムをもっとしっとりさせたような生地に
薄いながらもしっかりマロンクリームが入っています。

こちらも栗の存在感をほんのり感じさせながらも
甘すぎないところが私好みなのでした。
1枚でもリッチな気分になれるクッキーでした。


ここまでの内容を読んで、小布施といえば羊羹でしょ!
お思いの方・・・

ごめんなさいm(__)m
実は私、超甘党ではないので羊羹や栗かのこが苦手なのです。
(というか、そもそも小豆の粒が苦手

それでも、有名な栗羊羹をひとくちいただいてみました。

小豆の羊羹に比べると、若干食べやすい感じです。
でも、やっぱり私の口には甘すぎたかな?

子どもの頃は、たい焼きすら食べられなかった私。
随分進歩したとは思うんですけどね 


今回訪ねてみて思ったのは
小布施は、甘党にとってはたまらない和風スイーツ天国。
しかし、私のように甘党ではなくても
まち歩きや、美術館めぐり、そして甘すぎないグルメも楽しめる
魅力いっぱいの町なのでした。


小布施へは、ETC利用車ならば
上信越道の小布施パーキングエリアから出入することができ、
アクセスも便利です。(中心部へは車で10分ほど)

P1070389

高速道路上から見える千曲川の桜が圧巻だそうで
次は桜の季節に行ってみたくなりました~

次回は群馬編に続きます。

« 小布施おいしい旅 その1 | トップページ | 群馬・長野の旅1~富岡製糸場~ »

◆おいしい旅」カテゴリの記事

◆おみやげ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小布施おいしい旅 その2:

« 小布施おいしい旅 その1 | トップページ | 群馬・長野の旅1~富岡製糸場~ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから