2018年2月22日 (木)

鳥取県横断の旅12~すなば珈琲再び、そして帰路~

鳥取県横断の旅 ラストです

レンタカーでの道中
地元のスーパーで、ご当地みやげを購入しました

自宅用なら地元のスーパーのほうがオトクですし
地元民御用達の掘り出し物も見つかっちゃうかもしれません

8b52746ccdf14933940245f5b5d5666b

とうふちくわやらっきょう漬け、梨(新興梨という11月に収穫される品種)など

そして、次に向かったのは、すなば珈琲

また?と思われてしまいますが、
朝は駅前でモーニングコーヒーでしたが、今度は郊外でランチです

空港からほど近い
海鮮市場かろいち という海産物を売る商業施設

Img_1170

この奥に すなば珈琲 賀露(かろ)店

7e4585d55928494bbec04237ce7eaea1

入口でいきなり「16:00閉店ですけど、よろしいですか?」と聞かれ・・・

その時、既に15時30分happy02

楽しみにここまで来ているし
食事も大丈夫といっていただいたので30分勝負!(チーンbell

もさエビカレー(ランチ)をオーダー

A55e9c9517cd47929d0cce1b593ed9ec

もさエビは、鳥取のご当地グルメ
傷みが早いそうで、地元以外にはあまり出回らない「幻の味」

具だくさんのシーフードカレー、美味しかったですhappy01

コーヒー付き(なぜか味噌汁も)で750円くらいとリーズナブル

お食事&デザートメニューも豊富 (コメダより充実かも!?)

Img_1160

Img_1161

ちょっと時間オーバーしちゃいましたが、ゆっくりお食事させていただきました

インテリアがめちゃくちゃ鳥取らしい店内です(笑)

7f09225a43e04f3381ba2046234f5d25

駅前店では購入できなかったオリジナルみやげもゲット

Bd31898f61cf4b6bab0c0d1d28363d24

ドリップコーヒーは店舗限定、クランチチョコは空港などで買えます

丸々2日間、存分に鳥取県内横断の旅を楽しんで空港へ向かいます

2日間、快晴とはいきませんでしたが、
ちらほらと晴れ間も出て、観光に困るほどの雨も降らずラッキーでした

空港に到着する頃には、雨も本格的に降りだし
空港内で待機している時にはドシャ降りに・・・rain

鳥取砂丘コナン空港

4999c2a9618142369a688c084b98bcaa

↑この建物は国際会館という施設

トリックアートの撮影スポットがありました

P1130908s

米子鬼太郎空港と並んで、マンガの世界を楽しめます

空港ターミナルのコインロッカー

P1130911s

そして、先ほど すなば珈琲に行ったばかりというのに
空港のターミナルに入るやいなや、すなば珈琲を発見

F70631750f224c1098dc14eaa861f2e7

えーーっ聞いてないよ~~

それもそのはず、本日オープンということで、事前情報もキャッチできず(>_<)

さすがにお腹がチャポチャポになるのでやめましたが・・・

その後、飛行機の遅延&被雷のための点検で出発が遅れるとのアナウンス

208e310ab4a246b8bbcdfe821c8b2aaa

1日5往復の羽田便(ANA)しか発着しない鳥取空港は、
とてもコンパクトなのですが、ラウンジもなく、遅延するとヒマつぶしが辛いweep

P1130917s

欠航せず、羽田着後も最終の新幹線に乗ることができてホッ

P1130918s

出発(天候調査・条件付運航)からはじまり
帰着(遅延、被雷の機体に搭乗)まで、すべてがはじめての経験
ハラハラドキドキの飛行機旅でしたが、
今回もマイレージで旅をさせていただいたANAさんに感謝です

最近、静岡空港から出雲への便の就航が決まり、
不便だった山陰へのアクセスがちょっぴりよくなりつつあります

とはいえ、ちょくちょく行けるところではありませんが、
「砂丘つながり」の鳥取県は、いずれまた訪ねてみたいです

鳥取県横断の旅 おしまい






ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2018年2月18日 (日)

鳥取県横断の旅11~白兔海岸と白兎神社~

鳥取県横断の旅 つづきです

海岸沿いから市街地に戻り、再び海岸沿いへcar

地方の旅には、レンタカーがあれば
時間も有効に活用できますし、多少の悪天候も気にせず動けます

道の駅 神話の里・白うさぎ

国道9号沿いにあり、風光明媚な海岸があります

P1130899s

2階のテラスから日本海を臨む

この海岸は白兎(はくと)海岸と呼ばれ
日本神話、古事記などで知られる「因幡のしろうさぎ」の舞台です

沖に見える島は、淤岐ノ島(おきのしま)

白うさぎが住んでいたとされる島には、鳥居が立っています

P1130900s

道の駅にいた名誉駅長

P1130897s

そして、道の駅の駐車場から石段を登った先にあるのが

白兎神社(はくとじんじゃ)

P1130898s

石段の先は社殿修復中?と思って登っていくと

囲いの中には砂像がありました~

P1130877s

大国主命に助けれらた白うさぎが、
大国主命と八上姫の仲をとりもったストーリーが像になっています

参道沿いには、うさぎが乗った石灯籠が並んでいます

P1130879s

P1130880s

鳥居をくぐると、左手に手水舎、右に洗池(みたらしいけ)があります

P1130881s

毛皮をはがされ傷ついた兎が、大国主命の助言で
この池で体を洗って、蒲の穂を傷口につけたら全治したと伝わる
パワースポット・・・というのを実は後で知りましたcoldsweats02

社殿

P1130889s

P1130890s

創建は古いと伝わりますが、戦乱で社殿などが焼失していたところ
江戸幕府の初期頃に再興されたそうです

ご祭神は白兎神、合祀に保食神の豊玉比売(トヨタマヒメ) 

白うさぎの傷が全治したことから皮膚病にご利益があるそうです

また、医療発祥の地としても崇敬されています

それ以上に、近年では
白うさぎが、大国主命と八上姫の縁をとりもったことで
縁結びの神様heart01として人気があります

P1130883s

流造(ながれづくり)の本殿は明治時代の建築

P1130884s

また、本殿の下に注目!

菊座石と呼ばれる菊の紋をあしらった珍しい土台があります

P1130886s

P1130887s

その後、お詣りをして参道を戻る途中に
鳥居のところで、上に向かって石を投げている人たちに遭遇

P1130892s

鳥居の上部に注目sign01 何、何??

白い石を鳥居にのせてお願い事をすると叶うとか・・・
私もマネして、そこらに落ちている石で挑戦してみたけどまったくダメダメ

P1130893s

そもそもこの、「結び石」購入してチャレンジするようです
(御守りにして持っていても良いそうです)

他人の落こぼれで、なんとかしようなんて・・・不届きものでしたm(__)m

ご朱印はこちら

Cb45feb06ec64df3acc038dcfd818016

うさぎの印がかわいらしいですね

また、こちらでは、うさぎの表紙のご朱印帳が人気だそうですよ

白兎神社を参拝中は雨に降られませんでしたが、
境内を出た頃にパラパラと降りはじめました

というわけで2日間の鳥取観光もそろそろおしまい

空港に向かう前に、アレで旅を〆たいと思います

つづく






ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2018年2月11日 (日)

鳥取県横断の旅10~鳥取城跡~

鳥取県横断の旅 つづきです

鳥取砂丘の次に向かったのは鳥取城跡

日本百名城にも選ばれている鳥取城は
お城好き、歴史好きには気になるスポットです

16世紀中頃、山名氏により築城された後
戦国時代に激しい攻防に巻き込まれながら
その後、池田氏の居城になりました

豊臣秀吉による「兵糧攻め」が有名ですが
裏を返せば、落とし難い城ということになります

官庁などか集まるエリアに近い久松山(きゅうしょうざん)の麓

P1130827s_2

P1130826s

堀沿いの路肩に無料の駐車スペースがありますrvcar

山全体に史跡がありますが、体力&時間の問題もあり
今回は、山下ノ丸(さんげのまる)と呼ばれる
山の麓に当たるエリアのみの散策となりました

北の御門跡から城内へ

P1130828s

P1130831s

石畳の途中、右手にレトロな洋館があります

仁風閣(重要文化財)

P1130833s

明治時代の建築で、
大正天皇が皇太子時代に山陰を訪れた際の宿舎として
建築されました 

残念ながら休館日でした・・・(開館日は百名城スタンプ設置場所)

西坂下御門

P1130836s

門をくぐった先には石段と立派な石垣が続きます

P1130841s

百名城に選ばれるだけあって見事です

昨年の松阪城跡も訪ねてみて驚きの連続でしたが
鳥取城も負けていません

P1130844s

修復したばかりの感がありますが・・・

1617年に鳥取藩主となった池田光政は、
祖父・輝政のもとで姫路城を築いた職人たちを連れて
姫路から鳥取に移ってきました

その職人たちの手により造られた建物は、
姫路城の「弟城」ともいわれ、明治初期まで残っていたそうです

三階櫓跡

P1130846s

このあたりは二の丸跡

P1130847s

かつては御殿などが建っていた空間です

P1130851s

初冬で、雨の降りだしそうな天気のため
城内を歩く人はほとんどいませんが、桜の頃にはにぎわうのでしょうねcherryblossomcherryblossom

市街地の展望もGoodです

P1130874s

表御門跡

P1130856s

お城の正面入口だった場所

P1130858s

この辺り、大々的に工事中danger

立入り禁止の柵が至る所に置かれ
ルート案内もないので、思うがままに進んで行ったら
三の丸まで下りてしまいましたsweat01

違う、そうじゃないっsad

ということで引き返し、再度ルートを見直しながら歩きました

P1130873s

右手コンクリートの途切れた先を進みます(看板作ってください)

天球丸の巻石垣

P1130866s

これが見たかったんです!

崩落しそうになった石垣を修復した結果だそうですが
かなり珍しい石積みで、もちろんお城ではここだけ

お城好きでなくてもこれは驚き&感動ですよ

熊本城や白河小峰城で見たような修復の風景

P1130860s

鳥取も地震が多いので、石垣の崩落が心配ですねweep

お天気は、鳥取城散策の間はなんとか持ってくれてホッ

しかし、私にはまだミッションがdash

仁風閣が休館日なので
市役所まで百名城スタンプをもらいに行かなくてはなりませんrvcar

なんなら名物県知事のいる県庁のほうがよかったんですが(笑)

総合案内のところで伝えるとスタンプを出していただけます

490c3672f40740b9823b5015cb12f60f

かなり詳しいお城のガイドブックを頂戴しました

これ、城跡を訪ねる前にもらうべきだったと後悔・・・

ほとんどルート案内のないまま歩いたので
機会があれば(簡単にはないけど・・・)これを持って
リベンジしたい気分です

この後、白兎神社へ向かいます

つづく






ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2018年2月 5日 (月)

鳥取県横断の旅9~鳥取砂丘~

鳥取県横断の旅 つづきです

砂の美術館から続いて向かったのは鳥取砂丘

ご存じ日本最大級の砂丘です
(日本一ではありません  その理由はこちら

砂の美術館からも歩けますが
砂丘会館の駐車場も無料とお聞きしたので
そこまで車で向かいました

おみやげ屋さんが立ち並び、なぜかリフトが動いている・・・

P1130785s

砂丘会館に車を止め、道路を渡ってすぐが砂丘入口

P1130789s

木の階段を登ると・・・

鳥取砂丘がどーん

1415d513f6bf40ba8b3c7a8ef40d5648

想像していたよりは広くないけれど、その「黄色さ」に驚きます!

あくまでも中田島砂丘が比較対象になってしまうのですが
私が知る砂丘は、もっと白っぽい砂なのです

振り返ると砂丘会館が見えます

P1130790s

ラクダも発見!

P1130793s

かつて、これに乗りたくて山陰の旅の途中に立ち寄りましたが
すでに日没、ラクダは営業終了でした~

でも、あれから20年近く経過し、
年齢と重量共にアップし、リベンジする気はさらさらありませんbearing

目指すは馬の背と呼ばれる丘のてっぺん

P1130796ss

前日に雨が降ったこともあり土は水分を含んでいて
砂浜にしては歩きやすかったですdenim

P1130803s

なんだか、片栗粉の上を歩いているみたい

幼稚園から高校時代まで遠足の定番が砂丘だった私は
多少は歩き慣れているつもりでしたが、
ブランクもあり、ここでコケてはシャレにならないので慎重に進んでいきます

馬の背を登ったてっぺんの標高は47mあります

起伏の大きさでは日本一の砂丘です

てっぺんから眺める日本海

P1130806s

写真ではわかりにくいのですが、
この先、海まで下ると高低差が大変なのでてっぺんから折り返します

馬の背の横に広がる大きな池はオアシスと呼ばれています

P1130808s

雨や雪解けの水が砂にしみこみ、地下から湧き出てたまったもの
夏場は干上がってしまうので、見られるシーズンも限られますし
気候によって大きさも姿も変わるそうです

帰りはソリで一気に滑りたくなるような傾斜です(笑)

P1130809s

ちょうど近くにレンジャー(巡視担当)の方がいたので
砂丘のことでいくつか質問させていただきました

レンジャーは、観光ガイドも兼ねているということで
鳥取砂丘の素晴らしいところはもちろん
県内の温泉情報、おいしい食べ物など教えていただきました

まるで貸切の観光ガイド付きのようでラッキーでしたscissors

おしゃべりしながら戻ったので、帰りはあっという間(笑)

砂丘入口にはジオパークの案内所もあります

P1130822s

地形の成り立ちなど「ブラタモリ」的に楽しみたい方にはオススメ
先に立ち寄って事前情報をゲットしましょう

ちなみに鳥取砂丘は天然記念物

P1130820s

砂丘の砂を採取することは禁止されていますのでご注意を

帰りには砂丘会館にて砂たまごを賞味

P1130787s

温泉たまごはお湯に浸けてゆでますが、こちらは砂蒸し(焼き?)

P1130824s

白身が燻製のように若干茶色く、水分が少ないゆで卵でした

また砂丘近くでは、らっきょう栽培が盛んとのことで
砂丘会館では、いろいろな種類のらっきょうが販売されていました

レンジャーの方からお聞きした話では
鳥取砂丘は四季ごとの景色の変化が素晴らしいとのこと

雪の砂丘、いつか見てみたいものです

余談ですが、私が訪ねた翌週は
鳥取砂丘を舞台にポケモンGOのイベントが開かれました

3日間で8万人以上が来場したという写真を見て
ちょっぴり笑ってしまいましたcoldsweats01

でも、県知事がおっしゃるとおり
ここなら歩きスマホも存分にできちゃいます

つづいて向かったのはお城でございます

つづく






ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

鳥取県横断の旅8~砂の美術館~

鳥取県横断の旅 つづきです

すなば珈琲でモーニングコーヒーをいただいた後
急いで鳥取砂丘方面へ向かいます

旅の2日目も交通手段はレンタカーrvcar

途中、起伏のある道に差し掛かり
海に向かっているはずなのに、山へ入っていくような錯覚に・・・

看板が見えてひとまず安心です

P1130710s

まずは、砂の美術館

P1130784s

豊富な砂丘の砂を生かして造られた砂像の展示館です

知人がこの美術館の素晴らしさはまり、
静岡県からはるばる毎年行っているのを聞いているうちに
どうしても行きたくなってしまいました

毎年「世界旅行」をテーマにした砂像が制作・展示されていて
第10回を迎える今年の展示は アメリカ

P1130712s

私も大好きな国で、今まで一番足を運んだ国でもあるアメリカ

展示室に入って最初に目に飛び込んでくるのはこちら

アメリカの映画産業

P1130755s

色っぽいマリリン・モンローさんがお出迎えheart04

午前9時半頃からガイドツアーがあり
数分遅れての参加でしたが、くっついて行きましたdash

歴史的建造物などは少ない代わりに
食べ物や人物、スポーツ、映画など文化をモチーフにしたものが多いです

アメリカ音楽の代表JAZZ

P1130715s

実物を見るまでは、
砂に凝固剤などを混ぜて固めているものだと思っていましたが
純粋に砂と水しか使っていないというから驚きです

制作する10数名の彫刻家(アーティスト)たちは、多くが海外から
制作期間もそれぞれ2~3週間という短さ

その中での苦労や失敗などのエピソードも紹介してもらいました

特に(砂を崩してしまう)水との戦いを克服して制作されたのが

マウントラシュモアとグランドキャニオン with ナイアガラフォールズ

P1130720s

手前の作品は、デラウェア川を渡るワシントン

ゴールドラッシュ

P1130735s

倒壊を防ぐためにかなり薄く作られていますが
立体感を出すための工夫もされているそうです

アメリカ独立宣言

P1130727s

洋服や紙などのしなやかさも砂で作られたとは思えません

動物たちの毛並みの表現にも驚きです

P1130740s

P1130743s

3階に上がると、回廊から全体を眺めることもできます

P1130767s

ミュージアムショップ

P1130762s

オリジナルグッズも揃っています

445f728797704936b62c257a7a1c96b0

昨年おみやげにいただいてうれしかったクリアファイルを
私もおみやげに購入しました

お菓子など鳥取みやげは、砂の美術館の建物の隣にある売店で購入できます

3階からは屋外展示にもつながっています

P1130777s

こちらは、日本人のアーティストが制作したトランプ大統領

もう一度屋内に戻り、
砂像のつくり方のパネル展示や映像紹介コーナーへ

P1130772s

なお、アメリカの展示は2018年1月3日で終了しました

その後、新たに制作期間に入り
4月14日から北欧編がスタートするそうです

ムーミンとかサンタクロースがいるんだろうなぁ
オーロラも見えちゃったりするのかな?

近ければ、ホント毎年見に行きたくなる美術館です

なぜこの美術館に魅力を感じたのか・・・(余談です)

私の地元も「砂丘」のある地域

幼稚園から遠足は当然砂丘ですし、
高校時代は、中田島砂丘に隣接する砂浜で
「砂の芸術大会」という恒例行事があり
クラス対抗で砂像を作った経験もあるのです

砂の美術館の作品と比べたら完全お子ちゃまレベルですが
この美術館ができるずっと前に
砂像を作っていたという実績では負けません!

そんな懐かしい時代をふと甦らせてくれると同時に
砂でここまでできるという可能性を知らしめてくれた美術館なのです

砂の美術館を後に、いよいよ鳥取砂丘です

つづく

pc砂の美術館




ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2018年2月 4日 (日)

鳥取県横断の旅7~鳥取市グルメ~

鳥取県横断の旅 つづきです

鳥取市内に入り、駅前のビジネスホテルにチェックインした後は
ここまでガマンしてきた蟹をやっと賞味することに

味暦 あんべ の 親ガニ丼cancer

704bbb51dae344d8ba28d4e7ebc24612

親ガニは、雌のズワイガニのことで別名・勢子カニなどとも呼ばれます
雄に比べると小さいそうですが、内子と外子といった珍味が絶品だそうで
それらをこの丼1杯で味わえます

3500円と立派なお値段ですが、
蟹をほぐす手間や、それ相応の数の蟹を考えたらオトクかも・・・

食べることに専念できるってことが、なにより幸せ~heart04

さらにお代わり自由の蟹汁も美味しくて、大満足でした~


鳥取の夜は、駅前のすなば珈琲で「〆のコーヒー」の予定でしたが

な、なんと午後6時閉店 ガーーンsad

Img_1117

報道を見て「攻めてる」と思ったすなば珈琲ですが、
意外にも守りに入っている様子(笑)

駅前広場にはライトアップされた砂像たちがずら~り

Img_1120

ちょっと怖いですが
翌日予定している「砂の美術館」への期待も高まってきましたhappy01

Img_1121

Img_1122s

注)このイベントは2017年11月26日で終了しています

鳥取駅の中を通り抜けdenim

Img_1126s

たどり着いた先は・・・

スターバックス cafe シャミネ鳥取店

Img_1127s

シャミネは、駅ビルの商業施設の名前ですが
スタバの店舗は、駅を出た先にあり駐車場完備rvcar
ドライブスルーも利用できます

鳥取駅をはさんで、まさに対角線上に対峙する
すなば珈琲 V.S. スタバ

それぞれのオープンが全国ニュースにもなったくらいです

スタバなのにいただいたのは、ゆずシトラスティー というオチwink

Img_1130s

普段「スタバに行ってコーヒー以外の甘い飲みもの飲んでるってどうよ?」と
強気発言をしている私ですが・・・ これ、けっこう美味しかったです(笑)

こちらは午後11時までの営業

そして、翌日早起きをし、ホテルでのバイキング形式の朝食のあと
すなば珈琲へリベンジ

2848454ba3db4531848e231a2fb388a3

入口はこんな感じですが、
駅前のビルの一角なので、ちょっと引いてみると・・・あらら

P1130704s

平日なので、待ちもなく入店

入口ではマツコデラックスさんがお出迎え(笑)

P1130702

このフロアは満席でしたので、キッチン横を通り「奥の間」に通されました

Img_1140s

着席後、間もなくこのフロアも観光客の女子たちで埋まりました

周囲の方たちはモーニングセットなどを頼んでいましたが
ホテルの朝食をがっつりいただいてしまった私はコーヒーのみ

3796c746dda54680ba6fe1eb71a15f74

コーヒー好きも納得の香り豊か&マイルドな味わい
ネタだけのお店ではなくて、コーヒーは「真面目」ですsign01

スペシャルブレンドMサイズ 324円でこの量はオトクですよ~

飲み終わると・・・カップの底からラクダ登場~

P1130701s

最後は、やっぱりダジャレ好きな新・鳥取名所のすなば珈琲でした~

この後、鳥取観光へ向かいます

つづく


【ももよろず日記関連記事】

pencil「スタバ」のち「すなば」in鳥取(2017.11)

pencil鳥取のうまいもん(2017.11)








ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2018年1月30日 (火)

鳥取県横断の旅6~境港から鳥取市へ~

鳥取県横断の旅 つづきです

境港市の水木しげるロードを散策した後は
レンタカーで鳥取市へ向かいます

米子空港で借りた車ですが
県内での返却なので乗り捨て料金はかかりません(⇐これ大きいです)

境港でもうひとつ見ておきたいアレに立ち寄り

大漁市場 なかうらにある巨大な鬼太郎の石像です

がいな鬼太郎

P1130672s

「がいな」は鳥取の方言で「大きな」を意味することば

比較する目印が周囲にありませんが高さは7.7メートル
(頭の上の目玉おやじを含む)

ねずみ男もいるそうですが、雨も降りだしたりして探せませんでした

せっかくなので店内を散策・・・

10年ほど前に水木しげる氏が訪ねた様子と直筆のスケッチ

P1130678s

そして、ちょうど解禁されたばかりの蟹たちがずら~りcancer

P1130676s

P1130675s

そそられましたが、ここは我慢

旅に出て、その地で美味しいものが食べられれば十分です(特に魚介は)
もちろん、自由に旅ができることに感謝しながら・・・

そして、少し車を走らせ米子市内でコーヒーブレイクcafe

服部珈琲工房

P1130680s

アンティークな雰囲気の喫茶店です

県知事のスタバ自虐ネタが発端になり、「すなば珈琲」まで誕生した鳥取県
実は、コーヒーの消費量は全国でもベスト3に入るほどの県だそうです

ということで、コーヒー好きな私は、カフェめぐりも観光の目的となりました

季節限定の「冬珈琲」は、酸味の具合もほどよく満足です

42106d461f924d08bbadbff874965658

その先、米子から先は、海岸沿いの国道9号を進みます

途中立ち寄った道の駅・大栄

ここは、マンガ「名探偵コナン」の作者 青山剛昌氏の出身地ということで
すぐ隣には、青山剛昌ふるさと館もあります

P1130685s

「ゲゲゲの鬼太郎」と「名探偵コナン」という
著名なマンガの作者ゆかりの地である鳥取県は
これらの名前を空港の名前にも冠していますairplane

日本海に面する国道9号線は、実は20年以上前に苦い思いが・・・

まだカーナビも普及しいない時代、
友人たちと出雲大社をお詣りして、城崎温泉を目指したのですが
その距離感がほとんどつかめておらず
ひたすら走れども走れども鳥取県から抜けられない・・・

夕方到着してゆっくり温泉めぐりのはずが、
城崎温泉の民宿についた時には、すでに真っ暗
予定時間から3時間近く経ってました

「高速道路くらい作っておいてよangry」って真剣に思いましたね

そんな鳥取県内も山陰自動車道が開通していました

が、途中で下されたっweep まだ部分開通状態です

P1130688s

とりあえず、無料だったので良しとしましょう

境港から途中コーヒーブレイクや道の駅に立ち寄りながら4時間ほどで
鳥取市内へ入りました (寄り道しなければ約2時間です)

道の駅・神話の里 白うさぎ

P1130694s

古事記にも登場する「因幡の白兎」の舞台がここです

道の駅の前に広がる白兎海岸は、低気圧の影響で荒れてます

P1130689s

日も暮れ始めていたので、白兎神社もあわせて翌日再度訪れることにしました

この日は、雨をうまくかわしなが観光できましたが、
鳥取市内到着後は土砂降りrainrain

とはいえ、おいしいものも堪能しましたので、それは次回に

つづく








ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2018年1月23日 (火)

鳥取県横断の旅5~境港 水木しげるロード・後編~

鳥取県横断の旅 つづきです

境港市の人気観光スポット・水木しげるロードを
東端から西へ、境港駅方面にへ歩きますdenim

昼食は、まぐろ角煮ラーメン

P1130626ss

生マグロラーメンがウリのお店でしたが
ちょっとだけマグロにうるさい静岡県民としては
汁ものの上で生のマグロが温められるのは許せないので
悩んだあげく まぐろ角煮ラーメンをチョイス(笑)

ダシの具合は良かったけど、ちょっとしょっぱい塩ラーメンでした~

昼食の間にザザーっとひと雨降りましたが、
再び歩き出す頃には雨が止みました

水も滴るsweat02  ぬりかべ

P1130633s

石見の牛鬼(いわみのうしおに)

P1130635s

ひとつひとつ写真を撮っていたら大変ですが、なかなか楽しいですhappy01

ただ、今は工事中で足元が悪いので、
歩きやすい靴でのお出かけをおすすめします

時間に余裕があれば、スタンプラリーも楽しめます

P1130636s

ベンチや撮影スポットも随所にあります

P1130638s

鬼太郎のブロンズ像

P1130641s

ほどなく駅前広場に到着

P1130648s_2

大きな駅だなぁ~と思ったら、正面の建物はみなとさかい交流館でした
観光案内所やおみやげ店が入っています

また、ここから隠岐島へ行く船が発着します

駅舎はこちら

P1130651s

小さい駅舎ですが、てっぺんに灯台が立っている!

駅の入口にある 水木しげる先生の執筆中のモニュメント

P1130652s

ほのぼのとした雰囲気ですね

ポストにはハガキにまたがった鬼太郎

P1130653s

駅前広場をはさんだところに気になる看板がありましたが???

P1130654s

世界妖怪会議って何? 実際にあった会議の記念碑か何か?
最初はマジメに読んでしまいましたが、回数もかなり怪しい・・・

こちらは、水木しげるロードのリニューアル工事により
一時的にブロンズ像たちが移設されているエリアでした

P1130655s

こんなところにいましたよ~、子泣きじじい

P1130662s

水木しげる夫妻

P1130658s

こちらは新作のブロンズたち

P1130656s

工事中好きの私にはたまらないレアな「会議場」でしたheart04

ブロンズ像は、平成30年7月までの間に
水木しげるロードに順次配置されていくそうです

ブロンズ像は、スポンサーも増えて171体になったそうで
リニューアル後が楽しみですねhappy01

妖怪神社

P1130669s

鳥居の雰囲気がなんとも・・・ ちなみにご朱印はありません

こちらのかわいらしい公園には 河童の泉があります

P1130647s

街灯は目玉おやじ(笑)

池(泉)のまわりには、妖怪たちが集っています
その横には、小便小僧ならぬ「小便鬼太郎」もいましたよwobbly

P1130666s

にぎやかに立ち並ぶ妖怪たちに癒され境港市を後に鳥取市へ向かいます

が、もうひとつアレも見ておかねばっ

つづく



pc境港市観光ガイド(境港市観光協会)




ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2018年1月21日 (日)

鳥取県横断の旅4~境港 水木しげるロード・前編~

鳥取県横断の旅 つづきです

島根県に寄り道して、再び鳥取県入り
境港市中心部へ

蟹などが水揚げされる漁港で栄える
人口3万人ほどの小さな町ですが
近年は、アニメ ゲゲゲの鬼太郎 の作者
水木しげる氏のふるさととして町おこしが盛んです

「ゲゲゲの鬼太郎」のストーリーはあまり覚えていませんが
主要なキャラクターは記憶に残っている、かなcoldsweats01

観光のメインとなる水木しげるロードに近い
大正町駐車場を利用rvcar
(有料ですが、2時間ほどで300円と安いです)

妖怪で描かれたトイレマークに観光気分も盛り上がりますup

P1130597s

歩いて2~3分ほどで水木しげるロードのちょうど中間あたりに出ます

P1130598s

レトロな建物が並ぶ商店街ですが、観光客向けに町は整備されています

雨が降りそうで降らないビミョーな天気の中、散策スタートdenim

酒屋さんの建物にも目玉おやじが描かれ

P1130600s

歩けば、店先には妖怪フードからグッズまでさまざまな商品が並んでいます

P1130599s

P1130602s

P1130609s

山陰の小さな町が、明るくにぎわっていることに驚きです

同時に外国人(特に直行便のある中国、韓国)の方が多くてビックリhappy02
みなさん、鬼太郎のストーリーもご存じなのかな?

ストリートには、キャラクターのブロンズが配置されています

P1130603s

知っているものの方が少なかった、かも・・・

歩いていると、ねずみ男に遭遇

P1130607s

握手や記念撮影にも気軽に応じてくれますcamera

さらに鬼太郎も発見sign01

P1130614s

アニメでイメージしていたよりスタイルが良い鬼太郎です

日曜日のお昼頃で、キャラクターたちとの遭遇率も高かったみたい

水木しげるロードは、2018年夏の完成を目指してリニューアル中danger

工事中の看板もいちいちかわいいのです

P1130608s

境港駅から東西に伸びる1kmほどが観光のメインエリア

東端近くに水木しげる記念館があります

P1130617s

今回は時間も押していたので入館しませんでした
入るなら予習してこなくっちゃ、ですねcoldsweats02

記念館前の人だかりが気になり行ってみると・・・

砂かけばばあ

P1130619s

ねずみ男も鬼太郎も比較的”ゆるカワイイ”キャラでしたが
これは・・・怖い、怖すぎるsad 思い出せば、一番ウケましたけどね(爆)

その先には鳥取県の誇るすなば珈琲

P1130625s

すなば珈琲は、「すなば」のある鳥取市付近だけかと思ったら
ここまで出店しているんですね~

しかし、ここも鳥取市内の”本丸”に向かうまでガマン、なのです(苦笑)

私としては、事前リサーチして狙っていたこちらを賞味

妖菓 目玉おやじ

P1130620s

妖怪食品研究所にて 1本350円

なかなかのお値段ですが、本格派の和菓子でした

P1130621s

”インスタ映え&拡散希望”な感じで、撮影の方法も指南してくれましたよbleah

この後は、昼食をとりながら駅方面に向けて歩いてみました

つづく






ランキングに参加しています。
↓お役に立てましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

2018年1月15日 (月)

鳥取県横断の旅3~美保関灯台~

鳥取県横断の旅 つづきです

旅の最初から、ちょっと寄り道の島根県
美保神社からさらに海岸沿いの道を進んで行きます

P1130580s

美保神社での雨から一転、再び晴れ間がsun

擦れ違う車も少なく、信号もなく、快適にドライブできます

えびす様たちが笑顔で迎えてくれます

Img_1102

美保関灯台(みほのせきとうだい)の駐車場へ到着

P1130581s

島根半島の最東端(地図の右端)、地蔵崎にあります

駐車場に車はぽつり、ぽつり・・・

遊歩道を歩いて灯台のある岬の先端へ

P1130594s

お天気は回復しているものの低気圧の影響かすごい風typhoon
普段から地元のからっ風に慣れている私もビックリです

赤い屋根と白壁の建物の先に灯台が見えてきました

P1130583s

ぐるりと海側にまわりましたが、灯台がうまく入るアングルは反対側

P1130592s

きれいに塗り替えられていますが、レトロ感たっぷりheart04

フランス人技師の設計により1898(明治31)年に建設されました

山陰地方最古の灯台で、国の登録有形文化財

世界の歴史的灯台100選(日本から5ヶ所)にも選ばれています

地上高は14メートルですが、水面から83メートルあります

灯台をぐるりとまわったときに、海に面した鳥居を発見

P1130586s

「沖之御前」「地之御前」と書かれていますが、建物(社殿)はありません

先ほど訪ねた美保神社の飛地境内で、
御神体は、この先の海中にある「沖の御前」「地の御前」と呼ばれる島

眼下に見える岩場が「地の御前」のようです

P1130589s_2

風はありますが、日本海にしては穏やかな印象でした

灯台は、残念ながら内部の見学などはできませんが
隣接する建物がカフェになっています

Img_1101

こちらの建物は、かつては灯台で働く人の宿舎兼事務所でした

入口の上の部分には郵便のマーク

Img_1100

船舶に関わる灯台の管理が、かつての逓信省(郵便や通信関連)の
管轄だった名残だそうです

カフェでゆっくりしたかったのですが旅ははじまったばかり

この先の立ち寄り先と、夕方までには鳥取市内に到着という
タイトなスケジュールを考えると、ここは急がねばなりませんcar

島根半島を後に、再び鳥取県へ向かいます

つづく


pc美保関灯台



ランキングに参加しています。
↓記事を読んで行ってみたくなりましたらクリックをお願いしますconfident

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


«鳥取県横断の旅2~美保神社~

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

【広告】IIJ

  • ☆オススメ 格安SIM☆

【広告】じゃらん

  • 宿泊予約は「じゃらん」
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

【広告】 セブンミール

  • セブンイレブン
無料ブログはココログ

お気に入り

メールリンク

  • 管理者へのメールはこちらから