« 福島の旅4~飯盛山~ | トップページ | 福島の旅6~大河ドラマ館~ »

2013年6月30日 (日)

福島の旅5~鶴ヶ城~

福島の旅 つづきです。

今、最も旬なお城 鶴ヶ城へ。今回の旅のいちばんの目玉eye

P1060013s_2

史跡としては、地名の「若松城跡」と称されています。

1384年に葦名氏によって、この地に館が建てられたのがはじまり。
天守閣や城下町の整備に大きく関わったのは、
戦国時代に城主となった蒲生氏郷(がもううじさと)です。

その後、徳川家光の異母弟にあたる保科正之が藩主となり、
徳川家の子孫・松平家がお城を守ってきました。

しかし、幕末の戊辰戦争で新政府軍に攻められ
1ヶ月の籠城戦ののち降伏し、明治7年に荒れ果てた鶴ヶ城は
石垣の部分を残して取り壊されることとなります。

その後1965(昭和40)に天守閣が再建されました。

P1060011s_2

徳川の三ツ葉葵の御紋にテンションあがりますup

しかし、20数年前に一度訪ねたことがありますが
こんなに大きなお城だったか記憶がさっぱりwobbly
(決して、酒蔵めぐりで酔っぱらっていたわけではありません)

観光案内所で、無料のボランティアガイドさんをお願いしました。
 ※来場者も多いので、ボランティアガイドさんも大忙しです。
  予約がオススメ

ガイドさんが案内してくださるのは、主に天守閣の外。

私が食いついたeyeのはこちら。

表門にあたる鉄門(くろがねもん)近くの石垣。

石の加工方法によって年代別に大きく3種類に分類されますが
(野面積み、打ち込み接ぎ、切り込み接ぎ)
この3つを近距離に見られる貴重な空間。

Isigaki_2

こちらが鉄門
P1060049s_2

ずいぶんと建物がきれいでした。

2000年に写真左手の部分の南走長屋と干飯櫓(ほしいやぐら)が
復元され、
さらに、2011年には瓦をすべて赤瓦に葺き替える工事が行われました。
(普通の瓦と比べ、雪や寒さに強いとされるため)

どおりで私の記憶にこの景色がないわけですねcatface


P1060045s_2

写真ではわかりにくいのですが、鶴ヶ城の屋根の上にはシャチがいます。
なんと名古屋城の金シャチならぬ銀シャチ

名古屋城のガイドさんが、
「名古屋城の築城主・家康に遠慮して、鶴ヶ城は銀なんです」と
おっしゃってましたが、鶴ヶ城でお聞きしたら・・・ホントでした。

でも、鶴ヶ城のシャチの目にはダイヤモンドが埋め込まれているそうで、
もしかしたら、こちらの方が高価かも~shine


かつては住居となる本丸御殿が立ち並んでいた場所は
緑の空間となっています。

P1060018s_2

唯一、当時を残す建築として保存されているのが茶室・麟閣

P1060031s_2

鶴ヶ城と茶道との関わりは大変深く、
豊臣秀吉から切腹を命じられた千利休亡き後、
藩主・蒲生氏郷が利休の子、少庵を会津にかくまいました。

氏郷は、千家の再興を申し出るなど尽力し、
少庵の子孫が興した三千家(表千家・裏千家・武者小路千家)が
現在の茶道にも引き継がれているそうです。

その少庵が氏郷のために建てたのが この麟閣です。

P1060023s_2

お茶のための櫓(茶壺櫓)まで備えていたという鶴ヶ城。
櫓の跡から茶室が見下ろせます。

中では、お抹茶とお菓子がいただけます。
椅子に座ってのカジュアル形式なので、作法がわからなくても安心happy01

P1060028s_2

ガイドさんの案内は、この麟閣まで。約50分でした。
ガイド歴の長いベテランさんで、質問にも丁寧に答えてくださいました。

そして、いよいよ天守閣へ入場。

こちらも近年リニューアルされたばかりで、
内部は博物館になっています。
歴代城主などの解説パネルや武具などの展示、
戊辰戦争に関する展示など内容も盛りだくさん。

貴重な資料が多いので、一部の階を除いて撮影禁止。

というわけで、最上階からの眺めです。

天守閣から、南走長屋・干飯櫓に続く建物と町の景色

写真真ん中に長く伸びる廊下はギフトショップになっていて
地元の工芸品やキャラクター品など、気の利いたおみやげが
揃っています。

P1120698s_2

じっくりおみやげを見ていたら閉館ギリギリにsad

というわけで、新しくできた南走長屋・干飯櫓は
ほとんど素通り状態となってしまったのでした~dash

P1060044s_2

それにしても、予想よりもはるかに大きなお城で
会津藩が奥州で大きな力をもっていたことを改めて認識しました。

この鶴ヶ城の各所でも大河ドラマ「八重の桜」のロケが
行われたそうです。
そんな楽しい裏話も、マニアックな歴史のことも聞ける
ボランティアガイドさんの案内もオススメです。

福島の旅、まだ続きます(長っhappy02


pc鶴ヶ城(会津若松市観光公社)
http://www.tsurugajo.com/index.html


【ももよろず日記関連記事】
pencil福島の旅1~白河小峰城~  こちら
pencil福島の旅2~那須平成の森~ こちら
pencil福島の旅3~大内宿~ こちら
pencil福島の旅4~飯盛山~ こちら

« 福島の旅4~飯盛山~ | トップページ | 福島の旅6~大河ドラマ館~ »

◆お城・史跡(~江戸時代)」カテゴリの記事

├ お城・史跡(東北)」カテゴリの記事

◆大河ドラマの舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/52236184

この記事へのトラックバック一覧です: 福島の旅5~鶴ヶ城~:

« 福島の旅4~飯盛山~ | トップページ | 福島の旅6~大河ドラマ館~ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから