« ミスドキッチンでドーナツ作り体験 | トップページ | 江戸徳川の寺社めぐり2~上野東照宮~ »

2016年1月24日 (日)

江戸徳川の寺社めぐり1~寛永寺~

昨年夏、徳川家康顕彰四百年(没後400年)という節目にあわせて
訪ねた寺社巡りの記録です。

間が空いてしまいましたが、関東の旅のつづき再開です。

前半は、栃木の日光東照宮と輪王寺へ
後半は、東京(江戸)の寺社めぐりとなりました。

栃木から東京に向かい、最初の目的地・上野へ

今は、美術・博物館などの文化施設が立ち並ぶ上野公園

P1040183s

この広大なエリアが江戸時代は寛永寺の境内でした。

江戸城から見て鬼門にあたる上野の地に
徳川家光が創設、
家康の側近として活躍した僧侶・天海が初代住職となりました。


江戸時代の最盛期には、現在の10倍ほどの規模の敷地に
伽藍などが立ち並んでいたそうですが、
幕末の戊辰戦争(上野戦争)や関東大震災などを経て
伽藍などが焼失したり移築されたりして現在の姿に。

国立博物館の東側にある
寛永寺旧本坊表門

P1040176s

P1040178s

現在東京国立博物館のある場所に本坊がありましたが
幕末の戦争により焼失し、唯一この表門が残り、移築されています。

山号は、西の比叡山に対して、「東叡山」と称しています。

P1040177s

輪王寺は、もとは寛永寺の伽藍の一部で皇族が代々貫主を勤めました。

境内には、開山堂があります。

P1040180s

この開山堂は、
寛永寺を開いた天海(慈眼大師)と天海が崇敬していた良源(元三大師)を
祀ることから「両大師」とも呼ばれています。

御朱印です。

P_20160124_000340

開山堂からは、国立博物館の前を通り、いくつかのレトロ建物を通り抜け
(そちらについては、また後日ご紹介します)
寛永寺に到着です。

P1040196s

上野駅(公園口)から向かうと15分ほどはかかります。

この寛永寺は、芝の増上寺と並ぶ徳川家の菩提寺

たびたび、大河ドラマの紀行でも紹介されていましたので
大きなお寺だと思っていましたが、
先述のように伽藍は焼失してしまい、
再建された根本中堂が、本堂にあたる建物となります。

P1040199s

根本中堂は、外観のみの見学。

観光目的のお寺ではないため、
境内は予想外にひっそりとしていている上に、
たまに行きかうのは、なぜか外国人観光客ばかりでした~coldsweats01

梵鐘

P1040201s

裏手にまわってみると、墓地の門には葵の御紋

P1040212s

寛永寺には、徳川家将軍のうち6人の墓地があります。

また、大河ドラマの主役にもなり
もしかしたら将軍より知名度のある、篤姫(13代・家定の正室)も
こちらに祀られています。

P1040206s

P1040208s

非公開となっていますが、年に何回か公開されることもあるそうです。

御朱印はこちら(寺務所)でいただけます。

P1040214s

ブザーを鳴らすと僧侶が出て来られ、対応してくださいます。

御朱印はこちら。

P_20160124_000358

江戸時代に隆盛を極めた徳川家の菩提寺でありながら
戦火や震災に遭いながら歴史をつなぎ、
現在は、上野公園の一角にひっそりとたたずむ静かなお寺でした。

« ミスドキッチンでドーナツ作り体験 | トップページ | 江戸徳川の寺社めぐり2~上野東照宮~ »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(関東・甲信越)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/61642025

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸徳川の寺社めぐり1~寛永寺~:

« ミスドキッチンでドーナツ作り体験 | トップページ | 江戸徳川の寺社めぐり2~上野東照宮~ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから