« 青もみじの京都4~二条城~ | トップページ | 青もみじの京都6~建仁寺・後編~ »

2017年5月17日 (水)

青もみじの京都5~建仁寺・前編~

青もみじの京都 つづきです。

二条城から地下鉄に乗って三条で下車。

そこから南へ歩くこと10分ほどで祇園へ

P1100751s

思ったよりは人が少なくてよかった~

四条通りに出ると八坂神社が見えます

P1100754s

目的地は、あちらではなく、
この通りを渡った花見小路の先にある建仁寺(けんにんじ)

実は、先日「ブラタモリ」を見ていて、
かつては、今の祇園があるエリアがほぼ境内だったということを
知って興味を持ったお寺です。

花見小路へ入るとさすがに人が増えました。
レンタルの着物を着て歩く外国人も多いですね。

P1100756s

左の赤い壁が、「一力亭」

幕末の歴史に残る武士たちも通ったという歴史あるお茶屋です。

看板のない一般のお宅のような建物でも
このプレートがあるところは実は「お茶屋」なのだそうです。

P1100758s

ここまで「ブラタモリ」の復習でした~bleah

建仁寺の入口(北門)に到着です

P1100761s

さすがに祇園からの流れで、拝観する人も多いお寺です。

建仁寺は、鎌倉時代に栄西禅師によって開かれた禅寺で、
臨済宗建仁寺派の総本山

拝観受付をしてすぐにあらわれた
風神雷神の屏風

P1100762s

俵屋宗達の作で、原画は国宝にも指定されているもので、
京都国立博物館にて管理されているそうです。

というわけでこちらはレプリカ。(デジタル複製)

こちらのお寺では、珍しく撮影も自由でした。

場所柄外国人も多く、規制するのは難しいからなのでしょうか。

そもそも外国へ行くと、
美術館も比較的撮影自由(フラッシュ不可)なことを考えると、
日本の史跡や美術館も多少は緩和の必要もあるのかも・・・

方丈内にある襖絵
雲龍図

P1100763s

海北友松による画で桃山時代の作品(レプリカ)

P1100780s

方丈のご本尊は、十一面観音菩薩

P1100776s

二条城を見た直後でしたので、
天井のつくり(格天井)を見るとお寺というより御殿のようです。

「大雄苑」と称される前庭

P1100777s

方丈から渡り廊下を通って、法堂(はっとう)へ

P1100804s

注)上の写真は、建物内をひととおり見てから正面へまわって撮影

P1100801s

重厚感のある佇まいに満開の牡丹が彩りを添えていました。

この法堂は、仏殿を兼用したもので「粘華堂」と称されています。
1765年に建造されたものです。

ご本尊は釈迦如来

そして、天井には近年描かれたものではありますが
迫力の双龍図を見ることができます。

P1100774s

再び方丈に戻り、建物内を巡ります。

P1100775s


つづく






ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

« 青もみじの京都4~二条城~ | トップページ | 青もみじの京都6~建仁寺・後編~ »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(近畿)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/70525065

この記事へのトラックバック一覧です: 青もみじの京都5~建仁寺・前編~:

« 青もみじの京都4~二条城~ | トップページ | 青もみじの京都6~建仁寺・後編~ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから