トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月28日 (月)

静岡浅間神社

静岡市の駅からほど近い
静岡浅間神社に行ってきました。

静岡駅からは2キロ弱。
歩けなくもない距離なので、運動気分で歩きました。
(通り道に駿府城公園もあります)

参道の商店街を抜けると、赤い鳥居。

P1040046

しかし、右の石碑には
大歳御祖(おおとしみおや)神社という文字。

ん?名前が違う?と思ったのですが
この神社と
神部(かんべ)神社、浅間(あさま)神社を
総称して静岡浅間神社と呼ぶのだそうです。

P1040065

境内はこんなに広いのですcoldsweats02

ということで、境内を抜けて
再度こちらからの総門(重要文化財)から入ってみました。

P1040049

こちらも重要文化財の楼門

P1040051
これだけでも圧巻です。

徳川幕府時代に、幕府の厚い庇護のもと
現在の豪華な社殿が建設されました。

そのような経緯もあって、
境内には重要文化財の建物が立ち並んでいます。

舞殿の上部に葵の御紋が徳川家とのつながりを
物語っています。

P1040055

大拝殿は浅間造りと呼ばれる代表的なもの。
同様の造りは、富士宮の富士山本宮浅間大社にも見られます。

P1040052

P1040058

高さ25メートルもあります。


広い境内をぐるりとまわってみると階段が・・・

P1040060

ちらほらと登っていく方がいるので、これまた運動がてら
登ってみましたfoot
一気に登ると息切れます~

麓山(はやま)神社があります。

P1040062

また、境内にはこの他の神社や
文化財資料館といったみどころも
まだまだあるのですが時間不足でした。


訪れた日は、1月の中旬でしたが
受験祈願の家族連れがたくさん訪れていました。

以前、私も静岡市に住んでいたことがありますが
市外の人にとっては久能山東照宮のほうが
知名度は高いのですが、
市内の人々にとっては日常お詣りする身近な神社です。


【ももよろず日記関連記事】
pencil駿府城も工事中(2013.1)
http://momoyorozu.cocolog-nifty.com/hyper/2013/01/post-5d81.html
pencil久能山東照宮(2012.8)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3765519.html
pencil富士山本宮浅間大社(2012.2)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3441867.html

2013年1月23日 (水)

伊勢『おかげさま・にごり梅』

先日の伊勢神宮参拝の際に
いちばん買いたかったおみやげ
(もちろん自分用happy02

おかげさま にごり梅 (伊勢萬)

P1040132

清酒「おかげさま」の原酒に
南高梅の梅酒と完熟果肉が入っています。

香りもとってもよく
甘くて飲みやすい女性が大好きなお酒です。
ロックかストレートがオススメbar
飲みやすいので、あっという間になくなりそう(゚ー゚;

日本酒をベースにした梅酒が好きなのですが
以前購入した岩手県の南部美人梅酒は
糖類無添加のすっきりタイプ。
対してこちらは甘みたっぷりジューシータイプ。

どちらも好きです。
気分によって飲み分けたい!

同じ日本酒ベースといっても奥が深いですね。

P1040130

店頭の雰囲気もいい感じでしたhappy01


こちらは、まだ飲んでいませんが
パッケージに魅かれて衝動買い(^-^;

神都麦酒 (伊勢角屋麦酒)

P1040167

今回の参拝では、お酒買いばかりで
あ~重かった~


【ももよろず日記関連記事】
pencil岩手のお酒が到着~南部美人~(2011.4)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e2966502.html
pencil福島県の純米梅酒~大七酒造・生酛梅酒~(2011.6)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3057538.html

2013年1月21日 (月)

お伊勢まいり2~内宮・おはらい町~

外宮からいよいよ内宮へ向います。

外宮もそうでしたが、
内宮も例年よりたくさんの人が参拝に訪れています。
(平日でもこんな感じ)

P1040113

内宮は右側通行です。


五十鈴川を渡るときに見える日の丸。

P1040114

普段はあまり「日の丸」には心踊らされませんがcoldsweats02
私は、こことオリンピック表彰式の日の丸を見ると
日本人の誇りshineという感じがしてワクワクします。

いつ訪れても、この杉木立の中は気持ちのいい空間です。

P1040119

現在の社殿の敷地の(参道を歩いて行くと)手前に
新しい社殿が現在建設されています。

P1040118

こちらが、遷宮後(今年10月)には参拝後に降りる階段です。

そして、今年も無事、御垣内(みかきうち)参拝と
お神楽も見ることができました。

帰りには、御朱印もいただいてきました。

Dsc_1201

昨年もいただいたのですが、今年は特別な年ということで
伊勢神宮の御朱印帳を新調し、改めて御朱印をいただきました。

また、遷宮記念のおみやげになるものをさがしたところ
参拝者休憩所となっている参集殿(さんしゅうでん)にて
かわいいストラップを見つけ、購入してきました。

Dsc_1200

余談ですが、御朱印をいただくところでは
御朱印帳を選べませんでしたが
ここならサイズの違う2種類の御朱印帳と
同じ柄の御朱印帳袋を購入することもできます。


参拝が終わって、向かったのはおはらい町

P1040124

やっぱりこちらも人、人、人・・・少し人がすいた瞬間に撮影camera

今年は、あまりあちこちと歩き回らず、
どっぷりと、こちらで一服~japanesetea

P1040131

地酒「おかげさま」を造る伊勢萬さん

酒蔵のつくる甘酒は、とてもなめらかで
味は本格的なのに、リーズナブルでした。

P1040128

甘酒以外にも、販売している清酒や梅酒を
有料ですが試飲感覚で提供しています。

バスツアーだったので、
今回はほぼこれで時間切れとなりましたwobbly

自分のペースでゆっくりみてみたいところが
山ほどあるお伊勢さんでした。

おみやげ編は後日。

2013年1月19日 (土)

お伊勢まいり1~外宮・せんぐう館~

今年もお正月の混雑が少し落ち着いた時期に
お伊勢詣りに行ってきました。

今年は、20年に一度の遷宮(せんぐう)という
記念の年なので、人出も多いのかなと予想しましたが
やっぱり予想通り多かったです。
時期的に団体の参拝が多く、バスがいっぱい。

まず外宮(げくう)へ

外宮は左側通行です。

P1040098

参道も人がぎっしり。

おまいりの後に拝殿の隣を見ると
工事中の社殿が白い素屋根に包まれています。

P1040101

今年10月には御祭神が新しい社殿に移られます。

式年遷宮という言葉を知ったのはほんの数年前。
内宮の宇治橋が架け替えられる直前でした。
しかし、その後毎年訪ねるうちに、ずいぶんと関心が高まってきました。


外宮を出ると、今回の式年遷宮を記念して
昨年オープンしたせんぐう館があります。

P1040103

P1040109

残念ながら展示室内は撮影禁止です。

館内には、伊勢神宮が古来から果たしてきた役割のほか
社殿造営や装飾や器物などにまつわる
匠の技の道具や工程も紹介されています。

そして、なんといっても圧巻なのが
外宮の正殿の原寸大の模型。

Dsc_1198

私たちが実物を見ることはできない数々が、
模型とはいえたいへんわかりやすく展示されています。

シアターの映像もわかりやすい内容です。

ここ数年、姫路城や名古屋城といった城郭、
さらには法隆寺や中尊寺金色堂といった仏閣を見て
日本の匠の技のすごさを多少なりとも見てきたのですが
それより古い時代からの歴史。
式年遷宮は1300年前からはじまり、今回が62回目となります。

文化伝承の大切さなども改めて知ることとなりました。

伊勢神宮のことを知れば知るほど
日本という国の深さに驚き、感動するばかりです。

それと同時に、この国に生まれたことが誇らしくなります。

戦後生まれの私たちは、あまり「愛国心」というものを
感じず育ってきたような気がします。
私などは、「欧米への憧れ」ばかりが強かったような・・・

最近はすっかり「ニッポン回帰」なお年頃なのですが(笑)

改めて日本という国を知るよい機会になる博物館です。

P1040106
回廊からまがたま池をのぞむ


pencil伊勢神宮・せんぐう館
http://www.sengukan.jp/

【ももよろず日記関連記事】
pencil伊勢神宮のパワースポット(2012.1)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3422851.html

2013年1月15日 (火)

駿府城も工事中

1年ぶりの駿府城。

やっと出会えました(^^)v 家康公の銅像

P1040070

各地にいる銅像の中で
やはり「大御所」の貫禄No.1はこちらですね。

昨年は広い公園内で、たどり着けなかっただけですsad

公園内は、ベンチや花壇が整備されて
なんだか雰囲気がずいぶん変わった気がします。


こちらは
東御門と巽櫓(たつみやぐら)

P1040076

P1040078

内部は、昨年じっくり見たので、お堀周辺をぶらぶらとshoe

すると私の大好きな工事現場を発見eye

何か書いてあるけど、読めません。
見えないんじゃなくて、「坤櫓」って漢字がcoldsweats02

P1040067

「ひつじさるやぐら」 と読むのだと後でわかりました。
方角を示していて「西南」なのだそう。

さきほどの巽櫓などに続いて
城内は石垣など各所で復元や建築が行われています。

進捗はこんな感じらしいです。

P1040069

手書きで書き加えられているところが
なんともマメというか・・・

浜松城の天守門復元とともに
新たに気になる存在になりました。


2015年には、徳川家康没後400年となります。
これを記念する事業として、県内の動きが活発になってきています。




静岡市(駿府城公園の整備)
http://www.city.shizuoka.jp/deps/kouen-seibi/dai4koukuseibi.html
静岡戦国浪漫(徳川家康公没後400年)
http://www.sengoku-shizuoka.com/ieyasu400th/
大御所四百年祭記念-家康公を学ぶ-
http://www.shizuoka-cvb.or.jp/oogosho400/


【ももよろず日記関連記事】
pencil浜松城天守門復元中(2012.10)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3957512.html
pencil久能山東照宮(2012.8)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3765519.html
pencil駿府城公園(2012.1)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3424496.html

御朱印帳~寺院編~

御朱印帳について・・・つづきです。

寺院の御朱印帳は
昨年の4月よりはじめました。

法隆寺に行った際に、
五重塔に鳥肌が立つほど感動してしまった私は
御朱印帳を購入しました。

Dsc_1178

法隆寺の御朱印帳は
表紙のデザインは地味なものですが
最初のページには聖徳太子の十七の憲法の第一条
「和を以て貴しと成す」が原文で印刷されて書かれています。
(この次のページに御朱印がいただけます)

Dsc_1179

余談ですが、私が書いていただいている時に
横でじっとお父さんと見ていた小学生。

父「お前も欲しいのか?」
子「うん」

お坊さんにいろいろと聞きながら御朱印帳を購入していました。
聖徳太子の言葉からスタートした少年。
立派な人に成長してほしいと思います。

神社は、神社名と日付の墨書きに朱印というパターンですが、
寺院は、ご本尊様の名前などが中心。

Dsc_1180
右は奈良・興福寺
左は京都・清水寺

勉強不足だと、文字が読めなかったりや意味が理解できないことも(A;´・ω・)アセアセ

その後、購入したのが
これも特徴あるデザインのもの。

中尊寺金色堂の御朱印帳

Dsc_1181

カバー付の御朱印帳の表紙は
金色堂の装飾品である金銅華鬘(こんどうけまん)をモチーフに
豪華に彩られています。

珍しい見開きの御朱印がいただけるのは
御朱印帳を金色堂で購入した時だけです。

Dsc_1182

お寺の御朱印帳も2冊に分けましたが
(というより2冊になってしまいました~)
法隆寺のものは西日本用
中尊寺のものは東日本用としています。

しかし、東西をどこで分けたらいいのやら・・・どうでもいいようなことで悩んでいますwobbly


【ももよろず日記関連記事】
東北の旅~平泉・中尊寺~(2012.7)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3731815.html
東北の旅~平泉・毛越寺~(2012.7)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3734160.html
古都の春旅~法隆寺~(2012.4)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3557352.html
古都の春旅~興福寺~(2012.4)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3557375.html




ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2013年1月12日 (土)

御朱印帳~神社編~

一昨年からはじめた御朱印帳

P1003593

熱田神宮で御朱印帳をはじめて購入し
その後、出雲大社、伊勢神宮などを参拝しました。

また戦国武将を祀る神社なども
いくつか参拝することができました。

Dsc_1183

Dsc_1184

神社についていろいろお話を聞かせてくれた方や
由緒ある建物などが思い出されます。


御朱印とは、
寺社でいただく印や墨書きのこと。

本来は、納経(写経したものを納める)の証として
いただくものだったそうですが、
現在では300円ほどで書いていただけるものが
ほとんどです。

現在は気軽にはじめる方も多くなりました。
(私もそのひとりですが・・・)

気軽といっても参拝のマナーに気を付けながら
お詣りしているつもりです。

この1冊目は、すでに半分が過ぎ
折り返した反対側にも書いていただいています。

しかし、いろいろと情報を調べてみると
墨が染み込んで書きにくかったり
書く方によっては「裏側」を嫌われる方もいらっしゃるようで
そろそろ新しい御朱印帳を購入しようかと思います。

上記のものとは別に「地元用」を用意しています。

Dsc_1176

県の象徴でもある富士山の入った御朱印帳は
富士山本宮浅間大社のもの。
こちらはスタートしてちょうど1年になります。

もちろんその後、地元の神社へ。

お宮参りや七五三、さらには両親の結婚式も、
ということは生まれる前からお世話になっています。

Dsc_1185


当初は、神社だけの予定でしたが
やはりお寺の御朱印もいただきたくなるものです。

こちらも調べてみると、
神社とお寺は分けた方がいいという情報が多く
そのようにしています。

そちらについては、後日ご紹介します。

【ももよろず日記関連記事】
pencil伊勢神宮のパワースポット(2012.1)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3422851.html
pencil島根ぐるり旅~出雲大社~(2010.11)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3292506.html
pencil熱田神宮のパワースポット(2011.10)
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3265559.html

2013年1月10日 (木)

京都『抹茶 雅月せんべい』

京都らしいお菓子をいただきました。

菓匠 清閑院の『雅月』
抹茶せんべい

Dsc_1157

波型のおせんべいの表面には
茶葉のグリーンが鮮やか。

品の良い京都の和菓子という印象ですが
口の中に入れてみると
ちょっとかためのクッキー生地。
これは、洋菓子??
良い意味で裏切られます。

中の抹茶クリームもたっぷり。
抹茶のほろにがさと甘さが
とてもいいバランスです。

Dsc_1164

この手のおせんべいは
いくつかのお店から出ていて、
以前にも食べたことはありますが
一番のお気に入りになりそうdelicious

2013年1月 6日 (日)

