« 春の大和路(2016) その3~大神神社・前編~ | トップページ | 大江戸線沿線さんぽ5~東京大学でランチ~ »

2017年4月 4日 (火)

春の大和路(2016) その4~大神神社・後編~

春の大和路 大神神社 つづきです。

(2016年4月の記録です)

狭井(さい)神社

P1060211s

大神神社の境内にある摂社で、延喜式内社の格式。

薬の神様でもある荒魂(あらみたま)を祀っています。
病気治癒、身体健康の神様として人気です。

この神社の中で、人気のスポットがこちら

薬井戸

P1060215s

近代的な取水口です。

御神体の三輪山から湧き出る水は、
霊験あらたかな御神水として、多くの人々が病気治癒や健康などの
ご利益を求めて訪れています。

ペットボトル持参の方も多いようですが、私はひとくちだけ。

P1060216s_2

薬井戸のお社の上に見える御本殿にもっとパワーを感じました~shine

狭井神社は、御神体・三輪山への登拝口にもなっています。

入山の条件が厳しく
この日は、すでに受付も終了していました(午前9時~午後2時)

P1060218s

入口をのぞくだけでも何となくゾワゾワするものがあります。

ここは、また心を落ち着けて、きちんと準備をしてから来る場所です。

P1060212s

実は、大神神社の拝殿に行ったときから気になっていた
こちらの鳥居。

他の神社のように横に走る柱がありません。

ご朱印をいただいた社務所でお聞きしたところ
古代からの形状を維持しているものだと
いうような説明だった・・・かと思います。
(何せ、1年も前で・・・もっと詳しくメモしておけば、と反省)

春の大祭が終わったことを告げるかのように
ちょうどしめ縄にかけられた紙垂(しで)を外しているところでした。

P1060222s

P1060223s_2

この1週間後にも、「くすり祭」という大きな祭典があるそうです。

ご朱印はこちら

P_20170402_142401

この後、展望台へ向かいます

大美和の杜展望台の桜満開でした~

P1060234s

P1060242s

P1060245s

時間帯も遅めだったせいか、日曜日なのに混雑もありません。

完全なる穴場スポットかも~(^_^)

花の時期は前後するので、期待しないで行くことが多いのですが
これだけの見頃に当たるとすごく得した気分です。

日頃の行いです、ね。(なんちゃって・・・)

日本最古の大神神社にパワーをいただき
花の見ごろも楽しませていただき、良かった~

あっ、そういえば御神体となる山を見てないかも・・・

というわけで、最後にここから拝むことができました。

P1060252s

久延彦(くえひこ)神山の遥拝所

ここまで本当に気持ちよく参拝できましたが
実は、ここにたどり着くまでにあった出来事

愚痴になりますので、気分を害されそうな方はここにてpaper

---------------------------------------------------

行きの桜井駅の観光所にて

P1060260s

徒歩で大神神社に向かおうと道順を尋ねたのですが・・・

地図を見てある程度学習はしていて
町を歩くルートと「山の辺の道」という歴史のありそうな
道を見つけてはいたのですが、
季節や時間帯によっては、人通りが少なかったりもあるので
オススメを聞きたかっただけなのに・・・

窓口にいた初老の女性は
(一見した感じは、品のありそうな感じ)

「2つのルートがありますが、どちらにするか決めてください!

私、「はっ?」

決められないから教えてほしいのに・・・

そのまま黙ったきりの女性。
私が選択するまで教えないといった様子です。

両方教えるなんて、面倒くさいんでしょう。

後に待っている方がいるわけでもなく
忙しいわけでもないのに・・・

仕方がないので、(私も一応女なので・・・安全を優先して)
町のルートを通る道をお願いしたところ
地図もよこさず、手元の据え置きで、面倒そうな早口で。

シンプルなら道ならともかく、いくつか曲がるんですけど・・・
それに、そんなに大きな町ではないので、
わかりやすい建物が多いわけではないのです。

まあ、国内だからいざとなれば人に聞けばいいや、とあきらめ
ここで尋ねたことを後悔しながらも御礼を述べた後、
次のお客様がやってきました。

この際、並べてある資料もいただこうと、
その場にとどまり、実は様子をうかがっていたところ・・・

次のお客様(私より少し年上の女性)は、
市民ホールへ行きたいようでした。

が、なんと

あっ、あの方(私のこと)、
 今からそちら方面行きますから 一緒に行ってください。

 信号〇×の▼◆が目印ですから。

 あなた、さっき説明したからあとはわかりますよね?

はーーーーっ?wobbly shock annoy

私の尋ね方が気に障ったかと多少反省したものの
どうやらこの案内人の方、常時こんな様子です。

言葉づかいは丁寧なものの完全な上から目線。

まるで「もてなし」とか
みなさんのお役に立ちたいという精神は皆無。

よっぽど高貴なお立場で人生過ごしてきたのか・・・
(もしやお役所や教職関係? ←偏見かも、ですが)
どうしたらこういう態度で務まるか聞いてみたいです。

または、語学が達者で日本人は相手にしたくない、とか?

市役所にでも苦情を言ってみるのもありかもですが
一担当に「改善します」と言われるだけでは
解決策にもなりませんので、あえてここで愚痴りますbomb

あれから1年・・・まだあの場所に存在していたら
どれだけの「被害者」が出ているかと思うとゾッとします。

よっぽど「さっきの説明でわかるわけないじゃん!」と
ゴネてやろうかと思いましたが
道を尋ねた女性にとばっちりも気の毒なので、わかったふり。

大阪から知り合いの演奏会に来られたというその女性と
道すがらご一緒しました。

当然、事情がわかっていらっしゃらないようなので
愚痴りながら・・・(苦笑)

女性も驚いてましたが、
なんとか、私の記憶力で目的地のホールを経由して
私も迷わず大神神社に行くことができました。

しかし、嫌な思いをした記憶って、
1年たってもしっかり残っているから不思議ですよね。

ちなみに、この桜井駅からは電車もあります。

シーズンには、バス便もあります。

でも、この大鳥居を歩いてくぐりたかったんです。

P1060190s_2

途中の町で見た桜もきれいでした

P1060189s

旅先の町の様子って
余裕があれば歩いて見て、感じてみたいものですよね。

でも帰りは、とっととバスに乗って駅まで戻りました~bus

大神神社が良い場所だったので救われましたが
桜井市という自治体の印象は最悪になりました。

決して、クレーマーになるつもりはありませんが、
気持ちよく旅をしたい一人の観光客として
この意見が市の関係者の目にとまって改善されれば幸いです。

pc大神神社ホームページ





ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

« 春の大和路(2016) その3~大神神社・前編~ | トップページ | 大江戸線沿線さんぽ5~東京大学でランチ~ »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(近畿)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/70131652

この記事へのトラックバック一覧です: 春の大和路(2016) その4~大神神社・後編~:

« 春の大和路(2016) その3~大神神社・前編~ | トップページ | 大江戸線沿線さんぽ5~東京大学でランチ~ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから