2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから
無料ブログはココログ

« 熊本地震復興応援の旅7~本妙寺~ | トップページ | 「直虎」ゆかりの地めぐり2~共保公出生の井戸~ »

2017年1月23日 (月)

「直虎」ゆかりの地めぐり1~龍潭寺~

今年2017年のNHK大河ドラマ
おんな城主 直虎が、1月よりスタートしました。

地元が舞台ということで
大河ドラマ好きな私は、例年以上にワクワクhappy01

しかし、舞台となる井伊谷(いいのや)は
浜松市北区に位置し、
わが家からは車で1時間ほどかかる場所。

そもそも合併前は違う自治体なので
正直、このあたりの歴史はほとんど無知wobbly

というわけで、ドラマがスタートして人が押し寄せる前に
事前学習も兼ねてチャチャッと巡ってみました。

龍潭寺(りょうたんじ)

P1030210s

ドラマ放映が決まった時、市民のほとんどが
「直虎って誰?」状態でしたcoldsweats02

直虎に関する史跡や事実は乏しく
地元ですらこんな状態(苦笑)

最近では、直虎「男説」まで出て来ちゃうしsweat01

龍潭寺は、
小堀遠州作の美しい庭園があることで、
観光名所としては以前から知られている存在ですが
今回、直虎の歴史を知る上で
もっとも大きなカギを握っている史跡なのです。

歴史は古く、奈良時代に行基という
お坊さんによって開かれた臨済宗のお寺。

その後、井伊家の菩提寺となりました。

訪ねた日(2016年の暮れ)は、
平日とはいえ、ずいぶん空いていると思ったら・・・

P1030253s

整備工事やテレビ中継準備のために内部拝観ができませんでしたwobbly

P1030214s

境内にはケーブルがはりめぐらされ
庭園などを映し出すライトがいっぱいでした。

P1030216s

P1030238s

もちろんドラマが放映されている現在は、大丈夫、かと。

そんなわけで、前回訪ねた時(2013年11月)の写真もあわせて
ご紹介です。

本堂正面のお庭は拝観料なしでも見られます。

P1070908s

が、本堂側に入って見るほうがきれいです。(2013.11撮影)

有名な庭園は、本堂裏手から見ることになります。

P1070915s

P1070924s

秋もきれいですが、5月のさつきも美しいそうです (2013.11撮影)

今回は、墓所の横からちょこっと見えただけwobbly

P1030222s

上の写真の左手にあるのが、御霊屋(みたまや)

歴代当主の御位牌が並んでいます。

P1070913s

ガラス越しに中を見ることができます(2013.11撮影)

今まで気にもとめなかった墓所は、ドラマ効果で注目スポットeye

P1030221s

左側奥から2つめの小さい塔が直虎のお墓です

P1030219s_2

奥の大きいものは、初代・共保(右)と直虎の父・直盛です。

今までなかった新たな史跡の案内もありました。

直虎の母が、父・直盛戦死後に出家して住んでいたという
松岳院の跡地

P1030245s

境内全体図です。

P1030251s

30分ほどであれば見学できる広さです。

御朱印はこちら

P1000219

【ももよろず日記関連記事】

pencil龍潭寺(遠州・浜松) (2013.11)




ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

« 熊本地震復興応援の旅7~本妙寺~ | トップページ | 「直虎」ゆかりの地めぐり2~共保公出生の井戸~ »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(中部・北陸)」カテゴリの記事

◆大河ドラマの舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/69326640

この記事へのトラックバック一覧です: 「直虎」ゆかりの地めぐり1~龍潭寺~:

« 熊本地震復興応援の旅7~本妙寺~ | トップページ | 「直虎」ゆかりの地めぐり2~共保公出生の井戸~ »