2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから
無料ブログはココログ

« 福島の旅2~那須平成の森~ | トップページ | 福島の旅4~飯盛山~ »

2013年6月22日 (土)

福島の旅3~大内宿~

福島の旅 つづきです。

白河で宿泊し、2日目は大内宿へ。

古い町並の残る宿場町といえば、
中山道の妻籠・馬籠は良く知っていますが
関東から東北方面はほとんど未知の世界。

白河市内から車で1時間ほど。
(会津若松へも1時間ほどです)
人里離れた集落が現れます。

P1050943s

大きな街道ではありませんでしたが
江戸時代には、会津と日光を結ぶ宿場町として
参勤交代の行列などが利用して栄えたそうです。

重要伝統建造物群保存地区として
妻籠宿などとほぼ同時期に指定されています。

独特な茅葺屋根は、白川郷を思わせます。
地元の方にお聞きしたら、毎年何軒かの葺き替えを
地域で協力して行うのだそうです。

日々生活されている住居でもある茅葺の建物では
軒先を利用したお店の形も独特で、
民芸品や雑貨を中心としたお店が立ち並んでいます。

P1050939s

てっぺんのちっちゃな屋根は煙出し(煙突の役割)

P1050965s

街並みの奥まで行き、観音堂まで階段を登ると

P1050957s

すぐそばにある展望所から大内宿の絶景が眺められます。

P1050960s

街並みの中央を通る歩道は舗装されてなく
江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気。

お餅やお団子を焼くにおいに誘われ・・・

P1050944s

小腹を満たした後は、
ネギをお箸替わりにして食べるという
名物のねぎそばをいただきました。

P1050967ss

こちらのお店、大和屋さんでいただきました。

P1050968s

物珍しさで、ネギで食べてみましたが
1本しかありませんので、難しいったらありゃしない(笑)
味わって食べる余裕なんてまったくありません。

ということで、2~3回チャレンジしたあとは、
普通にお箸で食べながら、薬味としてネギを
かじってしまいました。

それにしても、このネギがかなり辛いっ

というわけで食後は、親切にいろいろと
この地域の歴史を教えてくださったお店で
梅アイスをいただき、さっぱり~(^^)v


ところで、ねぎそばは、こちらの三澤屋さんでは
「高遠そば」として提供されています。

P1050972s

信州に近い地域の人間は、「あの高遠?」と思わず反応します。

それもそのはず、
高遠城主だった保科正之(二代将軍・徳川秀忠の三男)が
初代藩主として会津に迎えられたところから
職人などともに高遠のそば文化が伝わったと言われています。
(ねぎを箸替わりにするのは、この地での文化らしいです)

お腹もいっぱいになって、いよいよ会津若松へ。


pencil大内宿(観光協会オフィシャル)
http://ouchi-juku.com/


【ももよろず日記関連記事】
pencil福島の旅1~白河小峰城~  こちら
pencil福島の旅2~那須平成の森~ こちら
pencil秋の妻籠散策 (2011.11) こちら

« 福島の旅2~那須平成の森~ | トップページ | 福島の旅4~飯盛山~ »

◆お城・史跡(~江戸時代)」カテゴリの記事

├ お城・史跡(東北)」カテゴリの記事

◆ご当地グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/52053306

この記事へのトラックバック一覧です: 福島の旅3~大内宿~:

« 福島の旅2~那須平成の森~ | トップページ | 福島の旅4~飯盛山~ »