« 熊本地震復興応援の旅3~阿蘇草千里~ | トップページ | 熊本地震復興応援の旅5~現在の熊本城をさるく・前編~ »

2017年1月 4日 (水)

熊本地震復興応援の旅4~加藤神社~

熊本地震復興応援の旅 つづきです。

阿蘇から渋滞にはまりながら熊本市内へ向かい
1泊しました。

外を歩いていると、キラキラshine市電に遭遇~

P1090384

翌日は、熊本城へ。

熊本城周辺の駐車場はいくつか営業していて、
通行規制などを目安に進んでみると
加藤神社に車で行けるとの案内。

ガイドツアーまで時間があるので行ってみました。

テレビで報道されている以外にも崩壊している箇所があり
特に東から北側にかけてはかなりひどい状況です。
(これについては、次の記事で詳しく・・・)

P1090402s

加藤神社の駐車場手前には
大きな土嚢(どのう)が積まれています。

P1090400s

神社に行くのに不安になりましたが、
加藤神社の建物に被害が少なかったことに救われました。

P1090397s

P1090392s

朝早かったので、参拝者も多くありません。

加藤神社は、熊本城を築城した加藤清正公を祀る神社
地元では、「せいしょこさん」と親しみを込めて呼ばれています。

2年前に訪ねた時は、七五三のシーズンでした。

P1010219s

すでに懸命に復旧工事に携わる
職人さんたちや警備員さんたちが働いていました。

P1090411s

P1090410s

建物に大きな被害はありませんでしたが
境内入口の石垣が大きく崩れています。

P1090490s

石垣が崩れてしまったことは大変残念ですが
石垣の内側の構造(小さい栗石というものが中に詰まっています)が
見られるのは、貴重な機会かもしれません。

さらに、崩れた石垣から見つかったという
観音さまが彫られた石

P1090489s_2

側面に彫られた円内に注目eye

以前、熊本城を見学したときも
城内の石段にに使われている石に
梵字が彫られているものがありました。
石不足で、使える石は何でも集めた・・・ということですね。

これも不謹慎かもしれませんが
地震がなければ私たちの前に姿を見せることがなかったものです。

現在、熊本城への敷地へは立ち入り禁止となっていますが
もっとも天守閣が見える場所がここ。

P1090395s

ちなみに下は2年前

P1010222s

遠目に見ると、建物の違いもそんなに感じません。

城内の石垣の崩壊状況を考えれば、
巨大な天守閣やそれを支える石垣が
これだけの被害ですんでいるのが奇跡に思えます。

ズームにすると大天守のしゃちほこも瓦もほとんど崩れ落ちてはいますが

P1090445s

重要文化財の宇土櫓(17世紀初めの築造といわれています)は
瓦もほとんど落ちずに築城当初の姿を維持していることも奇跡

P1090478s

この後、詳しくガイドさんに説明していただく
「さるく」に参加します。

ご朱印は、こちら(2年前にいただいたものです)

P1001271

pencil熊本の旅~熊本城~(2014.11)

つづく

ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

« 熊本地震復興応援の旅3~阿蘇草千里~ | トップページ | 熊本地震復興応援の旅5~現在の熊本城をさるく・前編~ »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

┖ 寺社(九州)」カテゴリの記事

◆工事中現場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/69112783

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本地震復興応援の旅4~加藤神社~:

« 熊本地震復興応援の旅3~阿蘇草千里~ | トップページ | 熊本地震復興応援の旅5~現在の熊本城をさるく・前編~ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから