« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月27日 (日)

山口から門司の旅8~下関散策~

山口から門司の旅 つづきです。

関門トンネル人道を歩いて、門司から下関へ到着。

P1050063s

関門橋を間近で眺められる みもすそ川公園です。

源平合戦の最後の戦い(壇ノ浦の戦い)の地には
平知盛と源義経の銅像が。

P1050066ss

その脇では、壇ノ浦の合戦の紙芝居をやっていました。(無料です)

P1050065s

同行者たちは、どっぷりと腰を据えてしまっていたのですが、
ちょっとこの時代は苦手なワタクシcoldsweats01

どうやらこっちの方がそそられるらしい(爆)

P1050069s

外国の艦隊と戦った幕末に思いを馳せて!? 

公園には、大砲(レプリカ)がずら~り

P1050074s

これ、お金を入れると5回ほど煙が出るのですが、
外国人の観光客の方が次々にお金を入れてくれるので
すっかりタダで楽しめました~bleah

ここからは、バスに乗って移動です。

バスで10分ほどで、お買い物やお食事スポットの集まる
ベイサイド観光の中心 唐戸へ。

P1050102s

また、ここにも私の興味をそそるレトロ建築を発見。

旧 秋田商会ビル (1915年建築)

P1050099s

旧 下関英国総領事館(1906年建築)

P1050100s

ゆっくり内部を見る時間がなかったので、いつかリベンジdash

再びベイエリアの飲食店やみやげもの店が集まる
カモンワーフに戻ります。

下関といえば、フグ

P1050101s

まあ、わが地元でもフグは食べられるので、今回はパスです。

そして、ここにもゆるキャラらしき・・・ 武蔵と小次郎です。

P1050107s

ここ下関は、巌流島への渡航口にもなっています。

P1050094s

さらに、さらに・・・何年ぶりでしょう。猿回しに遭遇

P1050116s

このエリア、とてもにぎやかで、飲食やショッピングも充実したエリアですが、
門司港にお目当てがまだいろいろとありますので
今度はフェリーに乗船して戻ります。門司港まで400円です。

P1050122s

P1050127s

関門橋はくぐりませんが、この角度から眺める景色もGOOD!

間もなく門司港に到着です。

P1050134s

右は門司港ホテル、左は門司港レトロ展望室のあるタワー

つづく。

2015年12月25日 (金)

山口から門司の旅7~関門トンネルを歩いて渡る~

山口から門司の旅 つづきです。

旅の3日目は、門司港からスタート。

ホテルを出てすぐの門司港駅
レトロな建物が売りの駅舎が・・・なんと工事中danger

P1050009s

これについては、後日別記事にて・・・

この日のメイン観光は、関門海峡横断!

実は前日、すでに関門トンネルを越えてしまった私たちは
九州にいたのでした。ということで、向かうのは本州。

車で行く予定をしていたところ
観光案内所にて、休日限定のトロッコ列車が出ることを知り
門司港駅のすぐ隣にある九州鉄道記念館駅へ。

P1050014s

門司港レトロ観光列車 潮騒号

P1050011s

門司港駅と関門海峡の入口となるめかり地区を結ぶ
2.1Kmの路線。300円で乗車できます。

貨物線として使われていた鉄道が廃止になった後
平成21年に観光用のトロッコ列車の線路に生まれ変わったそうです。

P1050016s

2両編成で、ガイドさんが沿線案内をしてくれます。

トコトコとゆっくり走る沿線からは、
門司港のレトロ建築や海の風景が楽しめます。

P1050019s


終点のめかり駅で降りると、そこはめかり(和布刈)公園

P1050024s

列車の車両展示や、懐かしい「タコの滑り台」があります。

そのめかり公園から先、
関門海峡を眺めながら歩ける歩道が整備されています。

P1050028s_2

のどかな景色にも見えますが、
狭い海峡をひっきりなしに大型のタンカーなどが往来します。

P1050039s

本州と九州を隔てているとはいいながらその距離は1kmもないのです。
この地を訪れて、その狭さに驚くばかり。

この狭さゆえなのか、壇ノ浦の合戦や幕末の下関戦争など
数々の歴史的な戦いが行われた「激戦地」なのです。

10分ほど歩いて到着です。

関門トンネル人道入口

P1050043s

歩いて渡れる関門トンネルです。
昨日、車で通り抜けた車道の下が人道(歩行者・自転車用)になっています。

通行料は人は無料ですが、
自転車などを持ち込むとちょっぴり有料になります。
(乗り物は、引いて歩きます)

P1050061s

(写真は下関側入口にて撮影)

エレベーターにのって、いざトンネル内へ

P1050045s

トンネル内は、若干高低差があり(タモリさんが喜びそう!?)
中心となるあたりに向かって下り、再び上っていきます。

P1050051s

休日なので、観光客が多いようですが、
地元の方と思しき方々も、散歩や買い物の通路として利用しています。

「THE 県境」です!

P1050054s

トンネル内の歩行距離780m。所要は、15分ほどでした。

この関門トンネルは、昭和33年に完成。(東京タワーと同い年です)
しかし、その建設の歴史は長く、
完成するまでに21年の歳月がかかっています。

このご時世、ここに限らず県境を歩いて越えるという経験は珍しく、
その上、海底トンネルで県境を越えるなんて、貴重な体験でした。

さらにその歴史をふりかえると、巨大建造物好きな私は、
ますます感動してしまうのでした~

でも、下関側に到着して、これを忘れていたことに気づきました~

P1050060s

門司側と下関側の両方でスタンプを押すと記念証と引き換えできるのですが
それをすっかり忘れていました。

帰りは、船に乗ってしまったのでもらえずじまい・・・残念

気を取り直して、下関の地上に出ました。

P1050063s

下関側は、みもすそ川公園が整備されています。

この公園も、なかなかみどころの多いスポットです。

つづく

2015年12月23日 (水)

山口から門司の旅6~角島大橋と関門トンネル~

山口から門司の旅 つづきです。

萩を出て、日本海側のルートを海岸沿いに走ります。

旅行前までほとんど知らなかったのですが
風光明媚なスポットとして、自動車のCMなどでもよく使われるこちら。

巨大建造物好きな私としては、外せないスポットです(笑)

角島大橋(つのしまおおはし)

P1040884s

2000年に完成した角島とを結ぶ全長1780mの橋。
通行料は無料です。

橋を渡りま~す。
それまで運転を頑張っていた私ですが、写真を撮りたいので運転交代~car

P1040901s

既に渡り終えて、角島に入っていますが・・・

前方左に見える展望台のある駐車場にて。

P1040905s

P1040908s

西日が当たる橋の風景はこんな感じ。

時間がなくて、島の中はゆっくり見学する時間はありませんでしたが・・・

また、時間帯やシーズンがベストだとこんな風景になります。

Img_7014s

Img_7061s

(2013.8 10:00頃撮影 N様よりお借りしました)

はぁ~、海の色が全然違ます・・・

そして、私たちは時間切れで行かれなかった角島灯台

Img_7059s

そして、本州最西端の下関市の海岸沿いを走る途中に
夕日が海に落ちて行きました。

P1040921s

美味しそうな卵の黄身に見えてしまいます(^_^;)

昨年、天草でも夕日がきれいなため道草してしまいましたが
またしても・・・ レンタカーの旅行は自由すぎますっ。

関門海峡に近づくと、道がにぎやかになってきます。

P1040923s

ナビがなければ、とても目的地にたどりつけないほど複雑。

山口県なんて田舎だから楽勝~となめておりました・・・反省


関門海峡を渡るには、トンネルとつり橋とあるのですが
選ぶ余裕などございません(苦笑)

P1040926s

いつの間にか、トンネルをくぐってしまったのでした。

この日の宿泊は、門司港の絶景を楽しめる門司港ホテルです。

P1040950s

ホテルそのものもレトロ感たっぷりですが、
周辺も私の大好物なレトロ建築が立ち並ぶ素敵な街並みなのです。


門司港名物の焼きカレーも堪能して、忙しい1日が終わります。

P1040937

つづく

【ももよろず日記関連記事】
restaurant山口と門司のグルメ
http://momoyorozu.hamazo.tv/e6506625.html

2015年12月21日 (月)

山口から門司の旅5~萩の世界遺産その3~

山口から門司の旅 つづきです。

萩市の中心地、城下町の残る一角へ向かいますが
その前に伝統工芸・萩焼の工房見学に。

P1040833s

今でも現役の登り窯がある城山さん

P1040820s

工房の中では、器だけでなくひな人形も制作されていました。
どんな出来上がりになるのでしょう?

P1040825s

そして、タイミングよく、ろくろでの制作風景を見ることができました。

P1040830s

職人技というか手先が「神業」・・・ホントすごいです。
ほんの数分で、きれいな器が次々に仕上がっていきます。

私は今回購入しませんでしたが
萩焼は、土の自然な風合いが残るやさしい色の焼き物です。
しっかり器の知識を身につけてからお気に入りをさがしたいです。


続いて萩の城下町の中心となる場所へ移動です。
有料駐車場から徒歩5分くらいで街並みへ。

江戸時代の城下は、武士と町人の住まいが身分により
はっきり分けられていました。

この周辺は、中・下級武士のお屋敷と商家立ち並んでいた場所。
空襲の被害や都市化の波に飲み込まれることなく
町ごと時間が止まったような印象を受けます。


豪商・菊屋家の筋道菊屋横丁を進みます。

P1040840s

菊屋家住宅は内部も有料にて見学可。
秋のシーズンは期間限定で庭園も見学できるそうです。

さらに奥へ進むと、萩らしい「夏みかん」のある風景に出会えます。

P1040846s


こちらは、高杉晋作の誕生の地

P1040847s

松下村塾で学んだ門下生の中でも久坂玄瑞と共に、双璧といわれる人物。

幕末には倒幕を進める騎兵隊を統率したことでも知られています。

私は、前日、大河ドラマ館にて
タイプ的には「高杉晋作」と診断されたので興味津々でしたが(笑)
今回は時間がなくてパス。

誕生の地のすぐ先へ行くと・・・

P1040857s

高杉晋作の銅像が立っていて、ちょっとした広場になっています。
本当は、ここに記念館ができる予定だったそうですが実現叶わず・・・だそうです。



この広場の角を曲がって、少し進んだ先の江戸屋横丁へ。

円政寺

P1040858s

看板のとおり、です。

そして、ここが観光案内写真でよく紹介される通り江戸屋横丁の風景

P1040861s_2

木塀や土塀に囲まれたお屋敷が残っています。
(すべてが公開されているわけではありません)


木戸孝允旧宅

P1040864s

藩医である和田家の長男として生まれましたが
桂家に養子に入ったことで、その後、桂小五郎と名乗ります。

明治新政府の中枢として活躍した晩年は
木戸孝允と改名しています。

この時代の方々はよく名前が変わるので
誰が同一人物なのか時々わからなくなりますが(苦笑)

特にこのお方は、10種類以上の名前をお持ちだったそうです。

P1040869s

お医者さんの建物の入口もそのまま残り、
お屋敷の中には、写真や掛け軸などが展示されています。

この通りには、雑貨や骨とう品のお店、飲食店が数件ありますが
こちらで今回はゆっくりする間もなく・・・

P1040872s


今回は、NPO萩観光ガイド協会さんお願いし、ガイドしていただきました。
(1時間あたり1000円。事前に予約しています)

やはり地元を知る人に案内していただくと
人物の人となりや歴史の裏話など楽しいお話も聞けて
観光が楽しくなります。

とても熱~い語りのガイドさんで
予定していた(2時間)の倍近くかけていただきました。
それでも時間が足りずに急ぎ足になりました。

それだけみどころの多い萩の町。

もっともっと長州の歴史を勉強して
今回ゆっくり見られなかった博物館や萩城跡、高杉晋作の旧宅など
またじっくり改めて訪ねてみたいと思うのでした。


萩名物のこちらをゲットして下関経由、門司へ向かいます。

P_20151107_211722


【ももよろず日記関連記事】
restaurant萩名産「夏みかん丸漬」
http://momoyorozu.hamazo.tv/e6480653.html


つづく

2015年12月13日 (日)

山口から門司の旅4~萩の世界遺産その2~

山口から門司の旅 つづきです。

山口2日目は、ボランティアガイドさんをお願いして
松陰神社・松下村塾の観光からスタートです。

P1040763s

ここは、現在神社の敷地となっていますが、
元々は、吉田松陰の実家・杉家の敷地であり、
ここに松下村塾もあります。

鳥居をくぐってすぐ左手にある石碑

P1040766s

明治維新100年を記念して1968(昭和43)年に建立された石碑。
当時の首相・佐藤栄作氏(山口県出身)の揮毫(きごう)によるもの。

前日宿泊したお宿・「常茂恵」(ともえ)さんの蔵に展示してあった
こちらの書が、原本となるものだそうです。

P1040751s

歴史も立派ですが、お料理やお部屋、おもてなしも素晴らしいお宿です。

倒幕そして明治維新の中心になった長州藩(現・山口県)からは
名だたる政治家が誕生しています。
歴代首相の出身地でも東京に次いで2番目だそうです。

でも、徳川のお膝元の静岡県民から見ると・・・敵ですね~impact

そして、こちら建物が松下村塾(しょうかそんじゅく)の建物

P1040772s

世界遺産となりましたが、驚くほど小さいです。(幕末に建てられ、現存)

吉田松陰の叔父・玉木文之進が創設し、
その後、松陰が引き継いだ私塾。

身分などに関係なく誰でも通える私塾として開かれました。
幕末の歴史に登場する有名な人たちの多くがここから巣立っています。

その代表的な人たちの肖像画が飾られています。

P1040773s_2

(一部、映り込みのため画像加工しています)

久坂玄瑞、高杉晋作、吉田稔麿、伊藤博文、山縣有朋・・・など

なかなかマニアックな説明をしてくださるガイドさんで
楽しいお話が聞けました。
お札の肖像にもなったあのお方は、なかなかの「女好き」だそうで(爆)

隣には、杉家の本宅(吉田松陰幽囚ノ旧宅)があります。

P1040778s

吉田松陰が松下村塾で講義をしたのは、わずか1年半。
獄に囚われたり、この部屋に幽閉されたりした後、江戸に送られ
30歳で生涯を閉じます。

境内の一番奥にある松陰神社

P1040779s

松陰神社に向かって左手にある松門神社

P1040781s

松下村塾の門下生たちが祀られています。

こちらが御朱印

P_20151208_000342

神社の御朱印は、名称を書いてくださるのが一般的ですが
ここでは、吉田松陰の教えとなる言葉が書かれています。

至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり
(至誠をもって対すれば動かすことができないものはない)

境内には、至誠館という宝物館や歴史館もありますが
時間の都合で立ち寄りませんでした。

ガイドさんに説明していただきながらまわって1時間。
資料館もゆっくり見ると所要時間は2~3時間になりそうです。


今回は、ガイドさんに
「有名どころを中心に」と2時間くらいでおまかせしましたが、
次に向かったのはこちら。

大河ドラマ「花燃ゆ」では、準主役(後半はほぼ主役)となる
楫取素彦旧宅地

P1040793s

現在は更地になっていますが、ドラマに合わせてなのか
案内板がありました。

ガイドさんのお話では、幕末の長州では目立った活躍はなかったそうで
群馬県知事になってからのほうが有名な方なのだそうです。

(最近の大河ドラマの傾向は、時代背景は王道、主役はマニアックな人選!?)

続いて、吉田松陰誕生の地・墓所

毛利家の菩提寺でもある東光寺を抜けていきます。
(残念ながらこちらには立ち寄る時間がありませんでした)

萩市街が見渡せる眺めのよい場所です。

P1040808s

建物はまったく残っていませんが、
おおよその間取りなどがコンクリートで再現されています。

P1040802s

誕生地のすぐ隣には吉田松陰の銅像。

P1040800s


隣でひざまづいているのは、門下生の金子重輔です。

吉田松陰のお墓です。

P1040816s

杉家の家族の他、高杉晋作、吉田稔麿など門下生のお墓もあります。

P1040811s_2

それぞれに続柄や人となりなどの説明看板がついています。

また、地元のボランティアさんたちの活動で、
とても良く手入れされていているのを感じました。

ここまでは、城下町から離れたいわゆる山手になる場所です。

これらの観光スポットめぐりは、
みどころが点在している上に、交通事情もあまり良くないので
レンタカーやタクシーなどを利用するのがおすすめです。

この後、城下町の中心に向かいます。

つづく

2015年12月 7日 (月)

山口から門司の旅3~明倫館跡と大河ドラマ館~

山口から門司の旅 つづきです。

萩市の郊外にある2つの世界遺産を訪ねた後、
萩市中心部へ向かいました。

今年の大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台でもある萩には
もちろんお約束の大河ドラマ館があります。

ドラマ館は、 萩の藩校だった明倫館の敷地内にあります。
(道路を挟んで市役所の向かいになります)

P1040714s

現在、萩市立明倫小学校の敷地となっていますが、
敷地内には、歴史ある門(南門)は、明倫館の正門として建てられました。

P1040685s

大河ドラマ館の会場に向かう途中、
このレトロな校舎(一部は工事中)に眼が釘付けになってしまう私eye

P1040686s

この校舎は1935(昭和10)に建てられ、昨年までなんと「現役」でした。
旧校舎の一部は修復をして、郷土の資料館としてよみがえるそうです。

こちらはピカピカshineの新校舎

P1040688s

脱線しましたが、目的地のドラマ館へ。

ドラマ館は、小学校の旧体育館です。

P1040689s

入館料はおとな500円です。

毛利家の家紋に迎えられますが、床を見ると「体育館」です。

P1040713s

ドラマの主役は文(吉田松陰の妹)ですが
やはりドラマとしては、倒幕に身を投じた長州藩のヒーローに
注目が集まりますね。

P1040704s

が・・・私のイチオシはやっぱり・・・

P1040694s

毛利のお殿様(毛利敬親)を演じた 北大路欣也さまでございますheart04
ドラマのセリフでよく聞いた「そうせい」(そう、せよ)は、
ホンモノのお殿様の口癖だったようで「そうせい候」と呼ばれていたとか・・・

肖像権などの関係で写真パネルやサインは撮影禁止。衣装は撮影OKです。

展示内容は、ドラマセットや衣装・・・といつもの展示パターンです。

P1040698s

P1040702s

記念撮影用に小道具も用意されています。

そして、ちょっと面白いアミューズメントがありました。

P1040705s

左の画面で4~5つの質問に答えると、どのタイプが判断してくれます。

その結果、私は・・・

なんと、高杉晋作でございました。
その理由は「自由人」だそうで・・・ある意味納得です(爆)

大河ドラマ館を出た後、広い敷地をぐるり一周。
旅に出れば、普段の何倍も歩けます、私shoe

有備館 (ゆうびかん)

P1040718s

明倫館にあった剣道と槍の道場を移して拡張した施設。

あの坂本龍馬も萩に来た際、この道場で試合をしたともいわれています。

館内には、ボランティアガイドさんがいて説明してくださいます。
閉館時間ギリギリまで見学させていただきました。

P1040722s

長州藩の歴史を感じる史跡が数多く残る萩市内。

 

世界遺産も含めたあの有名な史跡などは翌日のお楽しみにして
宿へ向かいました。

つづく

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから