« 鳥取県横断の旅1~羽田から米子へ~ | トップページ | 鳥取県横断の旅3~美保関灯台~ »

2018年1月14日 (日)

鳥取県横断の旅2~美保神社~

鳥取県横断の旅 

タイトルは「鳥取県横断」ですが
米子鬼太郎空港から向かったのは県境を越え
お隣・島根県の美保神社です

米子鬼太郎空港からは車で20分ほどでした

P1130551s

湾に面した場所に神社があります

美保神社

P1130552s

P1130557s

出雲大社のご祭神である大国主命(おおくにぬしのみこと)の
御子神である事代主神(ことしろぬしのかみ)=えびす様 と
御后(きさき)神である三穂津姫命(みほつひめのみこと)を祀る神社

全国に三千社以上ある恵比寿さまの総本宮です

商売繁盛、海上安全、大漁などにご利益のある神様です

また、「鳴り物」の神様として音楽や楽器の奉納もあるそうです

大国主命に近い神様を祀る美保神社は、
出雲大社と併せて参拝する「両参り」をすることで
縁結びのご利益も倍増するといわれています

(といわれても・・・今回はそれは時間的に不可能でしたheart03

社殿造営に関する大きな看板がありました

P1130559s

神門

P1130561s

ここから歴史の趣を感じる建造物が現れます

さすがに「出雲の国」 立派な注連縄に見とれてしまいました

P1130563s

社殿

Img_1095

拝殿とその奥に左右対称の本殿が続いています

本殿は、
向かって右側「左殿(大御前、おおごぜん)」に三穂津姫命
向かって左側「右殿(二御前、にのごぜん)」に事代主神が祀られています

大社造を装束の間でつないだ特殊な形式で、
美保造または比翼大社造といわれる珍しい建築様式です

江戸後期1813年に建てられ重要文化財に指定されています

手前の拝殿は、昭和3年に建てられたもので、
設計は築地本願寺や平安神宮などの建築でも知られる伊藤忠太氏

船庫を模した外観は壁がなく、
内部は梁がむき出しで、天井もないという斬新なつくりなのだそうです

ご神竹

P1130567s

ご神木ではなく、「竹」というのも珍しいですね

さらに絵馬も海の神様らしく「釣竿」タイプですfish

P1130568s

社殿の周囲を歩いてみたところ・・・雨がザザーっとrain

P1130570s

数分で止んでしまった雨は、まさに禊(みそぎ)の雨でした

基本的に「晴れ女」の私ですが、
昨年からこのような場面に何度か遭遇しており、
何かのサインかしら??と思ったりします

参拝を終え、鳥居を出るころには雨もやみ、穏やかな海が見えました

P1130577s

鯛が描かれたご朱印帳を購入しました

8cfe13429dd14aba86dd1e258ae6c29c

ご朱印はこちら

C23a8072c4e04807a10908cdbd1d7d7e

続いて、さらに島根半島の奥、美保関の灯台に向かいます

つづく


pc美保神社



ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

« 鳥取県横断の旅1~羽田から米子へ~ | トップページ | 鳥取県横断の旅3~美保関灯台~ »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(山陽・山陰)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/72640725

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取県横断の旅2~美保神社~:

« 鳥取県横断の旅1~羽田から米子へ~ | トップページ | 鳥取県横断の旅3~美保関灯台~ »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから