2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから
無料ブログはココログ

« 夏の京都旅2~京都迎賓館・後編~ | トップページ | 夏の京都旅4~鞍馬寺・前編~ »

2014年8月15日 (金)

夏の京都旅3~下鴨神社~

夏の京都旅 続きです。

先に京都迎賓館を記事にしましたが、
実は1泊2日の旅のスタートはこちらでした。

(一度だけ行って、懲りるほどの暑さを経験した私は)
「猛暑」「酷暑」「灼熱」sunどんな状況でも耐えられそうな
ちょっとでも涼しいところを巡ろうと知恵を絞りましたよthink

そして、夏や冬には、期間限定の文化財公開があるので
こちらもチェックしたところ、まさにぴったりなのがここでした。

下鴨神社

下鴨神社は、世界文化遺産(古都京都の文化財)であり、
国宝の本殿を有する京都でも歴史の古い神社です。

P1030309s

正式には、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)といい、
祀られているのは
父の賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)
娘の玉依媛命(たまよりひめのみこと)

御祖とは「親」という意味ですが、
上賀茂神社に祀られている別雷神(わけいかづちのかみ)の
母親にあたるのが玉依媛命であることから「親のいる」神社なのだそうです。

縁結びや五穀豊穣、安全祈願などにご利益があり
上賀茂神社とあわせて、葵まつりでも有名な神社です。

この先糺の森(ただすのもり)を通って拝殿に向かいます。

P1030307s

参道は、清々しい緑に囲まれています。
日曜日というのに、観光地の京都とは思えない空間でした。
そして、ここは木々の緑のおかげでとても涼しいのです。(曇りでしたcloud

P1030258s

これだけでも十分にパワーがいただけた気分good

鮮やかな朱塗りの楼門

P1030272s

舞殿

P1030273s

楼門や舞殿には、たくさんの提灯が吊り下げられていました。
また、すぐ横では結婚式の新郎・新婦さんが写真撮影中でしたよheart02

京都のみならず全国的から結婚式を挙げる人が来る人気の神社です。

この奥に拝殿があります

P1030275s

拝殿の手前には、十二支の神様がお祀りしてあり
ご自身の干支、家族の干支・・・と順番にまわるひとも。

P1030278s

写真の右側奥に国宝の本殿があります(直接見ることはできません)

境内のいたるところに案内がありましたが、来年(平成27年)
下鴨神社では、21年に一度の式年遷宮が行われます。

P1030263s

伊勢神宮の行事で、遷宮という言葉も知られるようになりましたが
(伊勢神宮では隣の敷地にすべてを新しいものへ造り替えます)
ここでは、本殿が国宝に指定されているため(取り壊しが行えず)
修復のみとなるそうです。

お詣りが終わって、受付で料金(600円)を支払い
拝殿向かって左側へ入ります。

入ってすぐに三井社(みついしゃ)
独特な形でお社が配置されています。

P1030296s

このエリアは撮影禁止なので、外にあった案内板にて

ここで、ボランティアガイドさんから神社の歴史などを
わかりやすく説明していただきました。

そして、今回特別公開となる大炊殿(おおいでん)へ

P1030285s

字の通り、神様にお供えする食事をつくる施設(跡)です。

内部には、かまどが残っていました。
また、使われる食器や食材などの様子もわかりやすく展示されています。

P1030288s

この建物のすぐ近くにあったのがパワースポットといわれるこちら。
水ごしらへ場といわれ、神様が御降臨する場所なのだそうです。

P1030281s

ガイドさんも「テレビで放送されて一躍有名になったけど・・・」と
戸惑っていました。

パワースポットだと感じるところは人それぞれですね。
私個人的には、やっぱり緑に囲まれた糺の森の雰囲気が好きですhappy01

大炊殿を出て、神服殿(しんぷくでん)へ

こちらは、拝観の前に通った建物でした。
(外観は見えますが、内部は特別公開時のみ有料で見学可能)

P1030274s

黒白の幕がかかっていて「えっ?」思いましたが、
本来、黒と白の幕というのは格式が高く、慶事にも使われる色なのだそうです。
(皇室の水引の色に関する説明もしていただき、大変勉強になりました)

内部は神職の人の着る服(夏・冬)を縫製する建物でした。
また、その一室は天皇の行幸の際の御座所となっています。
かつては「避難所」でもあった建物だそうで、
御所が火災や騒乱などで天皇の身に危険が生じると、ここに避難されたそうです。

丁寧に説明をしていただき、満足して神社を後にしたところに
いい感じでお休み処がhappy01

P1030300s

という文字につられました~penguin
さらさらのくちどけの氷室(ひむろ)の氷 美味しかったですheart04

P1030302s

こちらは抹茶小豆ですが、私がいただいたのは黒蜜白玉でした。

そして、糺の森の中には女性に人気の神社がもうひとつあります。

河合神社

P1030250s

独特の絵馬は、
美しくな~れというお願いをこめて・・・(もう今さらムリか?私は)

P1030246s

というわけで、絵馬じゃなくて、御朱印をいただいてまいりましたとさhappy02

P1000962

下鴨神社の御朱印

P1000960

どちらも二葉葵(フタバアオイ)の神紋がついています。
(徳川の三つ葉葵はこれを起源にしています)

続いて、鞍馬へ向かいますtrain

pc下鴨神社 
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

pc京都市観光協会(キャンペーンなど)
https://www.kyokanko.or.jp/

« 夏の京都旅2~京都迎賓館・後編~ | トップページ | 夏の京都旅4~鞍馬寺・前編~ »

◆寺社めぐり・御朱印」カテゴリの記事

├ 寺社(近畿)」カテゴリの記事

◆世界遺産」カテゴリの記事

コメント

詳細を忘れてしまう程の昔に「下鴨神社」のお参りに行ったことがあります。 

私も、緑に包まれた「糺の森」だけはしっかり覚えています。 秋になると紅葉が綺麗だろうなと思いながら歩き、そのままですが…。

二つともに、貴重な機会に行かれましたネ!

> サヌ・ヒロ さま

紅葉は人気だそうですよ。
森の中にある木々なので、色づきが京都市内の紅葉より遅いのだそうです。

しかし緑の中の散策も十分に素晴らしかったですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/57066216

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の京都旅3~下鴨神社~:

« 夏の京都旅2~京都迎賓館・後編~ | トップページ | 夏の京都旅4~鞍馬寺・前編~ »