« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

小布施おいしい旅 その2

小布施の旅 おみやげ編です。

食べ歩きに時間がかけられなかったため
これは、と思うものを買い込んできた中で美味しかったものを
ご紹介します。


どら焼山(竹風堂)

P1000065

このどら焼きは小豆餡ではなく、栗餡なので
甘さがしつこくないのが私のイチオシgood

正直なところ、
小豆の粒あんたっぷりなどら焼きは得意ではないのですが
このどら焼きだけは別格。1個丸ごとペロリといけます。

予想外だったのは、栗がまるごとではなかったこと。
粒々感を残しながら食べやすいサイズに切ったものが
中心に入っていますが、歯ごたえはしっかりです。


生栗らくがん『くりは奈』 (小布施堂)

P1000058

落雁大好きな私heart04
もちろん、小布施でもいろいろ落雁は買いました。

あのポリポリっとした食感が「落雁らしさ」なのですが
これは異色のしっとり感なのです。
噛まずに口の中でほろっと溶ける感覚がGoodgood

小布施の落雁の多くは
赤えんどうを原料にして作られているのですが、
これは栗を使っているので、栗の風味がしっかりでした。

栗という文字をかたどっているのもオシャレです。



洋菓子 『小布施浪漫』 『メロウクッキー』
(桜井甘精堂)

羊羹がずらりと並ぶショーケースの隅で見つけた洋菓子たち。
(店頭ではバラ売りもあります)

P1000066

P1000070_2

マロンダックワーズの『小布施浪漫』は
卵白を使ったフワッとした生地の中に
バタークリームのような感じのマロンクリームが入っています。
マカロンのホロッとした感覚を連想させるお菓子です。

『メロウクッキー』は
カントリーマアムをもっとしっとりさせたような生地に
薄いながらもしっかりマロンクリームが入っています。

こちらも栗の存在感をほんのり感じさせながらも
甘すぎないところが私好みなのでした。
1枚でもリッチな気分になれるクッキーでした。


ここまでの内容を読んで、小布施といえば羊羹でしょ!
お思いの方・・・

ごめんなさいm(__)m
実は私、超甘党ではないので羊羹や栗かのこが苦手なのです。
(というか、そもそも小豆の粒が苦手coldsweats02

それでも、有名な栗羊羹をひとくちいただいてみました。

小豆の羊羹に比べると、若干食べやすい感じです。
でも、やっぱり私の口には甘すぎたかな?

子どもの頃は、たい焼きすら食べられなかった私。
随分進歩したとは思うんですけどね coldsweats01


今回訪ねてみて思ったのは
小布施は、甘党にとってはたまらない和風スイーツ天国。
しかし、私のように甘党ではなくても
まち歩きや、美術館めぐり、そして甘すぎないグルメも楽しめる
魅力いっぱいの町なのでした。


小布施へは、ETC利用車ならば
上信越道の小布施パーキングエリアから出入することができ、
アクセスも便利です。(中心部へは車で10分ほど)

P1070389

高速道路上から見える千曲川の桜が圧巻だそうで
次は桜の季節に行ってみたくなりました~

次回は群馬編に続きます。

2013年10月27日 (日)

小布施おいしい旅 その1

旅は買い物よりも観光・・・な私ですが
先日の長野・小布施の旅では
見たかった観光スポットを省略してもお買い物をしたくなるほど
テンションがあがってしまいました。

長野市の西北にある小布施町(おぶせちょう)は
大きくて甘い栗が収穫できることから栗の町として
また、葛飾北斎ゆかりの地としても観光スポットが点在。

観光の中心となる場所は、
歴史のありそうな古い建物や老舗が立ち並び、
ガチャガチャした雰囲気がなく、しっとり落ち着いています。

P1070372

買い物中心なら半径200メートルくらいの範囲に
お店が集中しているので、散策しやすくなっています。

車があれば、周辺の寺院や美術館などもあわせて
観光しやすいかと思います(今回は行けてませんが・・・)

そんな小布施でであったおいしいもの。
まずは、現地で食べたお食事&おやつ編

栗おこわ(竹風堂)

はっきり言って、これを食べるために小布施まで行きました。
平日でしたので20分ほどで席につくことができラッキー。
すでに新栗のシーズンになっていて、味わうことができました。

P1070363


いただいたのは、山里(やまざと)定食
栗もおいしかったのですが、もち米の食感&風味が絶妙。
むかごの和え物や山菜の煮物も美味でした。

P1070373

(事前予約はできませんが)
当日、受付カウンターで予約をすれば
呼ばれるまでのおおよその時間がわかりますので
その間、近くを散策することも可能です。

P1070375

こちらの階段またはエレベーターで2階のお食事処へ

先にメニューも決めておくので、席についてからは
とてもスムーズに食事をすることができましたよ。

折詰のお持ち帰りや冷凍の通販もあります。

1階が和菓子や栗おこわが買えるショップ。
2階がおこわ定食をいただけるお食事処。
隣には、ジェラートの専門店もあります。

栗アイス(小布施堂)

カップに入ったタイプもありましたが
やっぱりその場でいただくならコーンで。

P1070378

栗の粒々感がぜいたくすぎlovely
これで350円ですから
その辺のソフトクリームより随分オトクなのです。

小布施堂は、名前のとおりこの町を代表する老舗ですが
和菓子の本店を中心に、レストランや旅館、カフェなど
系列のお店がこの一帯に集中しています。

小布施堂本店の横の道を入ったところにある
イタリアンレストランの傘風楼(さんぷうろう)の入口左手に
アイスクリームのカウンターがあります。

外のテラス席にゆっくり座っていただくことができます。

P1070376

その向かいには葛飾北斎の美術館「北斎館」があります。

P1070381

またいつか時間を作って、観光も楽しみたいと思います。

おみやげ編に続きます。

2013年10月13日 (日)

遠江国一宮・事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)

つい先週、伊勢神宮で20年に一度の式年遷宮が行われました。
このタイミングなら全国どこの神様もリフレッシュしていそうな感じです。

そんなわけで、近場でパワースポットして有名になったこちらへ。

事任八幡宮

ことのままはちまんぐうと読みます。

掛川市にある神社です。

「願いが『言のまま』に叶う」神社として信仰され
近年、人気のパワースポットなのです。

己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)を主祭神とし
この他にもいくつかの神様をお祀りしています。

歴史はかなり古い神社ですが創建は不明。
道路をはさんだ(歩道橋の向かい)の山に鎮座していた神様を
西暦800年頃には現在の場所に遷宮したそうです。

枕草子などの古い文献にも登場し、
さらには、徳川時代には二代将軍・秀忠が門の造営に関わっているなど
長い長い歴史が詰まった神社です。

本来の表参道となるのはこちら(旧 国道側から)ですが

P1070115s

駐車場を利用すると、こちらの鳥居から入るのが近道。

P1070123s

まだできたばかりの新しい鳥居shineでした。

境内に入ってすぐに目に入ってくるのが大きな楠の木。
高さは31mほどあるそうです。

P1070121s

P1070117s

幹回りもどっしりしていますが、枝葉の広げ方がすごい!

幹に触ってパワーをもらう方が多いようですが、
私はこうやって見上げると、この光の隙間から良いパワーが
降ってきそうな感じがします。(あくまでも私の感覚coldsweats01

楠の木の横の鳥居を抜け、階段を上がると本殿です。

P1070120s

全体に小さな境内で、お社もこじんまりしています。

こちらでお詣りをしたあと、その東側にまわると
ここにも立派な大木があります。

P1070107s

ご神木の杉です。
楠の木よりさらに高い36.5m。天に向かってまっすぐに伸びています。

これらの緑の空間にいるだけで、清々しい気分になります。


そのまま、ぐるりと境内を一周してみました。

本殿の西側には、五社神社、稲荷神社、金比羅神社があります。

P1070111s

P1070112s

さらにその脇の木の歩道を登ります
(距離は短いのですが足元が悪いので健脚向け)

P1070113s

写真はありませんが、
このすぐ先には、本宮遙拝所が設けられていました。

というのも、もともとこの神社の本宮は別の場所(山)にありましたが
西暦800年頃には、現在の場所に遷されたそうです。

その本宮山には、すぐ脇を通る県道(旧国道1号線)にかかる
赤茶色の歩道橋を渡ると行けるそうです。
(「そうです」ということで、そこまで行けませんでしたが・・・)

本宮山には登らなかったものの
駐車場で気になる看板があったのでそちらへdenim

駐車場脇の道を少し歩いていくと
「ことどひ(語らい)の里」という場所にたどりつきます。

P1070130s

ここは、川が流れるちょっとした憩いの空間のようです。
龍神社という小さなお社も見えました。
(「ようです」ということは、やっぱりそこまでたどりついていないcoldsweats02

なんとも中途半端な散策になってしまったのには理由が・・・

実は、看板に「奥津城」と書いてあったので
城跡が見られると思っていってみたのですが、
どうやらそちらは墓地になっているようで・・・見つけられませんでした。

境内はこじんまりしていますが
本宮山やことどひの里まで歩いたら、かなりのいい運動になりそうでした。

駐車場からは、秋らしいこんな風景も。

P1070126s

すぐ近くに掛川バイパスが通っています。
奥に見えるのは、道の駅「掛川」です。

またパワー不足になったらゆっくり訪ねてみようと思います。
そして、次回はぜひ本宮山にも登ってみたいです。

御朱印は、駐車場側の鳥居をくぐってすぐ右側にある
社務所にていただけます。

P1000018


事任八幡宮は遠江国一宮という社格(分類)ですが
森町・小國(おくに)神社も同様の社格となっています。


【ももよろず日記関連記事】
pencil早春の小国神社(2010.2.15) こちら
pencil小国神社の新緑(2011.5.10) こちら




ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから