« 東京ノスタルジック散歩1~世田谷線にのって~ | トップページ | 東京ノスタルジック散歩3~豪徳寺~ »

2016年3月12日 (土)

東京ノスタルジック散歩2~松陰神社~

東京ノスタルジック散歩 つづきです。

松陰神社の鳥居

P1010989s

名のとおり、幕末の教育者・吉田松陰を祀る神社です。

萩から江戸に送られたのち処刑された吉田松陰は、
1863年に高杉晋作、伊藤博文らの門下生によって
毛利家の別邸があったこのあたりに改葬されました。

鳥居をまっすぐに進むと本殿が見えます

P1010991s

その手前(手水舎の奥)には
塾門下生からの灯籠がずらりと並んでいます。

P1020006s

P1020004s

奉納した方々の名前にはおなじみの名前がずらりと並びます。

本殿にてお詣り

P1010996s

学問にご利益があるので合格祈願の絵馬がたくさんありました。


本殿の右手奥には、松下村塾があります。

P1010997s

萩にあるものは世界遺産にもなっていますが、こちらは模築。

P1010998s

当然こちらの方が築年が新しいのできれいです。

とはいえ、1941(昭和16)年の建築から70年以上が経過。
また、毛利藩代官屋敷の古材や瓦が再利用されているため老朽化もあり
大規模改修工事がはじまります。

建物のすぐ横には、萩を彷彿とさせる夏みかん

P1020002s

吉田松陰の像も

P1020003s

御朱印です

P_20160311_234154

御朱印は500円ですが、一緒に木の栞がいただけます。

萩に行ったときには、この流れまで考えていませんでしたが
松陰神社が並びましたhappy01

P_20160311_234257

御朱印をいただいて、松陰神社を後にしました。

が、実は帰ってきてから気づいた大失態がっhappy02

墓所に立ち寄るのを忘れてしまいました~

そもそも神社に行っているので、
墓所があるという感覚がなかったのです。予習不足でしたね。

世田谷線の駅に再び戻ります。

案内板を見ると、周辺には数多くの寺社があります。

P1020010s

(実は、ここでもちゃんと案内を見ていないことが後に発覚しますbomb

ホームに入ってくる電車は色とりどり  今度は赤い電車です。

P1020011s


つづく

« 東京ノスタルジック散歩1~世田谷線にのって~ | トップページ | 東京ノスタルジック散歩3~豪徳寺~ »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(関東・甲信越)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/64332739

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ノスタルジック散歩2~松陰神社~:

« 東京ノスタルジック散歩1~世田谷線にのって~ | トップページ | 東京ノスタルジック散歩3~豪徳寺~ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから