2017年10月16日 (月)

ペルー周遊ツアー5~リマ市内・前編~

ペルー周遊ツアー つづきです

リマ空港からそのままバスに乗って観光へ向かいます

30人乗りくらいの中型バスで
日系ペルー人のガイドさんとともに出発bus

P1120092s

クッションがやわらかすぎる感はありますが、乗り心地も上々good

今回、参加者の半数以上がおひとりさまという
私にとっては居心地のよいツアーで、一人で2席占有

ペルーは、人口約3000万人の国
(そのうち800万人以上が首都・リマに住んでいます)

一方で、国土面積は日本の約3.4倍もあります

19世紀半ばにスペインから独立した経緯もあり
公用語はスペイン語です

日本から移り住んだ日系移民の歴史は
南米でいちばん古いそうです

1990年代には、日系のアルベルト・フジモリ氏が
大統領になったことで、日本人にもなじみがある国です

やたらとでかい看板を見ると「大陸」を感じます(笑)

P1120097s

リマ市内は、鉄道路線は1本しかないという車社会rvcarrvcarrvcarrvcar

ちょうど朝の通勤時間帯で、ワゴン車(タクシー?)には
オジサンたちがぎゅうぎゅうに詰め込まれていました(苦笑)

幹線道路では渋滞にも少しはまりましたが、
それ以上に、クラクションを鳴らしまくる激しさに圧倒されますwobbly

P1120101s

アメリカンな巨大トラックやバスが、狭い道路にひしめきあっています

季節は、南半球なので春
服装的には、日本のちょうど今頃(10月の半ば頃)

旧市街に近づくとヨーロッパ風の建物が見えてきますが、
カラフル感は、南米独特といった感じです

P1120110s

P1120114s

サンマルティン広場

P1120120s

ペルーを開放したサンマルティンの銅像があります

  日本でいうならば・・・”青葉城址の伊達政宗像”

空港から約1時間ほどで、下車して旧市街の観光へ

サン・フランシスコ教会(世界文化遺産)

P1120125s

リマの旧市街(世界遺産)の中で中心的な建物

植民地時代の17世紀に
スペイン人の征服者・フランシスコ ピサロによって
100年の歳月をかけて完成したという荘厳なバロック様式の建物

入口付近は、観光客、校外学習らしい学生たちもいっぱい

P1120128s

ペルーの学生たちは、「ジャージ」で統一されています

そして、物売りたちが観光客を見つけ近づいてきます

P1120132s

この綿菓子みたいなもの、真剣に買いたかったけど・・・

オバサンもいれば、若い男の子もいて、
絵画あり、食べ物あり、みやげものあり・・・

興味がなければ、あまり相手にしないほうがよさそう

この地域、あまり治安が良いともいえない場所なので・・・

教会の内部

P1120135s

正面の祭壇もきらびやかですが、

両脇には、さらにたくさんの祭壇があるのです

P1120136s

天井のつくりも独創的で美しいですshine

P1120142s

ステンドグラスのない独特の教会のつくりなのだそうです

そして驚くべきは、この教会の下には、多くの人骨が埋葬されています

その数、70000体以上ともいわれています

その一部は、教会の中を歩いているとガラス張りになっている床の一部から
確認することができます

外に出ると、建物の壁や広場を埋め尽くす鳩たちを
鐘楼の近くから狙うハゲタカを見ました

P1120131s

ペルーだから”コンドル”かと思いましたが・・・

屍(しかばね)を狙うハゲタカたち、自然の摂理を感じます

デサンパラードス・ステーション

P1120153s

駅舎ですが、この駅に列車が来るのは月に一度

P1120160s

建物内部は、ギャラリーのようになっています

P1120162s

床のタイルもスペイン風

P1120164s

陽気な駅長さん?館長さん?の女性が、
日本語であいさつ(スピーチ)してくれました

P1120156s

駅舎の正面は、大統領府(大統領官邸)

P1120166s

かつては、フジモリ大統領もここに住んでいたそうです

(現在の大統領はここにはいません)

裁判所など官庁が立ち並んでいたこの地域も
一時荒廃しかけていたそうですが、
市が建物を買い取って整備し、現在は一部、店舗になっています

P1120154s

大統領府が近くにあるためか、ものものしい警備が行われています

P1120169s

おかげで観光客も安心して散策できますが・・・

この先、アルマス広場に向かいます

つづく

ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

2017年10月15日 (日)

ペルー周遊ツアー4~ラタム航空でロスからリマへ~

ペルー周遊ツアー つづきです

ロサンゼルス国際空港で、出国手続きが終わり
しばし自由時間です

空いている搭乗ゲート付近でネットなどを・・・

P1120033s

充電設備も充実していますし、
無料のWi-Fiもつながります(45分くらいの制限あり)

次の飛行機で食事が出ると聞いていたので
がっつり食べるのは控えましたが、
小腹が空いて、アメリカに立ち寄った記念sign02のおやつ

P1120031s

体に超悪そうな色をしたshockファンタオレンジと
SNYDER'S塩味のミニプレッツェル(大好物heart04

定刻1時間ほど前にラタム航空へ搭乗です

P1120035s

LA601便は、ペルーの首都・リマを経由して
チリの首都・サンティアゴまで行きます

日本には乗り入れていない南米系の航空会社です

P1120036s

機体は787-8という 部品の多くが日本製というアレです
(中部国際空港から部品運んでます)

P1120040s

機内の座席を撮影したつもりだったのですが、
この後、赤い制服のCAさんがわざわざポーズをとってくれました(笑)

座席は選べず、後部の3人席のど真ん中という悪条件weep

おまけに左隣のおじさまは、なかなか恰幅の良い方

これで右隣にも恰幅の良い人が来たらどーしよー
これから、8時間地獄が待っているかも、と
ドキドキしていたところ・・・ 

私より少し?若い女性(体型は私といい勝負sign02)がやってきて、
いきなり私に何やら話しかけてきます

英語もおぼつかない私に、さっぱりわからない言葉で・・・
(多分、スペイン語)

隣のおじさまが、なんとなく通訳してくれて、
どうやら「ダンナと離れてしまっているから、席を替わってほしい」
というのです

それは、席にも寄るけど・・・と思いつつ 聞いてみれば、
窓際ではありませんかぁぁぁhappy01

窓際ならどこでもいいわっheart04

ということで、プチアップグレードのような気分でチェンジ

私たち日本人は、
チェックインカウンターで席の希望が通らなければ
あきらめる人も多いのですが
このバイタリティは見習わなくっちゃ、だわ

エコノミー前方の窓際に移ったとはいえ、夜便なので景色はありません
それでもまたまた気分は開放的になりますhappy01

エンターテイメントは(映画も音楽も)日本語なんてないので
適当に音楽聴いたりして過ごしました

P1120046s

P1120047s

北米から南米って近そうに感じますが、
太平洋を横断して日本から北米へ向かうのと同じくらいあります

搭乗して1時間ほどで機内食restaurant

P1120049s

ここまで来れば、飲むぞ~と張り切って白ワインbar

見た目は、北米系の機内食な感じで、おいしそうに見えませんが
このチキン、いわゆるチリソースっていう感じのピリ辛で
なかなか味付けも良いのです

辛さも相まってワインが進み、おかわりしちゃいましたが、
ちょっと飲み過ぎた~wobbly

食後の飲み物(紅茶)には、チョコレートもついてきました~

P1120051s

機内の照明は、「寝ろ」といわんばかりなので(苦笑)

あとはウトウトしながら数時間を過ごし

P1120060s

二度目のお食事(朝食)

P1120056s

ハムとチーズのサンドですが、
これもほどよく温められていておいしくいただきました~

飲み物も(何度もまわるのが面倒なのか)
一度に2種類くらい希望を聞いてくれます

ナメてました、南米系航空会社airplane 

意外にも快適でしたgood

ちなみに、ラタム航空はJALのマイルもたまります

そして、夜が明けてきましたsun

P1120065s

翼の上でも、外が見えるのはうれしいっheart04

ほどなくしてリマに到着~

P1120068s

天候は曇り、17~18℃くらいだったと思います

タラップでの降機でしたので、こんな写真も撮れました~(^^)v

Img_0623

バスに乗ってターミナルに向かう途中に見かけたPOLICIAの機体

P1120076s

あ~、長かった~ ロスから8時間
日本から乗り継ぎも含めると、丸々1日ということになりますsunmoon3

やっとペルーに入国です

P1120082s_2

入国審査は記憶にあまりないので、楽勝だったんだと思います(苦笑)

ロサンゼルスに比べたら
首都といってもそんなに大きい空港ではありません

無事、スーツケースも届いていました~

到着したのは午前8時頃

現地のガイドさんと合流して、このまま市内観光へ出発です


ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

2017年10月12日 (木)

ペルー周遊ツアー3~アメリカ乗り継ぎは大変~

ペルー周遊ツアー つづきです

いつもなら飛行機の旅の記録だけですむのですが
今回は、これも旅の途中の大きな出来事でしたので
記しておきたいと思います

私は2006年にN.Y.に行って以来のご無沙汰なのですが

今回大きく変わっていたのは

 ・ESTA(電子渡航認証システム)の事前登録が必要

 ・入国審査の機械化

アメリカでは、8年ほど前から
観光やビジネス目的で90日以内の滞在の際には
ESTAの認証が必要になりました

一歩も空港から出ない乗り継ぎでも、です

まったくもって面倒くさいのですsad

幸い、ESTAはツアー代に含まれていて
旅行会社で手続きしてくれたので助かったのですが

916db7adb2824edab1ea25119940a596

入国審査は自分でやるしかありませんweep

飛行機を降り、長~い通路を歩き

P1110995

長時間搭乗で体がコチコチなので、歩きますdenim

「アメリカだぞーー」を感じつつ階段を下り

P1110998

「ESTA」と書かれている方に流れていきます

すると・・・

ATMのような機械がずら~り

Img_0614

これがウワサのアレsign02

日本語が選択(多分、左下の丸の部分)できますので、
税関申告書に書いた内容をタッチパネルで選択していきます

困ったときは、係員が巡回しているので、
キョロキョロしていれば教えてもらえます(笑)

次にパスポートをスキャンニングさせ
さらに指紋をとります

最後に機械がググーっと顔の高さに合わせて動き出し
顔写真を撮られて完了~ やれやれsweat01

で、出てきたレシートを見ると・・・

大きなバツがついているではありませんかsign01

P1120005

ここまでの努力は水の泡sweat01

結局、人のいる審査台で手続きです

だったら最初から機械なんかでやるな!と言いたくなります

ツアー同行者の様子を見ていると、ほぼバツです

指紋などが鮮明に映ってないのが原因なのだそうですが・・・

普通の入国審査なら何度か経験はあるものの、
ドキドキしながら審査官の前に立つと・・・

「のりつ~ぎ?」

「よんほん、ね。みぎ~」

「おやゆ~び」ときた(笑)

そこで再び指紋などを取られ
ほぼ英語を話すことなく完了で、ずっこけましたshock

しかし、とにかく時間がかかるのです

乗り継ぎが2時間くらいしかないと危ないとはこのこと。
混雑も考えると、やはり3時間以上は見ておかないといけません。

やっと自分の荷物を受け取ります

P1120008s

ターンテーブルには面白い仕掛けもなく、いたってシンプルcoldsweats01

こんな通路を通って・・・ 

Img_0615

再度、目的地に向けて荷物を預けました

もうここまででクタクタwobbly

こちらで、乗り継ぎのラタム航空のチケットを発券

P1120015s

P1120020s

かと思ったら

私の場合、羽田からすでに発券されていたのですが、
(他のツアー客との足並みを揃えるため)再発行のお願い

添乗員さんは他の方の対応中だし、
結局、わけのわからない単語並べて強行突破dash

またまたエスカレーター昇ったり、歩いたりして、

空港内だけで1km以上歩いたんじゃないかと思うくらい
歩きましたよ~denimdenim

日本から直行便のない南米へは仕方のない「試練」です

一時は、カナダ経由のツアーも検討しましたが
(カナダもeTAという電子渡航申請が必要ですが)
結局は、アメリカ乗り継ぎのツアーが圧倒的に多いんです

手荷物検査もまたまた大変

P1120021s

待ちが長いので、天井を眺めて楽しんでました
(地震のこととかまったく考えてなさそうなオブジェ)

上着や靴は脱げ、ベルトは外せ・・・おまけに回転式の
スキャナに入れられてバンザイpaper

さらに女性の検査官にボディタッチのチェックまでされ・・・

さっき入国したばっかりなのに、もう出国しちゃいました~(笑)

P1120023s

免税店や飲食店が立ち並ぶターミナルで次の便を待ちます

つづく



ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

2017年10月11日 (水)

ペルー周遊ツアー2~全日空でL.A.へ~

ペルー周遊ツアー つづきです

羽田空港から搭乗したANA(全日空) NH106便
まずはアメリカ・ロサンゼルスへ

P1110945s

今までに搭乗した機体(エコノミー席)の中で、
いちばん空間は広いかも~

P1110963s

B777-300です

さらにビックリなのは、機体前半分くらいが
ビジネスクラスというレイアウトになっていました

安い料金で乗る人より
やっぱりビジネスクラスご利用の方が儲かりますもんね~dollar
(いつか乗ってやるぞdash ビジネスクラス)

NH106便は、深夜便moon3

窓際に座っても見えるのは夜景だけ、そして飛んだら漆黒の風景

P1110966s

楽しみにしている機内食も・・・

トルティーヤ(ラップサンド)

P1110968s

これだけですwobbly

基本、寝るだけなので満腹にする必要もなく・・・
耐えられない方は、空港でガッツリ食べておきましょうrestaurant

見た目はチープですが
カレーのスパイスが効いて、美味でした~

一緒に温かいスープをいただきましたが、これも美味~japanesetea

ミネラルウォーターがボトルで配られるのもありがたいっ

お酒もbeer無料でいただけますが、私はやめておきました

で、あとは寝るだけですが
せっかくの日系航空会社ご利用なので
ちょっとくらいはエンターテイメントを楽しみたいわけで

P1110959s

ちょっとだけ映画も見ました
(あまり映画好きではないので・・・1本だけ)

映画のほかに、テレビ番組の録画メニューもたくさんあるので
映画やテレビ好きの方には時間が足らないかと思いますが・・・

 ※お食事や映画・音楽のメニューはこちらでご覧になれます

相変わらずルートマップを表示して
音楽を聴いたりして時間が経つのをじっと待つ私・・・

やっぱり熟睡はできませんねweep

P1110970s

3列席のいちばん奥(窓際)にいるので
トイレに行くのにも気を遣ってなかなか出られませんでしたsweat01

それでも、気分的に窓際にいるほうが落ち着くのです

P1110971s

数時間耐えて、こんな景色が見られてうれしい~heart04 

到着2時間前くらいに朝食!?です

P1110975s

和食と洋食からのチョイスで、
和食をいただきましたが、お魚の味付けが濃かったです

そして、いよいよアメリカ大陸上空に

P1110981s

アメリカっぽい赤茶色の陸地が眼下に見えてきます

だんだん町も近づいてきます

P1110987s

着陸~

P1110990s

アメリカン航空の機体が、めちゃめちゃ”アメリカン”です

アメリカ大陸は、実にニューヨーク以来11年ぶり
西海岸はそれ以上のご無沙汰です

アメリカは乗り継ぎだけなのですが、
ここから厄介な出入国審査(イミグレ)など手続きがあるのです

果たしてすんなり抜けられるのかっ

つづく


ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

2017年10月 9日 (月)

ペルー周遊ツアー1~羽田空港から出発~

南米のペルーに行ってきました

最大の目的はもちろん 世界遺産・マチュピチュ遺跡

Img_0707s

あと10数年後、仕事も落ち着いた頃になったら
ゆっくり2週間くらいかけて行けばいいやと
思っていた旅先ですが、
最近ガクッと体力や気力が落ちている自分にとって
「行くなら今しかない!」とスケジュールをやりくりして
決行にいたりました。

譲れない条件などいくつか考慮しながら
今回もクラブツーリズムさんのツアーにおひとり参加。

予想通り?というのか
場所柄おひとり参加比率が多く、心強いスタートにheart02

旅のスタートは羽田空港airplane

深夜便のため、夕方まで仕事をしても間に合いました

京急線が午前中の雨のためダイヤが乱れているとのことで
久しぶりにモノレールにて・・・

Img_0572

新幹線が品川駅に停車するようになって京急オンリーでしたが
モノレールってこんなに乗り継ぎラクだっけ?

国際線ターミナルは、昨年日日帰りツアーで見学したので二度目ですが
搭乗目的はお初なので、テンション上がりますup

P1110918s

成田空港に比べてかなりコンパクトだし
何より中部空港とレイアウトがそっくりなので(苦笑)
いろいろとラクになりました~

羽田発かつ、乗り継ぎ地までがANA(全日空)というのも
ツアーの決め手になりました(陸マイラーなので・・・)

ツアーカウンターで手続きをして、手荷物預けへ

ANAは、搭乗24時間前からオンラインチェックインができるので
すでに席は確保済みgood

荷物を預けるだけだったのですが、
システムトラブル解決直後で、手荷物カウンターも混雑

そんな人混みをよそに・・・ビジネスクラスカウンターご利用です

P1110920s

マイレージカード兼クレジットカードの特典で、
国際線はエコノミー利用時でも、ビジネスクラスカウンターで
手続できちゃうのです

爽やか&イケメンのお兄さんに誘導されて、
丁寧に手続きしていただきご満悦でございますhappy01

その後、ターミナル4階あたりを偵察にいきつつも・・・
(ここなら搭乗しなくてもいつでも利用可なので)

せっせと制限エリアに向かいます

おっと、その前に両替dollar

P1110921s

日中レートを見ていたら、みるみるうちに円安になってショックwobbly

とりあえず、3万円ほどドルに両替。
ペルーは、観光地ではおおよそドルも使えるそうなので・・・
(ただしお釣りは現地通貨になります)

深夜便のせいもあってか手荷物検査もスイスイ

F4ab2155f5af4ae9a77f6981f1be5b76

(午後9時過ぎくらいから深夜便のお客さんで混雑するようです)

搭乗口は出国審査場からすぐのところだということを確認し、
まずはフードコートへGodash

国際線ターミナルは、制限エリア内のほうが
リーズナブルなお店が充実しているような気がします

P1110934s

スープ、たこ焼き、カレー、ラーメン、お寿司・・・迷うほどいろいろあります

しかし、機内の人になる前にはうどんが定番の私

P1110938s

つけ麺も気になりましたが・・・やはりこれ

Img_0596

きつねうどんwith煮卵 (ゆでたまごも大好きheart04)

フードコートの割には、居心地の良いソファーなどもあり
ここでも十分過ごせたのですが・・・

P1110939s

たまにしか使えないカード特典を使わなくっちゃとラウンジへ

6d3d463bae7d4c16b1a9d0c43241162d

SKY LOUNGE ANNEX

Img_0606_2

カードラウンジでは、ソフトドリンクが飲み放題です
(中部空港と福岡空港ではビールbeerも飲めるんだけど、ね)

Img_0598

Img_0600

ちょうどタイミングよく、ほぼ貸切のような空間でまったりと・・・

昼間ならもっと空港の景色が楽しめるんですけど、ね

7aa63dd8bb5d46689d96d22050f23b86

ラウンジを出るころには、人がぞろぞろと入り始めていましたよ。

深夜にこんなにも発着しているなんて驚きですhappy02

Img_0608

午後10時近くなり搭乗口に集合

P1110945s

若干搭乗時間が遅れましたが、機内の人になります!

あっ、これはいつか乗ってみたいビジネスクラス(フルフラット)

P1110952s

エコノミーはこちらです

P1110957s

後方窓際なので、早々に乗り込みました

長旅のお供は、
ダイソーで買った300円のネックピローdownwardleftこれ、大活躍です)

P1110958s

相変わらず長い長い旅行記になりますが

気長にお付き合いいただければ幸いですcoldsweats01



ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

2017年9月22日 (金)

「直虎」ゆかりの地めぐり16~静岡・龍雲寺~

先日、静岡県立美術館での
「戦国 井伊直虎から直政へ」展への帰り道

静岡市内の直虎ゆかりの地 (今川家関連)を
訪ねて来ました

龍雲寺 (りゅううんじ)

P1000236s

曹洞宗の寺院で、正式名称は洞谷山 龍雲寺

このお寺の名前を聞いて、
大河ドラマに出てくる「龍雲丸」(架空の人物ではありますが)を
ついつい連想してしまいました(笑)

本堂

P1000235s

住宅街の中にある地域のお寺さんという風情ですが
今川家の寿桂尼(じゅけいに)の菩提寺でもあります

寿桂尼は、駿河国を治めていた今川氏親の正室

氏親の死後は尼となり
子の氏輝、義元、孫の氏真の代に渡り
今川家の政務を補佐してきたことから
女戦国大名 とも言われてきました

大河ドラマの中では、
浅丘ルリ子さんの不気味さを感じる演技が印象的でした

出生年は不明ですが 推定年齢70~80代のご長寿

本堂の前にある説明看板

P1000238s

このお寺の位置する場所は、
今川館(後の駿府城)の鬼門にあたる場所で
遺言によりここに葬られたそうです

石碑

P1000239s

石碑の上部にある角印のようなものは、
寿桂尼が朱印状に使用していた印をかたどったものです

本堂の裏手にまわると墓地があります

P1000241s

普通の墓地ですが、看板に沿って進むと・・・

ちょっと不安に・・・

P1000242s_2

先日の「竜宮小僧」は、イノシシの出そうな道でしたが
今度はヘビにでも出くわしそうwobbly

私が訪ねたときは、草を刈っていましたので今頃は大丈夫sign02

先客がいらっしゃったので進んでみることにしました

P1000244s

石塔

P1000245s

2つありますが、いずれが寿桂尼のものか定かではないそうです

特に説明書きがあるわけでもなく、
一時は、女戦国大名とも恐れられた寿桂尼が
今川家の菩提寺と離れ、一人ひっそりと眠る場所でした

駐車場は本堂の裏手(墓地の脇)

P1000247s

静岡県立美術館と静岡駅のちょうど中間くらいにあります

年に2回ほど一般公開される今川家の菩提寺 臨済寺も近いので
あわせて訪ねてみるのもオススメです

P1010334



【ももよろず日記関連記事】

pencil徳川家康が幼少を過ごした臨済寺へ(2015.10)





ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2017年9月17日 (日)

三重の神社とお城をめぐる旅13~鳥羽から伊勢湾フェリーで~

長編になってしまった三重の神社とお城をめぐる旅
いよいよ最終章ですsweat01

フェリーの乗り遅れないように鳥羽市内へ入り、
まず向かったのはこちら

赤福 鳥羽支店

P1110524s

来たからには、夏限定のこちら

赤福氷

P1110528s

平日の夕方近くということもあって
待ち時間もほとんどなくいただくことができました(^^)v

伊勢神宮以外に足を運ぶ余裕があれば
二見や鳥羽などの支店は穴場かもしれません

 pencil詳細記事はこちらにて

食べている途中に、通り雨がザザーrain
今回の旅、雨雲を連れまわって移動してしまったようです(苦笑)

すぐ近くの鳥羽駅前には、新鮮な魚介類をいただける
テナントのようなお店が並んでいました

P1110522s

こちらまたの機会に・・・

とりあえず場所の確認をということでフェリー発着所へ

鳥羽水族館に隣接したビルが乗り場です

P1110546s

鳥羽水族館に来たのは何年前のことでしょう?

当時、バックヤードツアーというのに参加したことがありますが
「工場見学」の走りのような感じで楽しかった記憶があります
(現在も、「うら側探検隊」という企画で開催されているようです)

しばし周辺を散策denim

水族館の前で、ポストに乗った可愛いオブジェ発見heart04

P1110545s

その近くにあった看板

P1110542s

今では、水族館よりこっちのほうがワクワクする私happy02

道路の反対側には・・・

P1110541s

立派な石垣が見えるではありませんかぁぁ

そう、ここは、鳥羽城址 
詳しく知りませんが、水軍の城だったようです

行ってみたかったのですが、車の往来は激しいし、
時間的にちょっと中途半端になりそうで、今回は断念・・・

予約はしてありましたが、
乗用車ごと乗り込むので、余裕を持ってフェリーのターミナルに

P1110547s

ターミナルビルの2階にチケット売り場やおみやげ売り場があります

平日最終便を待つ人は少なかったです

昔、高速道路がまだ未発達の頃には
鳥羽や伊勢方面に旅行といえば
往復あるいは片道はフェリーを利用したものです

P1110548s_2

地図で見ると鳥羽と伊良湖の近さがよくわかります

陸路が便利になって
数年前にフェリー航路の廃止のニュースが出ましたが
関係自治体などの努力で、航路は継続されています

ターミナル2階の展望が良いので、船の到着を見ていました

P1110554s

いよいよ船へ乗り込みます

フェリーに自分自身で運転して車ごと乗り込むのはお初ですbleah

P1110559s_2

40台ほど収容ということで、ちょっぴり心配もしましたが
実際は余裕があり、駐車も特別なテクニック不要でよかった~sweat01

定刻通りの出航

客室も昔の記憶はあまりありませんが、広々として清潔です

P1110561s_2

売店もあります

P1110570s

客室の居心地も良いのですが
海風が心地よさそうなので、甲板に出てみました~

P1110572s

夕日や行き交う船shipを見ていると楽しい~

P1110583s

1時間で伊良湖に到着 あっという間の船旅でした~

P1110590s

P1110598s

伊良湖からまだ自宅までは70km近くの距離がありますが
豊橋バイパスも開通し、ほぼ直線で帰ることができましたrvcar

フェリー乗船は、車1台と大人一人料金で7000円弱
(車の大きさにより異なります)

少人数ならば運転手の負担や高速代を考えると
オトクなルートだと思うのです

愛知県東部や静岡県、さらにはその先に行く(帰る)方に
もっと利用してほしいなぁと思うのでした

 pencil詳細記事はこちらにて

久しぶりにフェリーの良さを見直しつつ
伊勢神宮以外にもみどころの多い三重を満喫することができました

そして、今回訪ねられなかった神社や神事など
また計画を練って訪ねてみたいと思うのでした

おしまい



pc伊勢湾フェリー

pc鳥羽水族館




ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2017年9月16日 (土)

三重の神社とお城をめぐる旅12~二見興玉神社~

三重の神社とお城をめぐる旅 つづきです

(月讀宮より)車で20分ほどで到着rvcar

二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)

海岸沿いの景勝地・二見浦にある神社です

御祭神は、

猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)

宇迦御魂大神(うがのみたまのおおかみ)

海岸に面する無料駐車場に車を停め
こちらからスタート

P1110505s

古くは、伊勢神宮にお詣りする人々が
海水で心身を清めて禊(みそぎ)をする浜参宮でした

しかし、そんな神聖な場所とは裏腹に
私のイメージでは、社員旅行や家族旅行など
団体でにぎやかに訪ねる観光地

実際にも今まではそんなシチュエーションばかりcoldsweats02

今回はひとりで厳粛に・・・のつもりですが
周囲は、やっぱり団体さんや若いカップルが多い ザ・観光地

ここまでの別宮めぐりから一転して
一気に「俗」の世界へ引き戻されてしまった感じsad

鳥居をくぐると、そこは海沿いの参道

P1110517s

暗い雲が近づいてきて、お天気にもハラハラしながら・・・

手水舎は蛙(カエル)の大集団

P1110509s

こちらの神社は、神さまのお使いが蛙ということで、
この他にも、奉納された蛙の石像などがたくさんありました

参道を進んで行くと、よくテレビなどで目にするこちら

夫婦岩(めおといわ)

P1110511s

沖合い700mほどのところに、
猿田彦大神ゆかりの興玉神石が鎮座しているそうで、
夫婦岩としめ縄は、これを遥拝する「鳥居」と見なされているそうです

また、夏至の頃にはこのしめ縄の上に日の出を拝むこともできます

さすがにここに立つと、神聖な気分になりましたshine

岩と岩との間のしめ縄は9mほどあるそうで、
年に3回ほど架け替えが行われるそうです

その案内がこちら

P1110516s

すごいですっ、一度これは見てみたいっ!

ただでさえ「巨大工事現場好きheart04」な私が、
人の手によって、これだけの巨大ロープを架け替える現場を見たら
感動、感動weep・・・に違いありませんっ

次は冬かぁsnow 考えておこう・・・

で、しめ縄のことばかり考えていたら
お社の写真撮り忘れてしまったようですcoldsweats02

お社側から参道を見た景色です

P1110512s

戻る途中、赤い鳥居の付近には

天の岩屋

P1110514s

稲を司ると言われるご祭神・宇迦御魂大神を祀った
岩窟の遺跡と伝えられているそうです

天照大神がお隠れになった「天岩戸」のひとつともされています

ご朱印はこちら

0675e822ff5e4256978bcf2b443b5532

大注連縄張神事と日の出

この目で見るために、また訪れたいと思います

いよいよ三重の神社とお城をめぐる旅 最終章へ つづく




ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2017年9月15日 (金)

三重の神社とお城をめぐる旅11~月讀宮~

三重の神社とお城をめぐる旅 つづきです

車を少し走らせ、内宮から伊勢自動車道の伊勢インターへ向かう
国道23号沿いにある別宮へ

月讀宮(つきよみのみや)

内宮の別宮です

直前に訪ねた月夜見宮
若干漢字表記が異なりますが、同じ読み方

お祀りしている神さまも
月夜見宮と同じく、天照大神の弟神

月讀尊(つきよみのみこと)と表記されています

また、同時に月讀尊荒御魂もお祀りされています

さらに、天照大神と月讀尊の親神である
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
が祀られています

駐車場を利用すると裏参道から入ることになります

P1110496s

近鉄五十鈴川駅trainからも徒歩denim圏内のようです

こちらも木々に囲まれた清々しい参道を歩いてお社へ

実はこちらへの参詣は二度目ですが
他の別宮と大きく違って、お社が4つも並んでいることに驚きます

P1110499s

この角度では、3つのお社をフレームに収めるのが精いっぱいですsweat01

どの順番でお詣りしたらいいのか悩んでしまいますがご心配なく

ちゃんと順番が書いてありますhappy01

P1110500s

よ~く見ると、右から二番目の
月讀尊のお社(月讀宮)が他よりちょっぴり大きいです

ところで、お社が1つ、あるいは2つのところは
遷宮で左右(方角では東西)に交互にお社が移るのですが
ここはいったいどうするんでしょう?

と思ったところ
このお社の奥にちゃんと古殿地があるそうで
前後(方角では南北)に移るそうです

古殿地を見るたびに思うのですが、
次の遷宮も無事にみられるように元気でありたいものですdenim

駐車場に戻る途中に、ひっそりとたたずむお社

葭原神社(あしはらじんじゃ)

P1110504s

案内の石柱も控えめなのです

内宮の末社で、五穀豊穣の神さまである
佐佐津比古命(ささつひこのみこと)など
3柱の神さまが祀られています

P1110502s

傍には、なんだか良い雰囲気の木がありました

P1110503s

ご神木ではないようですが、どっしりと根を張っていてパワーを感じますshine

月讀宮のご朱印はこちら

C8d2bb7c6fa5466aa47d37ffd9e1852f

ここまでで伊勢神宮6つの御朱印をいただきました

内宮と外宮は昨年から今年初めにかけて、
別宮の4社は、今回の旅にてご朱印をいただきました

残る1つは、志摩にある伊雑宮(いざわのみや)
距離的に、この日訪ねるのは無理なので次の機会に

7社でご朱印をいただくためには、
短くても1泊2日は必要かと思います

神宮会館や別宮などでは
わかりやすい地図など資料もいただくことができます

4070d0340184446b809f3af48399000e

私は、距離的にも恵まれていると思いますので
一度に全部とはいわず、焦らずまたこの地を訪ねたいと思います

この後は、鳥羽の港に向かいがてら二見へ立ち寄ります

つづく



pc伊勢神宮(月讀宮)




ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2017年9月10日 (日)

三重の神社とお城をめぐる旅10~月夜見宮~

三重の神社とお城をめぐる旅 つづきです

内宮にも外宮にも、そして「おかげ横丁」にも寄らずに 向かったのは

月夜見宮(つきよみのみや)

外宮(豊受大神宮)の別宮になり
外宮からもほど近いところにあります

P1110495s

市の中心に近いので駐車場もあまりなく
車を停めるまでにちょっと時間がかかりました

(外宮からもほど近いので、そちらに停めれば徒歩圏内かと・・・)

市街地とはいえ、鳥居をくぐると別世界
木々に囲まれた緑の世界に入り込みます


天照大神の弟神
である月夜見尊(つきよみのみこと)と
月夜見尊の荒御魂(あらみたま)が祀られています

農耕とも深いかかわりを持つお社です

P1110491s

なぜか参道の写真は撮影していなかったのですが、
思わず目を奪われたこちらの大木

樹齢数百年といわれるご神木の楠

P1110492s

雷に打たれたような痛々しい姿にもかかわらず
力強く根を張り、枝を広げているところに強い生命力を感じます

こちらも訪れる人は多くないので、ゆったりとお詣りできます

ご朱印はこちら

D88d81b5cbaa45c08a676598d8de3272



pc伊勢神宮(月夜見宮)




ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

«三重の神社とお城をめぐる旅9~神宮の博物館~

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」

【広告】エイビーロード

  • AB-ROAD
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン

【広告】るるぶショッピング

  • るるぶショッピング
無料ブログはココログ

お気に入り

【広告】宿らん

  • お宿のクチコミ

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから