« 妻沼聖天山 前編 | トップページ | 家康公生誕の地めぐり1~大樹寺~ »

2015年7月17日 (金)

妻沼聖天山 後編

埼玉県熊谷市にある寺院
妻沼聖天山(めぬましょうてんざん) つづきです。

いよいよ国宝の拝殿の間近へ(塀の内側へ入場)


P1030334s

鮮やかな装飾が施されているのは、
一番奥にあるご本尊の歓喜天が祀られている奥殿の側面になります。

こちらは、奥殿と拝殿をつなぐ相の間の側面

P1030335s

べんがらの塗りの花頭窓(かとうまど)は、はじめてお目にかかりました。

寺院らしい落ち着いた雰囲気から
棟続きで極彩色の壁面に一気に変わります。

P1030340s

建物はさほど大きくないのですが、
軒下から壁面、脚部まで余すところなく装飾が施されているので
圧倒されてしまいます。

P1030347s_2

特に壁面の彫刻は、今にも人や動物たちが飛び出してきそうな立体感。

P1030349s_2

動植物の他に、七福神が囲碁を打つ風景や
中国故事にちなんださまざまな彫刻が見られます。

P1030353s

P1030355s

あちらこちらに目移りしてしまい、
ピンポイント的に写真に収めるのは難しいですねwobbly

ガイドの方が、それぞれの絵の意味を丁寧に説明してくれましたが
点数が多いのと、カメラとの格闘で・・・バタバタでしたhappy02

これらの彫刻は、地元の名工・林兵庫清正から子の代まで継がれる形で
40数年かかったといわれています。


じっくり外側を見学した後は、拝殿の内部もお詣りしてきました。

P1030374s

残念ながら内部の写真はありませんが・・・
高野山を本山とする天台宗のお寺です。

また、ご本尊は秘仏となっていて直接拝むことはできないそうです。

ここを訪ねる直前まで、このようなお寺があることすら知らなかったのですが
塗り替えられたばかりの鮮やかな社殿が見られたのはラッキーでした。

それにしても、
静岡県からの日帰りバスツアーは、なかなかハードでございました。
静岡からなら、日光などと合わせて宿泊ツアーで行きたいものです。

« 妻沼聖天山 前編 | トップページ | 家康公生誕の地めぐり1~大樹寺~ »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(関東・甲信越)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/60718991

この記事へのトラックバック一覧です: 妻沼聖天山 後編:

« 妻沼聖天山 前編 | トップページ | 家康公生誕の地めぐり1~大樹寺~ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから