2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから
無料ブログはココログ

« 名古屋「文化のみち」レトロ散策2~撞木館と二葉館~ | トップページ | 50周年の黒部ダム2~黒部ダム見学会・前編~ »

2013年8月 4日 (日)

50周年の黒部ダム1~トロリーバス&新展望広場~

今年、完成から50周年を迎える黒部ダム
行ってきました。

言うまでもなく、長野県と富山県にまたがる
日本最大の貯水量を誇る巨大ダムです。

 基本的なところ間違えていました(・・;)
 黒部ダムが1位なのは、ダムの高さ(186m)です。
 
 
 

黒部ダムへは、車での乗り入れはできないので
長野県大町市側からトロリーバスを利用して行くのが
最短のルートとなります。

今回は、早朝3時過ぎに自宅を出発し、
トロリーバスの乗車駅・扇沢に8時半に到着。

P1060436s

黒部ダムへ行くのは、実に5回目となりますが
このルートでの黒部ダム行きは8年ぶりです。

扇沢-黒部ダム間の運賃は大人往復2500円。

チケットを購入して、早々に列に並びました。

到着した時には、意外にすいていると思いましたが、
数分のうちにツアーのバスが次々に到着し、
あっという間に長い行列ができていました。

改札上のモニターには、ダムのライブカメラが・・・

P1060438s

前日はダム放流が中止されていたので心配しましたが
どうやらダム放流も見られそうです(^^)v

そして、定時5分ほど前にゲートがあき
トロリーバスに乗り込みます。

P1060442s

トロリーバスの多くは、昭和初期に都市部で活躍しました。
架線から電気を受けるところは電車のようですが、
下はタイヤのついたバスそのもの。

P1060551

写真は、扇沢駅降車時に撮影したものです。

歴史的は古いのですが
ガソリンを使わず、クリーンな電気で走るという意味では
元祖・エコカーですね。

このトロリーバス、現在国内で運行しているのは
ここ立山黒部の2つのトンネルのみというレアな乗り物です。

30分おきの出発では、数台のトロリーバスが
電車のようにいっせいに出発します。

約6キロの距離を15分ほどで走ります。
細いトンネルをバスがすれ違う待避時間も含みます。

P1060448s

この関電トンネルは、ダム建設の資材を運ぶために掘られました。
そのほぼ中間地点は、破砕帯という弱い地盤があり
大量の水が吹き出して、難工事の末に開通した歴史があります。

石原裕次郎さん主演で知られる映画
「黒部の太陽」現場はここなのです。

「破砕帯」の看板もありますが、あっという間に通りすぎてしまいますgawk


そして黒部ダム駅に到着。

P1060451s

P1060453s

駅から屋外に出ると、そこはダム湖が広がり、
その先はダム堰堤(えんてい・・・歩道になっている)が続いています。

立山連峰がくっきり。文句なしの快晴です。
ダム湖の水位も90%ほどで、とても良好です。

P1060478s

集合時間まで少し時間があるので
短い時間で行けそうな新展望広場へ向かいます。

展望というと普通は上から見下ろすものですが
黒部ダムの新展望広場は、階段を下って行きます。

P1060455s

放流の迫力をより近くで見るための広場なのです。

黒部ダムといえば、これ!
ド迫力の放水が間近で見られます。

P1060456s

(このあと、こんなものではない近距離で放水見ますけどwink

そして、現在この広場に50周年記念の展示館が作られています。
(2013年7月20日~8月31日期間限定)

ここでは、くろよん建設の歴史に関する写真や
映像放映をしています。

P1060467s

P1060468s

今回の映像では、実際に工事に携わった(80代以上と思しき)方々が
今ふりかえる工事の歴史という大変貴重なものです。

腹ごしらえもするのを忘れて、すっかり見入ってしまいました。
何度見ても、黒部ダムの建設の歴史は引きこまれてしまいます。

そして、いよいよ今回のメインイベント集合場所に向かいます。

P1060481s

つづく


pc黒部ダム観光(オフィシャルサイト)

【ももよろず日記関連記事】
pencil黒部ダム50周年(2013.6) こちら





ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックをお願いします
confident

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

« 名古屋「文化のみち」レトロ散策2~撞木館と二葉館~ | トップページ | 50周年の黒部ダム2~黒部ダム見学会・前編~ »

◆工場見学・社会科見学」カテゴリの記事

◆ダム・橋・港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/52730555

この記事へのトラックバック一覧です: 50周年の黒部ダム1~トロリーバス&新展望広場~:

« 名古屋「文化のみち」レトロ散策2~撞木館と二葉館~ | トップページ | 50周年の黒部ダム2~黒部ダム見学会・前編~ »