« 名古屋城・本丸御殿2016 後編 | トップページ | 黒部ルート見学会 その1 »

2016年11月28日 (月)

東京・穴守稲荷神社

6月に羽田のクロノゲート(ヤマト運輸の物流拠点)へ見学に行った時に
立ち寄った神社です。

穴守稲荷神社

クロノゲートからは徒歩圏内。
京浜急行の穴守稲荷駅からも徒歩5分ほどです。

P1070975s

住宅やビルが立ち並ぶ中にあるこじんまりした境内。
数キロのところには、羽田空港がありながらも
静かな空間です。

神社の起源は、江戸時代の1804年頃。
現在の羽田空港のある土地を開墾する際に、
海が荒れて沿岸の堤防が度々決壊したため
堤防に祠を建てたのがはじまりだそうです。

堤防に開いた穴から人々を守るところから
この名前がついています。

その後、第二次世界大戦の敗戦で羽田空港周辺は
GHQにより接収されることになり
48時間以内という短時間に周辺の住民たち共々
神社も強制撤収させられ、現在の位置に鎮座することになりました。

祭神は、豊受姫命(とようけひめのみこと)

P1070988s

お稲荷さんといえば、シンボルはお狐さん

P1070978s

そして、真っ赤な鳥居が並ぶ様子は美しいですね。

P1070982s

P1070980s

鳥居の奥には、奥之宮があり、ここの「お砂」を持ち帰り
敷地内や玄関に撒くとご利益があるといわれています。

神楽殿

P1070983s

境内には、ちょうど紫陽花とツツジが競演

P1070984s

ご朱印はこちら

P_20161127_230720_2

【ももよろず日記関連記事】

pencil羽田クロノゲート見学(2016.6)

ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

« 名古屋城・本丸御殿2016 後編 | トップページ | 黒部ルート見学会 その1 »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(関東・甲信越)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/67633347

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・穴守稲荷神社:

« 名古屋城・本丸御殿2016 後編 | トップページ | 黒部ルート見学会 その1 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから