« 「直虎」ゆかりの地めぐり 番外編~大河ドラマ館~ | トップページ | 摂津国一宮 住吉大社・後編 »

2017年6月11日 (日)

摂津国一宮 住吉大社・前編

2017年4月下旬に訪ねました

住吉大社(大阪市住吉区)

大阪の方には「すみよっさん」と親しまれ、
摂津国一宮の格式を持つ神社です。

全国に2300ある住吉神社の総本社でもあり、
境内には国宝に指定された建造物も多く存在します。

大阪なんばから南海電車で向かい、
住吉大社前駅で下車。駅から徒歩5分ほど。

P1100442s

鳥居のすぐ前には、路面電車も走っています。

P1100507s

帰りは、これに決めた!旅情には欠かせない足です。

鳥居をくぐって正面にそびえる大きな橋

太鼓橋(反り橋)

P1100450s

淀君が奉納されたといわれる太鼓橋は、
大きさもさることながら、実際に渡れるとは驚きbleah

これが、なかなかの傾斜の上、各段の奥行も深くないので
注意深く上ります。下りはもっと怖いかも~

もちろん迂回もできます。

P1100498s

並行する石橋から見た太鼓橋も美しいです。

再び鳥居をくぐりますが、これも珍しい鳥居です。

P1100455s

柱が角柱になっている「角鳥居」という珍しい様式です。

その奥の朱塗りの門の額には「幸壽門」と記されていました。

いよいよ社殿のあるエリアへ。

この石柱  建物好きはワクワクしますheart02

P1100456s

P1100466s

国宝の第一本宮から第四本宮まで4つのお社が、
L字型という今まで見たことのない珍しい配置で並びます。

説明が難しいので地図にて

Honden_map

住吉大社HPより引用

住吉造りと呼ばれる様式で
神社建築史上最古のものだそうです。

神社HPによれば
まるで大海原を行く船団のような配列」 なるほど~

どのように回れば良いのか「漂流」する私ship

P1100494s

奥の第一本宮から第二、第三と順番にまわるのが
本来なのだそうですが・・・
なんとなく手前から参拝してしまいました~

しかし、本殿には近づけない神社も多い中で
境内は「大海原」らしく、とても開放的な印象を受けます。

P1100464s

社殿の横も裏側もぐるりと見ることができます。

P1100461s

朱塗りが鮮やかです。
20年に一度遷宮が行われ、近年では2011(平成23)年だったようです。
(国宝ですので、建て替えではなく修復です)

第三本宮と第四本宮の裏手で千木を見ると
地面に対して水平なものと垂直なものがあります。

お祀りされている神様の性別?で違うんですね。

第一本宮 底筒男神(そこつつのおのみこと)
第二本宮 中筒男神(なかつつのおのみこと)
第三本宮 表筒男神(うはつつのおのみこと)
第四本宮 神功皇后(じんぐうこうごう)

第一本宮前にて

P1100470s

社務所入口のつつじもちょうど見ごろ

P1100495s

境内はまだまだ奥に続きます。

つづく




ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


« 「直虎」ゆかりの地めぐり 番外編~大河ドラマ館~ | トップページ | 摂津国一宮 住吉大社・後編 »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(近畿)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/70803245

この記事へのトラックバック一覧です: 摂津国一宮 住吉大社・前編:

« 「直虎」ゆかりの地めぐり 番外編~大河ドラマ館~ | トップページ | 摂津国一宮 住吉大社・後編 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから