« 奈良・吉野の桜探訪記 その1 | トップページ | 奈良・吉野の桜探訪記 その3 »

2016年5月14日 (土)

奈良・吉野の桜探訪記 その2

吉野の桜探訪記 つづきです。
(2016年4月11日の旅行記です)

奥千本から山を下り
上千本周辺へ近づくに連れてどんどん人が増えてきます。

このあたりでそろそろ小腹が空いてきました~sad

名物・葛餅(くずもち)の看板をあちこちで見かけますが
茶店などにどっしり腰を据えると動けなくなりそう(苦笑)

しかし、ふと見ると
店頭で作りたての葛餅を売っていたので迷わず購入smile

P1060365s

P1060362s

P1060364s

お鍋からよそってくれるできたての葛餅。
あったかくてspa美味しかったです。

そして、けっこうなボリュームで200円はお買い得でした~happy01

お腹も落ち着いたところで再び歩き出します。

上千本から中千本のエリアへ。
このあたりからは、山の中腹から上を眺める・・・という感じ。

P1060367s

時間的にもツアー客が到着する時間で、下から登ってくる人が多くなります。
このあたりは、すれ違うだけでも大変shock

P1060378s

のどかな奥千本周辺はすでに過去の話・・・という感じですweep

吉水神社

P1060382s

入口では拝観料でなく「入山料」として200円を納めます。
(こちらは強制ではありません)

後醍醐天皇、楠正成などを祭神としています。
南北朝時代に南朝の皇居になっていた場所でもあり
前後して、源義経と静御前が住んだという歴史も。

世界遺産の構成要素にもなっています。

入ってすぐ右手に人だかりを発見

ここが豊臣秀吉もお気に入りだったという一目千本

P1060384s

P1060387s

う~ん、ピンクが少ないthink
ここから見る景色はもう1週間早く来なければ・・・

社殿は比較的新しい感じがしますが
その隣で大がかりな工事が行われていました。

P1060391s

工事中なのは、重要文化財の書院建築など(見学は可能)

歴史ある建造物の他、豊臣秀吉、源義経に関する
貴重な展示品の数々が見られるそうですが、
これは、また違うシーズンに静かにゆっくり見たいと思います。

御朱印は2つ同時に書いていただくことになります。

P_20160430_211059

P_20160430_211111

こちらの勝手神社は、吉水神社からほど近い場所にありますが
15年ほど前に不審火で有形文化財の社殿を焼失しています。

現在、再建に向けて募金が行われているのです。
御朱印での協力しかできませんが、1日も早い再建を願います。

歩きがてら、お豆腐屋さんの店頭にて
厚揚げのおでんをいただきました。(御出汁がいい具合に染みています)

P1060396s

「豆腐豚まん」というのもかなり気になりましたが・・・

さらに吉水神社から下っていくと
いよいよ吉野山の「建造物の部」ではメインとなる

金峯山寺(きんぷせんじ)です。

P1060397s

はぁ~、やっとここまで下りてきました。
かなり足はガクガクしておりますが、ここを見ずには帰れません。

いよいよ最終章へ つづく

« 奈良・吉野の桜探訪記 その1 | トップページ | 奈良・吉野の桜探訪記 その3 »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(近畿)」カテゴリの記事

◆世界遺産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/65427035

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良・吉野の桜探訪記 その2:

« 奈良・吉野の桜探訪記 その1 | トップページ | 奈良・吉野の桜探訪記 その3 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから