« 東京ノスタルジック散歩7~湯島天神~ | トップページ | 横須賀軍港をたずねて2~軍港めぐりクルーズ前編~ »

2016年4月14日 (木)

横須賀軍港をたずねて1~ヴェルニー公園~

4月上旬に行ってきた横須賀港周辺観光のレポートです。

実は、5年ほど前に行く予定をしていた矢先に
東日本大震災が起こり、当時申し込んでいたツアーが中止となり
5年越しに別のツアーにてリベンジとなりました。

軍港めぐりのクルーズの前に、まずは港の前に広がる
公園を散策です。

P1050905s

公園は岸壁に沿って長細い空間です。

P1050898s


入口には、明治末期につくられた
逸見波止場衛兵詰所の跡があります。

P1050893s


ヴェルニー公園
は、
 バラと軍港を一度に眺めることができる 日本でもめずらしい公園です

とパンフレットでうたっていますが、ちょうどこの日は桜cherryblossomが満開。

私的には、巨大建造物と桜のコラボがマイブームなので
軍艦と桜というのもよろしいか、と。(私の中では、軍艦は”建造物”)

P1050910s

この公園の名前の由来は、
この地に横須賀製鉄所(造船所)を建設した
フランス人技術者 フランソワ・レオンス・ヴェルニーから。

幕末に(ここから少し離れた浦賀に)ペリーが来航して
日本が開国するきっかけとなったことは学校でも習いましたが
開国後に、この横須賀港が製鉄所の建設をきっかけに発展していく歴史は
ほとんど知りませんでした。

そんな歴史を知るための展示施設がヴェルニー記念館

P1050897s


入館無料で、当時の写真や文書
そして、造船に使われたスチームハンマーが展示されています。

P1050900s

巨大すぎて、カメラに収まり切りませんsweat01

ヴェルニー公園のちょうど対岸あたりが製鉄所のあった場所ですが、
ほとんどの建物は取り壊されて、製鉄所の面影はありませんが
今も現役で利用されているのがこちらのドライドック。

P1050924s

右のAと書いてある鉄板の奥にドックがあるそうですが
中はまったく見えないので、パネルの内容にて・・・

P1050925s

ほぉ~、ドックだわ(≠犬) ドックとは船のメンテナンスをする施設

  これ世界遺産になりそうなレベルなんですけど・・・

そして、今は残っていない横須賀製鉄所の建物は、
レンガと木材を組み合わせた木骨レンガ造りだったそうで
世界遺産となった富岡製糸場のさきがけとなった建築だそうです。

  あ~、もったいないweep


そんなことを思いながら歩いていると、こんな景色が
ガンガン目に入ってきます。

P1050896s

これから乗船するクルーズでは、もっと間近で見られる(と思う)ので
ここでの撮影はちょっぴり。

公園内のバラは現在、育成中ですが

P1050921s

冒頭にも書いたように、桜が満開cherryblossomcherryblossomcherryblossom

P1050927s

P1050928s

お花見日和で、たくさんの人たちがくつろいでいました。

公園の端にあるヴェルニー記念館から軍港めぐりの
乗船場までゆっくり歩いても15分ほど。

軍港めぐりの列に並んでいよいよ乗船です。

つづく

« 東京ノスタルジック散歩7~湯島天神~ | トップページ | 横須賀軍港をたずねて2~軍港めぐりクルーズ前編~ »

◆ レトロ建築・文化財(明治以降~)」カテゴリの記事

├ レトロ建築(関東・甲信越)」カテゴリの記事

◆ダム・橋・港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/64964157

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀軍港をたずねて1~ヴェルニー公園~:

« 東京ノスタルジック散歩7~湯島天神~ | トップページ | 横須賀軍港をたずねて2~軍港めぐりクルーズ前編~ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから