« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月22日 (木)

キリンビール名古屋工場見学・前編

この夏の休暇は
あまりにも酷暑なのでビール工場に行ってきましたsign01

3年前に、アサヒビールに続いて今回はキリンです。

キリンビール名古屋工場は
名古屋のお隣・清須市にあり、名古屋駅からは各停で一駅。

枇杷島駅西口には送迎バスが来てくれます。

P1060597s

バスで10分ほどで工場に到着。
--夏場は徒歩はおすすめしません--

キリンビアパークには、工場見学コースとレストランがあり
土日も営業しています。(月曜定休)

P1060598s

建物の入口は、さすが名古屋・金シャチがお出迎えです。

P1060600s

エントランスで受付をし、見学スタートまでの待ち時間には
予備知識を学べるパネルや
写真撮影できるトリックアートもあり楽しめます。

P1060603s

P1060604s

見学ツアーの定員は35名(1時間毎に開催)、いよいよ出発です。
所要時間は70分です。

P1060607s

みんなが見上げているエスカレーターの上は
最近まで使われていた仕込み釜が組み込まれ展示されています。

まず工場の概略と見学コースの紹介です。

P1060612s

案内係の方はサッカー日本代表のTシャツ姿。
レストランも含め、スタッフさんたちはブルーとイエローのユニフォームで
接客してくださいます。

工場見学にはめずらしく写真撮影も自由なのがGoodgood

最初のレクチャーは原料紹介。
麦とホップを実際手に取って確認します。

P1060613s

合成映像を使った植物の成長も見られます

P1060614s

続いて仕込みの段階へ。

壁は真っ暗でしたが、
照明がついて仕込釜のある工場内部がちょっとだけ見られます。

それが終わると、今度は材料を混ぜて煮込んだ
発酵前の甘い麦汁(仕込液)の試飲です。


P1060615s

お世辞にもおいしいものではありませんでしたが
(気の抜けたビールをちょっと甘く味付けした感じ)
これを飲めば「発酵」の重要性がよ~くわかります。

このあと、発酵タンク→貯蔵タンクで寝かされて
ビールはおいしくなるのです。

P1060623s

移動途中に外に目をやると大きな貯蔵タンクが並んでいます。

P1060617s

ゴールドとシルバーに塗られたタンクは名古屋のみだそうで
巨大ビールに見えて、おいしそう~

このタンク1本のビールをひとりで飲み干すには
毎日缶ビール1本ペースで飲むと4000年かかるとか・・・

そんな巨大タンクがどのくらい大きいかというと

P1060619s

このトンネルがタンクをイメージした全長23メートル。
「ビールの中で泳いでいる気分になってくださいね~」と言われました(笑)


まだまだ続くので、ここらで一息
後編につづきます。


【ももよろず日記関連記事】
pencilアサヒビール名古屋工場(2010.5)  こちら
pencil古都の春旅・伏見(月桂冠他) (2012.4) こちら
pencilサントリー白州工場(2012.10) こちら





ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックをお願いします
confident

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

2013年8月15日 (木)

50周年の黒部ダム4~ダムカレー~

50周年の黒部ダム 続きです。

2時間にわたる黒部ダム見学会が終了して
向かったのは黒部ダム駅に隣接したレストハウス

Img_6291

(2010.8撮影)
手前の白い建物は、1階がおみやげ店と軽食
2階がレストラン、3階はダム工事の映像が見られるくろよん記念室になっています。

いつもならテーブル席に座りたいところですが
2階にあるレストランのカウンター席は大きい窓に面していて
ダムの眺望もよいので、迷わずこちらの空くのを待ちました。

このレストランの名物といえば黒部ダムカレー

形ももちろんですが、ダムカレーには歴史があります。

大町トンネル(現在トロリーバスのトンネル)の工事の際
破砕帯から大量の水が湧き出したことは、映画でも有名。
その過酷な環境の中で作業をしていた作業員たちを支えたのが、
ピリ辛のカレーでした。

工事後も現在のくろよんロイヤルホテルで、その味を伝え続け
さらに近年、大町市内の飲食店などでも
アイデアを凝らした現代版のカレーが売り出されています。

黒部ダムレストハウスのオリジナルは、
スパイスの効いたエスニックなグリーンカレーです。
ダムをよ~く見れば、グリーンなのもうなずけますね。
ご飯の盛り付けはもちろん、放水や水しぶきにいたるまで
しっかり再現されています。

P1120819s

実は、このカレーは3年前に食べたことがあるので
(残念なことに前回の写真と比べたらずいぶんカツが小さくなっていました)

今回は、中辛のビーフカレー(カツカレー)にしてみました。

P1060545s

こちらは、オーソドックスなカレーで
オリジナルのカレーよりは辛さも控えめ。

辛さと独特な香辛料が苦手というのでなければ
せっかくの黒部ダムなので、オリジナルをおすすめします。


そして、そのオリジナルを家庭でも味わえる
おみやげの黒部ダムカレーもゲット。

Dsc_1764

ダムの堰堤、うまく作れるかわかりませんが(笑)
おうちで楽しんでみたいと思います。

さらにダムカレーネタで・・・
おみやげ売場で人気No2というポップにつられて
こちらも買ってみました。

黒部ダムカレーせんべい

Dsc_1762

カレーでお腹がいっぱいになったところで
腹ごなしに階段を駆け上って展望台へ。

P1120823s

やはり上から望む景色が一番shine
こちらもお天気がよかったので絶景でした。

テレビカメラが常設されているようです。

P1120829s

放流の様子を見られるライブカメラはこれかな?
また、NHKも使っているとのことで、
ニュースで流れるのもこのカメラの映像なんでしょうね。

今回も黒部ダムの隅々まで探検して
お腹も気分もすべて満たして帰途につきました。

しかし、日帰り黒部は・・・きつかったですね~
(昔は白馬方面のスキーにかなり行ってたのにねぇ)

でも、毎年でも行きたい黒部ダムなのでした。完


pc黒部ダムオフィシャル
http://www.kurobe-dam.com/index.html
pc黒部ダムカレー
http://kurobedam-curry.com/


【ももよろず日記関連記事】
pencil立山黒部紀行~ダムカレー~(2010.8) こちら





ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックをお願いします
confident

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

2013年8月12日 (月)

50周年の黒部ダム3~黒部ダム見学会・後編~

50周年の黒部ダム つづきです。

さあ、いよいよ今回の見学会のクライマックス
監査廊からダムの外通路(キャットウォーク)へ。

監査廊を進んでいくとT字路のような場所が所々あります。
曲がった先がダムの外(壁面)なのです。

P1060536s

安全上の理由などから、参加グループ(2~3名ずつ)毎に
外に出ることになります。

待っている間、担当の方が「今日は、放水量多いぞ」と
入れ代わりに嬉しそうに話しているのを聞いて、期待が膨らみます。

実は、前日は放流が止まっていたので、来るまで不安だったのです。

P1060524

外に出ていく瞬間は、まるでバンジージャンプでもするかのような
雰囲気でした。

そしていよいよ私たちの順番がまわってきました~dash

P1060526

キャットウォークに出てすぐに、腰に巻いた安全ベルトの先を
ダム側のワイヤーにつないでもらいます。

P1060535

この瞬間、とんでもないところに自分がいるに違いない、と確信。

そう、ここ(赤丸の部分)なのですから。

P1120826s

出た瞬間、口から出るのは「すごーーーーい」「きゃあ」くらい(笑)

1秒間に15トンという放流のシャワーが風にのって
こちらにやってきます。一瞬目の前が真っ白。
下を見下ろすものの、ほとんど何も見えません。
放流のおかげで高さがわからないので、あまり怖くありませんでした。

P1120811

ところで、なぜ黒部ダムの放水は、こんなに霧状になっているのか・・・

「美しいから」な~んて、私は深く考えていなかったのですが(恥)

実は放水量があまりにも多いため、直接下に流してしまうと
川床や岩盤を削ってしまう・・・すなわちダムの土台を脆くするという理由から
霧状の放水になっているそうです。

佐久間ダムなどの重力式ダムは直接真下に放流します。

Img_2061

(佐久間ダム 2006.7撮影)

それと比べると、水量の割には音が大きくないように感じました。

ここで話を戻して・・・
上を見上げた時の方がちょっとこわかったです。
というのもドームアーチなので、手前に反っているから・・・

P1060529s_2

そして、これが放流口の超アップです。

P1060532

P1060531s

私のへっぴり腰を見れば、どれほど近いかおわかりかしら?

P1120813

あまりにハイテンションで写真を撮りまくっていたら
担当の方から「そろそろよろしいてしょうか~?」と
一気に現実に引き戻される一言が・・・weep

これで、おしまいです。
この間、わずか1~2分でしたがこの感動は一生ものです(^^)v

余韻に浸りながら来た道を引き返しますが
はぐれたら迷宮間違いなしの監査廊でした。

特別ルームに戻って、アンケートに答えて解散となりました。

記念品もいただきました。
50周年記念イベントに参加した人だけがもらえる
限定のゴールドダムカード(建設中の貴重な画像です)

Dsc_1739

下のカードは通常のダムカードです。
(売店でアンケートに回答後いただけます)

こちらも記念品 
トロリーバスのマグネット
Dsc_1751

黒部の氷筍水(ミネラルウォーター)

Dsc_1724

とにかく素晴らしい企画でした。
親切に対応してくださった関西電力他のみなさま
ありがとうございました。

この企画、たくさんの方にぜひ参加してほしいと思うのですが
「50周年記念企画なので、次回は50年後」なのだそうです。

リクエストか多ければ10年毎くらいにはならないかな?

見学会の余韻に浸りながらも
早朝出発して、ほとんど食べずに見学会に突入したので
そろそろお腹もすいてきました。

ということで、「アレ」を食べるためレストランに向います。

あとちょっと続きます。



pencil黒部ルート見学会(2006.6)の参加記事はこちら


ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックをお願いします
confident

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

2013年8月11日 (日)

50周年の黒部ダム2~黒部ダム見学会・前編~

50周年の黒部ダム つづきです。

今回の黒部ダム探訪の一番の目的は
50周年企画で開催された「黒部ダム見学会」当選shineしたこと。

一般にはほとんど公開したことがないという
スペシャルな内容にワクワクしながら集合場所へ向かいました。

P1060481s

1回の定員は15名です。定刻に全員が集まりました。
(ちなみに発電所などをめぐる「黒部ルート見学会」は30名でした)

集合場所で案内を担当してくれる関西電力の方から
簡単な説明を受けたあと、
「特別な部屋をご用意しています」と言われ、ドキドキ。

P1060486

集合場所から少し歩いたところでヘルメットを装着し
トロリーバスのトンネルを少し歩いた先にある扉の奥には
こんな部屋が待っていました。

P1060489

壁がゴツゴツした素掘りの空間は
とてもひんやり(最後には寒かったくらいpenguin)していました。

遊園地のアトラクションみたいなつくりものではありません(笑)

正真正銘50年以上前に掘られた空間が、
むきだしのまま残されていて、そこが今回の特別会場。

ノミが突き刺さったまま50年・・・

P1060493



天然のセットは、ダムに行く前から素晴らしいサプライズです。

いすの上には、何やら期待できそうな備品が・・・フフフsmile

P1060494

ヘルメットじゃなくて、この「ガチャ」っていうベルト


本日の見学の趣旨やダムの歴史・構造などのレクチャーが
30分ほどありました。今日のコースはこんな感じ。

P1060495

その後、警備会社の方からセキュリティチェックを受けました。

映画「ホワイト・アウト」のダムの乗っ取りを思い出してしまいます。
(冒頭のロケは黒部だけど、ストーリーは奥只見ダムが舞台です)

そんなことは実際ありえないと思いますが
今回も写真はOKだけど、セキュリティ面から動画はNGとのことでした。

装備完了でいよいよダム探検に出発です。
監査廊(かんさろう)といわれるダム内部の点検に使われる通路へ入ります。

P1060499

あちこちに分岐があって、すでに方向音痴になっている私happy02

エレベーター乗り場に到着です。
乗り場にも柵があり、厳重に施錠されていました。
そこがガチャリと開けられて・・・

P1060502s

エレベーターに乗り込み、下へ降りていきます。

初代のものは、東京タワーの建設で使ったあとの工事用エレベーター
だったというお話も聞きました。

最初の見学ポイントは、こちらのロックテスト坑

P1060506

ダム建設時に、ダムのコンクリートと山の岩盤の重なる部分に
どれだけの力がかかるかをテストした場所です。

P1060510

パネルなどが展示されているところを見ると
社員の研修や関係者の見学に使われていると思われます。

P1060512

建設当時には、フランスでアーチダムが決壊するという大事故があり
この黒部ダムは100回以上にわたる設計変更を繰り返して
現在のウイングのついた強固なダムが作られたそうです。

このテスト坑は、そんな苦労を物語る貴重な場所なのです。

ロックテスト坑を出て、しばらく歩くと
岩盤(ダムに隣接する山)とダム本体への境界部分を通ります。

P1060514

多分このあたりだと思いますが、はっきりとした境界はわかりませんでした。

次に見学したのは、ダムのたわみを測る計測装置の見学です。

P1120797

最大2億トンもの水を支えるダムは、水量の変化によって
傾きが常に変化しています。

P1120799_2

その傾き具合をチェックする装置がこちらです。

P1060519

わかったようなわからないような・・・物理が苦手じゃだめですね(>_<)

それにしてもダムの測定と聞いて
「ホワイトアウト」に出てきた管理室のようなハイテクな部屋で
ダム全体の計測器などを遠隔で管理していると思っていました。

意外にもアナログな計測装置に驚きました。

これだけの巨大ダムともなると、単なる数値データだけでなく、
実際に人の目でその動きを監視する「職人技」が必要になるんですね。

さあ、そしていよいよ
本日のクライマックスともいえる場所へ向かいます。

(予想以上に長文な展開になってしまいましたwobbly

つづく



pencil黒部ルート見学会(2006.6)の参加記事はこちら


ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックをお願いします
confident

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

2013年8月 4日 (日)

50周年の黒部ダム1~トロリーバス&新展望広場~

今年、完成から50周年を迎える黒部ダム
行ってきました。

言うまでもなく、長野県と富山県にまたがる
日本最大の貯水量を誇る巨大ダムです。

 基本的なところ間違えていました(・・;)
 黒部ダムが1位なのは、ダムの高さ(186m)です。
 
 
 

黒部ダムへは、車での乗り入れはできないので
長野県大町市側からトロリーバスを利用して行くのが
最短のルートとなります。

今回は、早朝3時過ぎに自宅を出発し、
トロリーバスの乗車駅・扇沢に8時半に到着。

P1060436s

黒部ダムへ行くのは、実に5回目となりますが
このルートでの黒部ダム行きは8年ぶりです。

扇沢-黒部ダム間の運賃は大人往復2500円。

チケットを購入して、早々に列に並びました。

到着した時には、意外にすいていると思いましたが、
数分のうちにツアーのバスが次々に到着し、
あっという間に長い行列ができていました。

改札上のモニターには、ダムのライブカメラが・・・

P1060438s

前日はダム放流が中止されていたので心配しましたが
どうやらダム放流も見られそうです(^^)v

そして、定時5分ほど前にゲートがあき
トロリーバスに乗り込みます。

P1060442s

トロリーバスの多くは、昭和初期に都市部で活躍しました。
架線から電気を受けるところは電車のようですが、
下はタイヤのついたバスそのもの。

P1060551

写真は、扇沢駅降車時に撮影したものです。

歴史的は古いのですが
ガソリンを使わず、クリーンな電気で走るという意味では
元祖・エコカーですね。

このトロリーバス、現在国内で運行しているのは
ここ立山黒部の2つのトンネルのみというレアな乗り物です。

30分おきの出発では、数台のトロリーバスが
電車のようにいっせいに出発します。

約6キロの距離を15分ほどで走ります。
細いトンネルをバスがすれ違う待避時間も含みます。

P1060448s

この関電トンネルは、ダム建設の資材を運ぶために掘られました。
そのほぼ中間地点は、破砕帯という弱い地盤があり
大量の水が吹き出して、難工事の末に開通した歴史があります。

石原裕次郎さん主演で知られる映画
「黒部の太陽」現場はここなのです。

「破砕帯」の看板もありますが、あっという間に通りすぎてしまいますgawk


そして黒部ダム駅に到着。

P1060451s

P1060453s

駅から屋外に出ると、そこはダム湖が広がり、
その先はダム堰堤(えんてい・・・歩道になっている)が続いています。

立山連峰がくっきり。文句なしの快晴です。
ダム湖の水位も90%ほどで、とても良好です。

P1060478s

集合時間まで少し時間があるので
短い時間で行けそうな新展望広場へ向かいます。

展望というと普通は上から見下ろすものですが
黒部ダムの新展望広場は、階段を下って行きます。

P1060455s

放流の迫力をより近くで見るための広場なのです。

黒部ダムといえば、これ!
ド迫力の放水が間近で見られます。

P1060456s

(このあと、こんなものではない近距離で放水見ますけどwink

そして、現在この広場に50周年記念の展示館が作られています。
(2013年7月20日~8月31日期間限定)

ここでは、くろよん建設の歴史に関する写真や
映像放映をしています。

P1060467s

P1060468s

今回の映像では、実際に工事に携わった(80代以上と思しき)方々が
今ふりかえる工事の歴史という大変貴重なものです。

腹ごしらえもするのを忘れて、すっかり見入ってしまいました。
何度見ても、黒部ダムの建設の歴史は引きこまれてしまいます。

そして、いよいよ今回のメインイベント集合場所に向かいます。

P1060481s

つづく

pc黒部ダム観光(オフィシャルサイト)

【ももよろず日記関連記事】
pencil黒部ダム50周年(2013.6) こちら

pencil黒部ルート見学会(2006.6)の参加記事はこちら


ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックをお願いします
confident

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから