« 小江戸・川越散策 その1 | トップページ | 小江戸・川越散策 その3~喜多院~ »

2014年10月 7日 (火)

小江戸・川越散策 その2

8月に訪ねた小江戸・川越散策のつづきです。

江戸情緒を残す蔵づくりの街並みを南へ進むと
和風建築の中にそびえる、西洋風な建物が目に飛び込んできます。

埼玉りそな銀行 川越支店

P1000080s

現在も営業中のこの建物は、
第八十五銀行本店として大正7(1918)年に建築されたもので
国の登録有形文化財に指定されています。

P1000101s

レトロな雰囲気が漂う和洋折衷な空間も

P1000085ss

P1000100s

アメリカの西部劇にでも出てきそうな雰囲気の建物です。

さらにこちらも登録有形文化財の
川越商工会議所

P1000087s

P1000092s

ギリシャ神殿風の重厚感あるつくりは、
日本橋にある三井本館のミニサイズにした感じ?
こちらも現役で営業中でした。

レトロ建築三昧な街並みを楽しんだ後は
暑さにもめげずsweat01、来た道を引き返し・・・denim

川越まつり会館のディスプレイをちらりと見ながらその横を通り抜け

P1000108s

町名が書かれた提灯が並んでいます。

菓子屋横丁へ突入~

P1000109s

かつては、この一角に駄菓子を製造・販売するお店が
70軒以上あったとか。

現在は20軒ほどだそうですが、歴史の長そうなお店も現役です。

P1000110s

駄菓子を見るとワクワクするのですが
今回の旅は、都内の地下鉄を経由してきているので買えませんhappy02
車だったら、絶対「大人買い」していたと思います(笑)

駄菓子は買い控えましたが、
川越の名物でもあるサツマイモのお菓子をちょぴり買いました。

1時間ほど街の散策を楽しんで、駅に向かいます。

しかし、これだけでは物足りません。御殿も休館だったし・・・

というわけで、観光案内所に向かい情報収集をして
再び駅からバスに乗って名刹・喜多院に向かうことにしました。

P1000118s

私には珍しく、かなり「行き当たりばったり」的な旅ですhappy02

つづく

« 小江戸・川越散策 その1 | トップページ | 小江戸・川越散策 その3~喜多院~ »

◆ レトロ建築・文化財(明治以降~)」カテゴリの記事

├ レトロ建築(関東・甲信越)」カテゴリの記事

コメント

駄菓子屋さんの横丁、私も行ったことがあります、懐かしいですよネ!

尤も、私が川越を歩いたのは、もう5~6年も前、暑い時期で、汗をかきながら歩きました。

昔を偲ばせる古い建物だけでも絵になりますね~。

> サヌ・ヒロ さま

はじめて訪れるまちでしたので、何もかもが新鮮でした。

近年は、こうした「古き良き街並み」を残すことに価値が出てきましたね。

まだまだ全国、こうした町を探し求めて歩きたいです。

山と渓谷社から「日本の町並み」という本が出版されています。 定価2,000円+税という少し高い本ですが、「重要伝統的建造物群保存地区」の全てが収録されて、大きな写真と地図が入っていて、私にはとても重宝な本で、それを事前に観て、あちこち訪ねています。

> サヌ・ヒロ さま

情報ありがとうございます。早速さがしてみたいと思います。

また、行きたいところが一気に増えそうです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/57592035

この記事へのトラックバック一覧です: 小江戸・川越散策 その2:

« 小江戸・川越散策 その1 | トップページ | 小江戸・川越散策 その3~喜多院~ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから