2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから
無料ブログはココログ

« 旧八百津発電所 | トップページ | 博物館・明治村 その2 »

2015年2月 8日 (日)

博物館・明治村 その1

昨年10月に訪ねた愛知県・明治村のレポートです。

明治村は、明治時代に建築された旧役所や学校、病院などの
公共施設を中心に建物約60棟が移築されています。

明治村に行くのは3~4回目になりますが、イメージとしては
「派手なアトラクションのないテーマパーク」か
「建物がいっぱある公園」といった存在でしたが・・・

P1000823s

年を重ねて訪ねてみると、ここは博物館だということが
よ~くわかったのでした。(正式名称も「博物館・明治村」)

さらに私のマイブームといえる
レトロ建築と重要文化財の宝庫shine ではありませんかheart03

その広さは約100万平方メートル(東京ドーム21個分)だそうです。
日頃の運動不足解消denimにも最適。


今回は団体で行ったためボランティアガイドさんがつき
限られた時間で、効率よく巡ることができました。

そんな中からたどった足跡と記憶に残る建物を。

三重県庁舎(重要文化財)

P1000828s

明治12(1879)-昭和39(1964)年まで使用されていた擬洋風建築の建物
入村して最初に見る大きな建造物なので、記憶に残ります。

鉄道局新橋工場

P1000830s

内部には、明治天皇・昭憲皇太后御料車が展示されています。

ちょうど御料車の内部公開をしている期間でしたが
順番待ちしている余裕はなくて断念weep


村内は、1丁目から5丁目に区分けされています。

1丁目から2丁目に入ると、レンガ通り沿い
重要文化財の札幌電話交換局や東松家住宅が並んでいます。

明治時代にタイムスリップできそうな空間です。

P1000963s

建物の内部を見学できるものや
貸衣裳屋さん、飲食店などになっているものもあります。


村内には電車やバスが走っていて、利用できます(有料)

市電 京都七条駅

P1000845s

「京都市電のりば」はテレビで見たことある!

一昨年のNHK朝ドラ「ごちそうさん」で、
杏さんの演ずるめ以子が通学に利用していました。
これがテレビで映った時に、私はピピっと「明治村」だとわかりましたよ~scissors

東出昌大さん演ずる「通天閣」こと悠太郎と会うのもここ。
今年はお二人がご結婚されてハッピースポットheart02になりそうですね~
この他にも、明治村はロケ地としてもよく使われています。

私が訪ねた時は、入口に
「ごちそうさん」「花子とアン」のロケ地マップが用意されていましたよ。


4丁目に入ると

第四高等学校武術道場「無声堂」

P1000849s

大正6(1917)年に金沢市に建てられたもの。

ロケ地としては、「ごちそうさん」の悠太郎が剣道の試合をした道場です。

鉄道寮新橋工場(機械館)

P1000862s

内部は、織機や発電機など近代産業化で重要な役割を果たした機械がずらり。

世界遺産になった富岡製糸場で使われていた機械のいくつかも展示されています。

P1000856s


さらに進んでいくと、正面が丸い建物が見えてきます。


宇治山田郵便局舎(重要文化財)

P1000864s

明治42(1909)年に、伊勢神宮の外宮前に建てられた建物です。
現在内部には、昔のポストたちが年代順に並んでいます。
この郵便局以外にも、建物に関連した資料が展示してある施設も
いくつかあります。

また、ここは現役の郵便局でもあり
ここで送った書簡は、10年後に指定した住所へ届けてくれるサービスも
行っています。

P1000865s


つくば万博(1985年)の時に同様のサービスがあり
「2000年の自分あて」を出した記憶あります、私。
届いた時には、懐かしいというより超~恥ずかしかったんですけどcoldsweats02

ここまでで、約40分ほどです。

またまた長くなりそうです・・・   つづく

« 旧八百津発電所 | トップページ | 博物館・明治村 その2 »

◆ レトロ建築・文化財(明治以降~)」カテゴリの記事

├ レトロ建築(中部・北陸)」カテゴリの記事

◆ミュージアム」カテゴリの記事

コメント

私が明治村を訪ねたのは、まだ旅行屋さんをしていた若い頃なので、45年程前のことです。
東京の読売旅行本社で募集した会員さん42名を、添乗員として訪れました。

岐阜バスは補助席が無いので…と、念のため前日車庫へ電話して、45名の観光バスを確認しておいたのに、名古屋で新幹線を降りてみると、40人乗りのバスが迎えに来ていたのです。 当然、2名のお客様と私の席が無く、急遽くコース変更して明治村へ直行、タクシーを一台頼んで、バスと一緒に走ってもらいました。 

お客様が明治村で見学していただいている間に、45人乗りの観光バスに交換する…という苦肉の策で切り抜けたことがあります。  フウ~!

そんなことから、入口近くの建物くらいしか見ていない私です。 

> サヌ・ヒロ さま

苦い思い出のある明治村なんですね。
「補助席」・・・今ではあまり聞かなくなりましたが
子どもの頃の遠足では、意外にも人気の席でしたね(笑)

いずれにしてもツアーでは、この広さでは慌ただしく行き来することに
なるかと思います。
個人でじっくり時間をとって行きたいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/58694006

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館・明治村 その1:

« 旧八百津発電所 | トップページ | 博物館・明治村 その2 »