« 京都早春の旅4~相国寺・大聖寺~ | トップページ | MIHOミュージアム »

2013年3月22日 (金)

京都早春の旅5~同志社大学~

京都早春の旅 いよいよ最終章です。

今回の日帰り京都旅は、
京都御所沿いの烏丸通を南へ北へ

そして向かったのは、同志社大学。

新島旧邸宅につづき
大河ドラマ注目のスポットなのです。


ここ今出川キャンパスは、
1875(明治8年)に、新島襄が創立した同志社英学校がはじまり。

キャンバス北に隣接する相国寺の門前に建築した
木造校舎がはじまりだそうです。

その木造校舎は現存しませんが、
校内には5つの重要文化財となっている建物があります。

キャンパス西側から

京都市内最古のレンガ建築である
彰栄館

P1040679s

工事中の様子

チャペル(礼拝堂)

P1040680s

紅白の梅が見ごろでした。

そのすぐ隣には、ハリス理化学館
(重要文化財だとわからずに撮影し忘れました)


クラーク記念館

P1040683s


同志社大学の初代図書館だった
有終館

P1040685s

啓明館
(登録有形文化財)

P1040687s

校内の掲示板には、
新島襄の名言も掲示されていました。

P1040690s


残念ながら内部の見学はできませんが
クラーク記念館内チャペルの見学などがてきる
一般向けのキャンパスツアーが
毎月1回ほど開催されているそうです。

pencil同志社大学キャンパスツアーの詳細
http://www.doshisha.ac.jp/information/c_tour/intro.html


私は、西門から入ってしまいましたが、
正門の受付にまわると、キャンパス案内図などもいただけます。
(ひととおり見学後にいただきました・・・)
単なる観光客にも快く対応していただけましたm(__)m

それにしても新校舎も同様に茶色のレンガ風に
なっていて、新旧の建物が違和感なく立ち並んでいるのには
驚きます。

神社仏閣も好きですが
洋風レトロ建築が京都でこんなにも見られるとは
建造物好きにはたまりませんheart04


唯一の心残りは隣接する同志社女子大にある
栄光館のチャペルを見学し忘れたこと。
これもあわせて見学すれば、
完璧な大河ドラマ通(単なるミーハーsign02)だったんですけどね。


京都早春の旅 おしまい

【ももよろず日記関連記事】

pencil京都早春の旅1~京都御苑と梅~ こちら
pencil京都早春の旅2~新島旧邸~ こちら
pencil京都早春の旅3~京都御所観覧~ こちら
pencil京都早春の旅4~相国寺・大聖寺~ こちら

« 京都早春の旅4~相国寺・大聖寺~ | トップページ | MIHOミュージアム »

◆大河ドラマの舞台」カテゴリの記事

◆ レトロ建築・文化財(明治以降~)」カテゴリの記事

├ レトロ建築(近畿)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802448/50878011

この記事へのトラックバック一覧です: 京都早春の旅5~同志社大学~:

« 京都早春の旅4~相国寺・大聖寺~ | トップページ | MIHOミュージアム »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから