2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから
無料ブログはココログ

« 春の大和路(2016) その2~長谷寺・後編~ | トップページ | 春の大和路(2016) その4~大神神社・後編~ »

2017年4月 4日 (火)

春の大和路(2016) その3~大神神社・前編~

春の大和路(2016) つづきです。

1年遅れでアップしております(~_~;)

再び、長谷寺から近鉄に乗って向かったのは桜井駅

P1060258s

ここから歩いて、日本最古の神社である

大神神社(おおみわじんじゃ)へdenim

バスや電車などの手段もありますが、
春の良い気候なので、あえて徒歩で向かいました。
しかし、それにはすったもんだがありましたが、後編にて・・・

高さ32mの大鳥居をくぐります

P1060190s

駐車場待ちの車が多く、
やはりここも車の方が便利な立地のようです。

二の鳥居

P1060256s

到着した時間は、混雑していましたが
帰り(午後4時過ぎ)に撮影した時は、ゆったりです

期待膨らむ看板を発見eye

P1060194s

参道(杉並木だと思います)は、やはり清々しく、パワーをいただけます。

P1060197s

拝殿に向かう手前の祈祷殿の前に
大勢の人が集まっているので、ちょっと様子見eye

前日に春の大祭があり、、この日は後宴能が開催されていました。

P1060200s

P1060206s

拝殿

P1060202s

祭神は、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)

国造りの神様として、また医薬や酒造、方除など
人間生活の守護神でもあります。

大神神社は、背後にそびえる三輪山を御神体としています。
なので本殿にあたる建物はなく、
この拝殿の奥にある鳥居を通して山を拝する形です。
(一般に訪れてもその鳥居は見えません)

日本最古の神社でもあり、自然が御神体とくれば、
最強のパワースポットだと感じずにはいられません。

拝殿は、徳川四代・家綱により造営された重要文化財。

御神木の「巳の神杉」

P1060205s

大物主大神の化身の蛇が棲むといわれる杉で、
好物の卵がお供えされています。

再び、能が行われていた参集殿の脇を通ってさらに奥へ

久すり道

P1060208s

薬草などが植えられているそうですが、よくわかりませんでしたsweat01

ご朱印はこちら

P_20170402_142324

この奥にある狭井神社(さいじんじゃ)へ向かいます。

つづく


pc大神神社
http://oomiwa.or.jp/


ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

« 春の大和路(2016) その2~長谷寺・後編~ | トップページ | 春の大和路(2016) その4~大神神社・後編~ »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(近畿)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/70130874

この記事へのトラックバック一覧です: 春の大和路(2016) その3~大神神社・前編~:

« 春の大和路(2016) その2~長谷寺・後編~ | トップページ | 春の大和路(2016) その4~大神神社・後編~ »