« UCCコーヒー博物館・カフェとおみやげ | トップページ | サントリー山崎蒸溜所・後編 »

2015年10月21日 (水)

サントリー山崎蒸溜所・前編

---2015年9月中旬に行った内容  別ブログからの再掲載となります---

大阪にある

サントリー山崎蒸溜所

4月に訪ねた北海道(ニッカウヰスキー余市蒸溜所)につづき
ドラマが終わっても「マッサン」ブームがまだまだ私の中で続いております(笑)

大阪駅からJR京都線の快速で約30分。
予想外に小さな駅に驚きました。

P1010075

京都府と大阪府の県(府)境に位置しています。

P1010077

徒歩で10分ほどで蒸溜所に到着します。

P1010079

ここは、寿屋(現.サントリー)が
1923年に国内ではじめて建設したウイスキー蒸溜所。

良質な水に恵まれ、
山と複数の川に囲まれた地形が、霧を発生させることなどが
ウイスキーづくりに適しているということでこの地が選ばれました。

多くの人に見学してもらいたい、と
鉄道沿線であるこの地になったという話が
ドラマで語られていました。
元祖・工場見学ですね。

P1010080

平日というのに予約はいっぱいで、
当日受付は不可のようでした。
(2ヶ月前にしっかり予約しておきました)

入口で受付を済ませると、こちらの建物で見学&待機。

P1010083

資料館やショップが入る建物で、見学ツアーもここから出発します。

ウイスキーや会社の歴史が展示されています。

P1010086

この方が創業者の鳥井信治郎氏

(「マッサン」では、堤真一さん演じる「鴨居の大将」でした)
私の基準は何から何までドラマですcoldsweats01

あっ、これもドラマに登場しましたねwine

P1010085

当時としては、かなり”斬新”な「赤玉ポートワイン」のポスター

そして、ニッカを創業した竹鶴政孝氏(マッサン)も
この蒸溜所にいたことを示す写真も見つけましたeye

興味のある方は、ぜひ自力でさがしてみてくださいませwink

寿屋(サントリー)は、商品開発力や品質もさることながら
CMが圧倒的にうまいということもよくわかる展示です。

P1010091

つい先日、他界された柳原氏のトリスのイラストは
印象的なものでしたね

2階では、歴代のポスターなども引き出して見ることができます。

P1010168

P1010108

展示室から出た吹き抜けには・・・巨大なポッドスチール

P1010170

ポッドスチールの横にはこんな空間がshine

P1010096

これらは、すべてウイスキーの詰まった瓶

P1010100


熟成の年数や素材が異なる瓶を並べると
アートになるんですね~

巨大な樽の中もギャラリーです。

P1010103

ここまではイントロダクション。
いよいよここから蒸溜所の見学スタートです。

40名の定員いっぱいのようですが、
半数以上は多言語用のレシーバーを持った個人参加の外国人の方

P1010109

かなりインターナショナルな雰囲気の中、ガイドツアースタートです。

注)サントリー山崎蒸溜所は、施設改修のため
      2015年11月1日から12月末日まで休業となります。

つづく

« UCCコーヒー博物館・カフェとおみやげ | トップページ | サントリー山崎蒸溜所・後編 »

◆工場見学・社会科見学」カテゴリの記事

├ 見学(お酒・飲料)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/62797461

この記事へのトラックバック一覧です: サントリー山崎蒸溜所・前編:

« UCCコーヒー博物館・カフェとおみやげ | トップページ | サントリー山崎蒸溜所・後編 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから