2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから
無料ブログはココログ

« 日光社寺めぐりの旅5~日光東照宮・前編~ | トップページ | UCCコーヒー博物館・前編 »

2015年9月30日 (水)

日光社寺めぐりの旅6~日光東照宮・後編~

日光社寺めぐりの旅 つづきです。

拝殿を出た後、人の流れの少ないところへ・・・

再び透塀(すきべい)のまわりをぐるり

P1040105s

正面付近は、修復が終わりアクリル板で保護されていましたが、
こちら(唐門の左奥)は、直に見ることができます。

色があせてしまった鳥たちが修復を待っています。
P1040104s

でも修復が終わったらアクリル板で封印されてしまうのでしょう。

このすぐ横に、ひっそりと鎮座しているこちら

P1040097s

本来、陽明門の入口を守っている像が置かれていました。
同じ門番なのに、
風神・雷神に比べて、あまりにも注目されなくて可哀そう(T_T)

拝殿の工事の様子なども展示されています。

P1040099s

社殿側から見た陽明門の工事風景

P1040100s

この角度で撮影したり、工事を楽しんでいるのは私くらい?

その陽明門の中(通過できます)は工事真っ最中ですが・・・

P1040117s

現在、期間限定で公開されている貴重な壁画があります。

それがこちら

P1040116s

東西に羽目板で覆われた壁画があるそうなのですが、
特に西側のものは、215年ぶりに開かれたというもの。

松と鶴がくっきりと描かれているのがわかります。

これらが見られるのは、陽明門の工事の間だけ。
工事完了後は再び羽目板の内側で眠りにつくのです。

東照宮の各所で行われている平成の大修理ですが、
本来6年がかりの予定(平成31年まで)となっていますが、
陽明門は、大幅に工期が短縮されているそうです。

東照宮の建造物でも一番人気ですからね。

陽明門もたしかに素晴らしいですが、
隣接する透塀の彫刻も素晴らしいので、じっくりと。

P1040118s

そして、階段を下ると鳴き龍でおなじみの薬師堂

P1040120s

天井絵に描かれた龍の下で拍子木をたたくと
鈴の音が響くようなきれいな音で反響しますが
少し離れたところからでは、まったく違った音に聞こえるという不思議。

相変わらず、ここも見学者の行列でございました~

余談ですが、こちらは東照宮の拝観券で見学できますが、
本来の管轄は輪王寺だそうです。
複雑に入り組んでいる日光山の境内をあらわしていますね。

薬師堂でいただいた御朱印です。

P_20150922_000019


そして、帰り道にゆっくり見たのが神厩舎(しんきゅうしゃ)

P1040124s

意外にも建物は質素な色合いですが、

「見ざる・聞かざる・言わざる」の三猿の彫刻で有名です。

P1040126s

これだけを見ていく人も多いのですが、
建物を取り囲むように、お猿さんの一生が描かれていますので
ひととおり見てみると楽しいですよ。

そして、広い参道から少し外れて歩いていくと
御仮殿(重要文化財)があります。

P1040135s

ここは、本殿が工事になった場合に一時的にご神体を移す場所。

他の神社のように工事の都度仮殿を建て、お役目終了で壊すわけではなく
ずっとここに仮殿として置かれているのです。
仮とはいえ、全国各地にあるちょっとした東照宮より立派な建物です。

内部も見学することができましたが
実は、これも期間限定ということでラッキーでした。

そして、こちらは今年の春にリニューアルオープンした宝物殿。

P1040138s

ガラス張りの近代的な建物の中にカフェやショップもあります。

2階が展示室になっていて
刀剣や武具、絵巻、書などが展示されています。

また、映像シアターがなかなかの見どころ。
陽明門を特集したものと、家康公の歴史アニメの二本立て。

アニメでは、家康公があまりにも「美少年」に描かれていてビックリ。
正直これは、幼少時代を過ごした静岡で作ってほしかったです。

閉門近くなり、一気に観光客も減ってきましたので
ゆっくりと参道を歩いて駅へ向かいました。

P1040157s

バスでは気づかないこんな石碑も。

そして、神橋(しんきょう)を眺めながら境内を後にしました。

P1040165s

今回、家康公を祀る神社である日光東照宮と
それを造営した孫である家光を祀る輪王寺・大猷院を同時に訪ねました。

いずれも当時の最高の大工や彫刻の職人を集め
すばらしい建築技術を駆使して作られた素晴らしい建物ばかり。
日本人ばかりでなく、多くの外国人が訪れるのもうなずけます。

今回の日光山二社一寺の参詣に要した時間は、約5時間半。
奥社には行っておりませんが、ゆっくり見て回ると半日ちょっとかかります。

近ければ何回にも分けて行きたいところですが、それも叶わず・・・

とはいえ、まだまだ修復工事が続く日光の社寺ですので
工事の進捗も気になって、また行ってしまいそうです(笑)

すでに行ったことがある方も
今しか見られない「限定」がたくさんあるのでオススメです。


日光社寺めぐりの旅 おしまい。

« 日光社寺めぐりの旅5~日光東照宮・前編~ | トップページ | UCCコーヒー博物館・前編 »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(関東・甲信越)」カテゴリの記事

◆世界遺産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/61539748

この記事へのトラックバック一覧です: 日光社寺めぐりの旅6~日光東照宮・後編~:

« 日光社寺めぐりの旅5~日光東照宮・前編~ | トップページ | UCCコーヒー博物館・前編 »