2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから
無料ブログはココログ

« 福島の旅7~末廣酒造・嘉永蔵~ | トップページ | 名古屋「文化のみち」レトロ散策1~名古屋市市政資料館~ »

2013年7月19日 (金)

福島の旅8~會津藩校・日新館~

福島の旅、やっといよいよ最終章ですsweat01

会津藩を語る上で重要なスポットとなる藩校です。

日新館

八重のお兄さん覚馬や旦那さん尚之助も
ここで教授をつとめていたため、
大河ドラマでもたびたび登場しているスポットです。

実際に日新館が置かれていたのは
鶴ヶ城からほど近いところだったそうですが
戊辰戦争で焼失してしまいました。

現在は完全復元され、資料館として
市街地から10キロほど離れたところにあります。
(ナビに誤案内されて日新館の山を一回りでしたが・・・)

南門をくぐって入館料(おとな600円)を払って入館。

P1060127s

ここが入口となる南門

P1060130s

南門の奥にあるのが、戟門(げきもん)


まずは会津藩とこの日新館のあらましを説明する映像を見て、
館内見学がスタート。
P1060132s

P1060134s

回廊のようになった校舎では年齢別にクラス分けされ、
礼儀作法から武術、そして専門的な学問が学ばれていました。


P1060142s

ここに通えるのは、10歳以上の会津藩士の子弟たちで、その数は1000人ほど。
戊辰戦争の悲劇で知られる白虎隊の青年たちもいました。

P1060144s

天文学の教室のようです。

大成殿と呼ばれる一番大きな建物は
学校というより、立派なお寺のようです。
中には、孔子が祀られていていました。

P1060138s

もちろん優秀な武士は頭脳だけでなく
体力も必要。

ここは水練に使われたプールのような池

P1060151s

こちらは、資料館

P1060148s

幕末・明治記念室には、戊辰戦争や白虎隊、そして会津藩の人たちの
その後に関する資料が展示されています。

P1060152s

砲術場も復元されています。

P1060156s

これだけ整った大規模な学校は、国内でも珍しかったそうです。

会津藩が地方でこれだけの高い教育水準を持つことができる
大きな藩であったことも改めて知ることができました。

それゆえに、薩摩や長州がその潜在的な力を認めたうえで
脅威と感じて、会津藩を攻め滅ぼさざるを得なかったのではないかと
私は思うのですが・・・

大河ドラマを見て、そして福島を訪ねて知ったのは、
日本が新しく生まれ変わった華々しく語られる「明治維新」は
会津の人たちの悲しい歴史の上に成り立っているということです。

福島も広い県なので、また桜の時期や
フルーツのおいしい季節に訪ねてみたいと思います。

福島の旅 おしまい


pc会津藩校 日新館
http://www.nisshinkan.jp/


【ももよろず日記関連記事】
pencil福島の旅1~白河小峰城~  こちら
pencil福島の旅2~那須平成の森~ こちら
pencil福島の旅3~大内宿~ こちら
pencil福島の旅4~飯盛山~ こちら
pencil福島の旅5~鶴ヶ城~ こちら
pencil福島の旅6~大河ドラマ館~ こちら
pencil福島の旅7~末廣酒造・嘉永蔵 こちら

« 福島の旅7~末廣酒造・嘉永蔵~ | トップページ | 名古屋「文化のみち」レトロ散策1~名古屋市市政資料館~ »

◆お城・史跡(~江戸時代)」カテゴリの記事

├ お城・史跡(東北)」カテゴリの記事

◆大河ドラマの舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/52368380

この記事へのトラックバック一覧です: 福島の旅8~會津藩校・日新館~:

« 福島の旅7~末廣酒造・嘉永蔵~ | トップページ | 名古屋「文化のみち」レトロ散策1~名古屋市市政資料館~ »