豊川『新名物いなりうどん』

豊川稲荷への初詣に行った帰り
いつもの東京庵豊川店さんに立ち寄りました。

ほとんどの方がお蕎麦を食べていますが
私がどうしても食べてみたかったのがこちら。

豊川・新名物 
豊川いなりうどん

P1040036

新しい豊川名物にしようと 近年、誕生したご当地グルメです。

・餅入りの油揚げをのせる
・豊川市特産の大葉をのせる
・つゆは「かけ」「カレー」「あんかけ」のいずれか

など、5つの条件を満たしているもので
市内の15ほどのお店で食べられます。

東京庵では「かけ」と「あんかけ」が選べます。
 メニューにのっていないので
 店員さんに聞いたところオーダーOKでした。


最近、「かけうどん」にはまっている私は
迷わずさっぱり系のかけうどんにしました。

大葉の天ぷらといなり餅がのっています。

油揚げの味付けも 少し甘めですがさっぱり。

単品だったので、楽勝で食べられると思ったら
これが、けっこうお餅がお腹にたまって
ボリューム満点full

いなり餅が2個入っています。

P1040037

そりゃそうだ、 朝食にお餅3個食べたんだったcoldsweats01


豊川市は、今年のB1グルメの会場にも決まっていて
秋には、全国からたくさんの観光客が押し寄せそうです。


pencil豊川いなりうどん
http://inari-udon.com/index.html
pencil東京庵
http://www.tokyoan.co.jp/
pencilB1グランプリ
http://b-1grandprix.com/

【ももよろず日記関連記事】
pencil豊橋カレーうどん
http://momoyorozu.hamazo.tv/e3763277.html

名古屋城本丸御殿 いよいよ・・・

最初の記事は、お城ネタで(*^-^)

名古屋城に行ってきました
P1040022

徳川家康が築城したと言われるお城で
光輝く金シャチがシンボルです。

名古屋城へは
本丸御殿復元工事がはじまって
三度目となります。

いよいよ今年、一部の公開が始まるので
ワクワクしながら見に行くと・・・
P1040024

すでに素屋根が外されて
屋外から玄関が見える状態になっていました。

屋根は柿(こけら)葺き。
P1030988
薄い板を職人さんたちが
1枚ずつ並べている様子を以前見ました。

もちろん「葵の御紋」も。
P1030986
ピカピカshineです

工事が見学できる素屋根内部は、
以前よりルートが縮小されていますが
職人さんたちの作業の様子が見られます。
P1030991

正面に見えるのが表書院
P1040002

P1040001

今年、2013年5月29日には、
さきほどの玄関と表書院が公開されます。

さらに対面所や上洛殿の工事も予定され
2018年に全体公開となるそうです。
P1040005

名古屋城の天守閣と御殿は、
戦前まで現存していて
障壁画などが重要文化財に指定されていました。

戦災を逃れるために
取り外して「疎開」したものが残っています。
また、建物の写真や図面が残っているため
ほぼ当時の姿に再現できるのだそう。

天守閣の中では
御殿に関することも詳しく説明されています。
P1040014
上洛殿の模型

今回は、ちょうどボランティアガイドさんの
説明に参加することができましたgood
P1040013
とてもテンポのいい、上手なガイドさんでした。

また、お城に到着したときに
おもてなし武将隊の演舞に遭遇。
P1030977

全国で初の武将隊というだけあって、
イケメンな上にトークも面白くて、
全国から来ていたお客さんたちも大喜び。

今回は、何から何まで行き当たりばったりのわりには
タイミングがよく、楽しく見学ができました。

ますますにぎやかになっていく
名古屋城の変化が楽しみです。

2013年1月 1日 (火)

はじめまして

本日よりスタートいたします。
どうぞよろしくお願いいたしますhappy01


このブログは
2009年より他ブログにて開設しています
ももよろず日記の別館という位置づけをしています。

全国のお出かけ記事を中心に
おみやげやおいしいものもご紹介する予定です。

まずは
お正月らしい?こちらの写真をご紹介します。

浜名湖弁天の初夕日
P1030834

日の出に見えないこともありませんが
実は鳥居の中に沈んで行く夕日です。

冬の限られた期間しか
この位置に沈まないため、
レアな撮影スポットとして知られています。

トップページ | 2013年2月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから