« 大阪造幣局工場見学・前編 | トップページ | 大阪造幣局造幣博物館 »

2014年7月 6日 (日)

大阪造幣局工場見学・後編

大阪造幣局工場見学 続きです。

工場内のエレベーターで何階だっけ?(行ったり来たりで迷宮)
最初にみるのは圧穿(あっせん)という作業

造幣局では、金属を溶かして原料となる金属板を作るところから
作業を行うのですが
ここ大阪では、その作業は行われていませんので
この圧穿が最初の工程になっています。

ロール状になった金属板を伸ばして、円の形に抜いていきます。

P1030008s

下の写真 中央のロールが金属板です。巨大ガムテープのようです。

P1030009s


ガラスのむこうでは金属を打ち抜いているので相当の音だとか。
しかし、見学用の通路は、よほど防音してあるのか静かです。

そして、見学通路からは実際に機械が動いている詳細までは
肉眼ではなかなか見えません。

のちに、博物館に展示されていたものが見られました

P1030062s


次の工程は圧縁(あつえん)

模様をつけやすくするために、周囲に縁をつける作業です。

P1030012s

加熱してやわらかくします。

P1030013s

この工場、看板からもわかるように
外国の見学者にも公開していることに正直驚きました。

ここまでの工程を終えると、
模様をつけるために下準備として洗浄と乾燥が行われます。

P1030014s

そして、このあといよいよ貨幣製造のクライマックス
圧印(あついん)工程へ

なんと、表裏、さらには周囲のギザギザまで一気につけるのだそう。
その数、1分間に・・・あれ?何枚だっけ? かなり速いそうです(笑)

実際に触ることはできませんが(残念・・・)
できたての貨幣をガラス越しに見ることができます。

圧印前と後の5円玉

P1030026s

これが、模様を出すための「極印」といわれる型

P1030023s

職員の中でもこの製造工程エリアに入れる人は限られ
出入りには厳しいチェックがあるのだそうです。
完全オートメーション化で、工場内の人は多くありません。

検査の済んだ貨幣は、計数袋詰めの工程へ

P1030017s

出来立てホヤホヤの硬貨がジャリジャリと運ばれていきます。
この日は、たしか100円か50円を作っていたのですが、
この一瞬でいくら流れていくのでしょう?

P1030018s

硬貨はこんな袋に入れて運ばれます。
袋を閉じる封緘(ふうかん)具は、色分けされています。

P1030031s

一番重いのは100円玉の袋。4000枚入り(40万円)で、20kg近くあるそうです。

こちらは、運搬用のロボット

P1030035s

この日は、奥で作業中のため
手前のロボットは荷物なしのデモンストレーションとなりました。

これにて、製造工程の見学は終了です。
ひとつひとつの作業は、肉眼ではなかなか見られませんが、
見学通路にはモニターも用意されていたり、途中工程のものが展示され
作業がわかりやすく解説されています。

工場見学後は、通路をそのまま伝って
造幣博物館の見学に向かいます。

つづく





ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックをお願いします
confident

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

« 大阪造幣局工場見学・前編 | トップページ | 大阪造幣局造幣博物館 »

◆工場見学・社会科見学」カテゴリの記事

コメント

何だか面白そうですネ~! 今度機会があったら私も…。

一枚もお土産をくれないんですか? せめて500円一枚くらいでも…。 アハハ!

> サヌ・ヒロ さま

製造工程を見ていると、1枚くらい・・・と思ってしまいますよね~bleah

桜を見に行く方は多い造幣局ですが
工場見学に行かれたという方は、私の周囲もほとんどいません。

レアな工場見学かも~good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/56649839

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪造幣局工場見学・後編:

« 大阪造幣局工場見学・前編 | トップページ | 大阪造幣局造幣博物館 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから