2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから
無料ブログはココログ

« 明宝ハム工場見学 | トップページ | 食品サンプルづくり体験 »

2015年3月 3日 (火)

ブリヂストンTODAY

ブリヂストンTODAY

東京・小平市にある
日本最大のタイヤメーカー・ブリヂストンの企業博物館です。
(2015年12月に訪問しました)

P1010711s

ここには博物館の他、技術研究棟などが入っています。

ブリヂストンの社名は、
創業者の石橋氏の姓(英語でStone Bridge を逆にした)が由来というのは
有名なお話。

創業者のパネルとカラフルな「夢の車」が迎えてくれました。

P1010686s

会社の歴史を紹介するパネル

P1010710s

団体での訪問でしたので、
館内は、初老のガイドさんたちが案内してくださいました。

最初に向ったのは、なんと地下。

そこにあるのは「タイヤ」ではなく・・・免震ゴム の見学です。

P1010690s

ビルの耐震のための免震装置については、
テレビで見たりしたことはありましたが、実際に見るのははじめて。

P1010692s

これは展示品ではなく、このビルを支える実物なのです。

ここにゴムの技術が使われていたのです。
耐用年数は60年近くと聞いてさらに驚きました。

今回、工場見学ではなかったのですが、
これだけで「舞台の裏側」的気分が味わえご満悦な私happy01

続いてメインフロアに向います。
普通の人々はこの先で感激すると思うのですが・・・(笑)

F1のテストカー

P1010701s

F1のことはほとんど知らない私ですが
レーシングカーにブリヂストンのロゴがあったのは記憶していますscissors

2010年に最後にスポンサーからは撤退したそうですが、
現在も一部協力という形で参加しているのだそうです。

近くで見ると表面に溝のないタイヤに驚きます。
そんなタイヤで、超スピードで走るなんて危険すぎやしませんかimpact

しかし、さらに驚いたのはこれ。
左上と右下のタイヤはレース後のタイヤ

P1010703s

過酷な環境にゴムがドロドロに融けてしまった状態ですshock

タイヤの基礎知識コーナーでは
タイヤの原材料や構造、そしてさまざまな乗り物のタイヤが見られます。

P1010705s

ここで、製造上一番大きいタイヤというのを紹介していましたが
大きすぎて実物の一部の展示となっていました。

多分、原寸展示はこれだと思います。

P1070484s

チリの鉱山で使われていた300トンダンプ (石川県小松市 こまつの杜にて) 

たしか、「ブリヂストン製」と説明を伺いました。1本500万円だとかbleah


そして、こちらも私のライブラリーにありましたcamera

Img_6000s

(全日空羽田整備工場にて)
飛行機のタイヤは思ったほど大きくなく、溝も案外シンプルです。

2階フロアは、
タイヤ開発の道のりや、開発についての展示です。

P1010695s

そして、もうひとつ
タイヤではありませんが、ブリヂストンが開発に貢献したのがこちら。

P1010696s

イルカの「ふじ」の人工尾びれです。

病気で尾びれが壊死してしまったふじが、
伊豆から沖縄に移送され、人工尾びれプロジェクトが立ち上がるという
ドキュメントが10年ほど前にテレビ放映されました。

その直後くらいに沖縄の美ら海水族館に行った私は
人工尾びれをつけてデビュー直前のふじを見て感動したのを覚えています。

人工尾びれのおかげで
10年近くも水族館で現役生活を送り、多くの人々を楽しませてくれたふじですが
残念ながら、つい最近その生涯を閉じました。


タイヤだけでなく、建物そして人類・生物にいたるまで
素晴らしい技術が研究・応用されているのですね。

私も毎日乗る車には、最大限の安全を求めて
ブリヂストンのタイヤをご愛用中heart02です。

いろいろな企業博物館や工場を見てきましたが
見れば見るほど日本の技術力の高さを誇りに思うのです。
だから工場&企業見学はやめられないのです。


【ももよろず日記関連記事】
pencilこまつの杜 (2011.10) 記事はこちら
pencilANA機体工場見学(2010.8) 記事はこちら

« 明宝ハム工場見学 | トップページ | 食品サンプルづくり体験 »

◆工場見学・社会科見学」カテゴリの記事

├ 見学(輸送機器・運輸)」カテゴリの記事

◆ミュージアム」カテゴリの記事

コメント

中学、高校は佐賀県の鳥栖に居たのですが、その隣の久留米市がブリジストン発祥の地です。 久留米市内にブリジストン美術館があり、バラ園が整備されていて、去年の6月にもバラを見に立ち寄ってきました。 そうそう、東京の京橋にも美術館があり、石橋家が所有していた絵画、彫刻などが飾られています。 個人で所有していると、莫大な相続税の対象になってしまうので、美術館の所有にするんですね。 莫大な資産でしょうネ~!

> サヌ・ヒロ さま

ブリヂストン発祥の地・久留米のことは、この博物館で知りました。
(立派なパンフレットをいただいてきました)

美術館やホール、迎賓館のほか、大学もあるんですね~
偉大なる「ブリヂストン王国」の久留米をぜひ訪ねてみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/59007342

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストンTODAY:

« 明宝ハム工場見学 | トップページ | 食品サンプルづくり体験 »